日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




マルチバイト文字を,それと等価なワイド文字に変換します。

形式

#include <stdlib.h>

int mbtowc (wchar_t *pwc, const char *s, size_t n);




引数



pwc

結果として得られるワイド文字コードへのポインタ。

s

マルチバイト文字へのポインタ。

n

次のマルチバイト文字を構成するバイトの数の最大値。

説明

文字が n バイト以下である場合, mbtowc関数は s がポイントするマルチバイト文字を,それと等価なワイド文字に変換します。文字が無効であるか,n バイトよりも大きい場合,関数はエラーを示す - 1 を返します。

pwc が NULL ポインタで,s が null ポインタでない場合,関数は (n の値にかかわらず) s がポイントするマルチバイト文字を構成するバイト数を判定します。

この関数は,プログラムのカレント・ロケールの LC_CTYPE カテゴリの影響を受けます。




戻り値

x s がポイントする有効な文字を構成するバイト数。
0 s は NULL ポインタであるか,null バイトへのポインタです。
-1    エラーを示します。関数は errno を,無効な文字が検出されたことを示す EILSEQ に設定します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡