日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




第 1 引数の,第 2 引数のべき乗を返します。

形式

#include <math.h>

double pow (double x, double y);

float powf (float x, float y); (Alpha, I64)

long double powl (long double x, long double y); (Alpha, I64)




引数



x

指数 y でべき乗を計算するときの基数として使用される浮動小数点数。

y

基数 x のべき乗を計算するために使用する指数。

説明

pow関数は,浮動小数点数の基数 x と,浮動小数点数の指数 y を使ってべき乗を計算します。 pow(x,y) の値は,正の x では e**(y ln(x)) として計算されます。

x が 0 で,y が負の値である場合は ±HUGE_VAL が返され, errnoに ERANGE または EDOM が設定されます。




戻り値

x 第 1 引数の,第 2 引数のべき乗を計算した結果。
1.0 基数が 0 で,指数が 0 だった場合。
HUGE_VAL 結果がオーバフローしました。 errno は ERANGE に設定されます。
±HUGE_VAL 基数が 0 で,指数が負の値でした。 errno に ERANGE または EDOM が設定されます。



#include <stdio.h> 
#include <math.h> 
#include <errno.h> 
 
main() 
{ 
    double x; 
 
    errno = 0; 
 
    x = pow(-3.0, 2.0); 
    printf("%d, %f\n", errno, x); 
} 

この例のプログラムは,次の出力を生成します。


0, 9.000000 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡