日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




48 ビットの一様分布の擬似乱数列を初期化します。

形式

#include <stdlib.h>

void lcong48 (unsigned short int param[7]);




引数



param

初期値 Xi,乗数値 a,および加算される値 c を指定する配列。

説明

lcong48関数は,線形合同法アルゴリズムと 48 ビット整数算術演算を使用して,擬似乱数を生成します。 lcong48は,以下の関数を呼び出す前に,乱数ジェネレータを初期化する目的に使用することができます。
drand48
lrand48
mrand48

lcong48関数は,初期値 Xi,乗数値 a,および加算される値 c を指定します。 param 配列の各要素は,以下のものを指定します。

param[0-2] X i
param[3-5] 乗数値 a
param[6] 16 ビットの加算される値 c

lcong48が呼び出された後に, srand48または seed48が呼び出されると, ac は以前に指定された標準値に復元されます。

lcong48関数は値を返しません。

drand48lrand48mrand48srand48seed48も参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡