日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




日付と時刻を取得します。

形式

#include <time.h>

int gettimeofday (struct timeval *tp, void *tzp);




引数



tp

timeval構造体を指すポインタ。この構造体は <time.h>ヘッダ・ファイルに定義されています。

tzp

NULL ポインタ。この引数が NULL ポインタでない場合は無視されます。

説明

gettimeofday関数は, 1970 年 1 月 1 日 UTC (協定世界時) 00::00 からの経過時間として,現在の時刻 (秒数とマイクロ秒数) を取得します。現在の時刻は,tp 引数によって示される timeval構造体に格納されます。

tzp 引数は,カネールによって設定されたタイム・ゾーン情報を格納する目的で使用されます。しかし,OpenVMS カーネルはタイム・ゾーン情報を設定しないので, tzp 引数は NULL でなければなりません。 NULL でない場合は無視されます。この関数は BSD プログラムとの互換性を維持するためにサポートされます。

SYS$TIMEZONE_DIFFERENTIAL 論理名の値が不正な場合は,この関数は異常終了し, errnoは EINVAL に設定されます。




戻り値

0 正常終了を示します。
-1    エラーが発生したことを示します。 errno はエラーを示すように設定されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項