日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




プロセスへのパイプをクローズします。

形式

#include <stdio.h>

int pclose (FILE *stream);




引数



stream

以前の popen関数の呼び出しから返された,オープン・パイプの FILE構造体へのポインタ。

説明

pclose関数は,呼び出し元プログラムと,実行されるシェル・コマンドの間のパイプをクローズします。 pcloseは, popenでオープンした任意のストリームをクローズする目的に使用します。 pclose関数は,対応するプロセスが終了するのを待ってから,コマンドの終了ステータスとともに返ります。終了ステータスの解釈については, waitpidの説明を参照してください。

OpenVMS Version 7.3-1 から, _VMS_WAIT マクロを定義してコンパイルした場合, pclose関数は子プロセスの OpenVMS 完了コードを返すようになりました。

popenも参照してください。




戻り値

x 子プロセスの終了ステータス。
-1    エラーを示します。 stream 引数は popen 関数に関連付けられていません。 errno は以下の値に設定されます。

  • ECHILD---子プロセスのステータスを取得できない。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項