日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




timeptr によって示される構造体に, 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 からの経過時間を返します。

形式

#include <timeb.h>

int ftime (struct timeb *timeptr);

関数バリアント _DECC_V4_SOURCE および _VMS_V6_SOURCE 機能テスト・マクロを定義してコンパイルすると, ftime関数に対して, OpenVMS Version 7.0 より前の動作に相当するローカル時刻ベースのエントリ・ポイントが有効になります。


引数



timeptr

構造体 timeb_tを指すポインタ。

説明

typedef timeb_tは, <timeb.h>ヘッダ・ファイルに定義されている次の構造体を参照します。


typedef struct timeb 
   { 
      time_t         time; 
      unsigned short millitm; 
      short          timezone; 
      short          dstflag; 
   }; 

メンバ timeは秒数で時刻を示します。

メンバ millitmは小数点以下の時間をミリ秒単位で示します。

ftimeを呼び出した後, timeb構造体の timezoneメンバと dstflagメンバには,それぞれグローバル変数 timezoneおよび dstflagの値が格納されます。 timezoneおよび dstflagグローバル変数については, tzset関数の説明を参照してください。




戻り値

0 正常終了。 timeb_t 構造体に情報が格納されます。
-1    エラーを示します。システムの時差係数 ( つまりシステム時刻と UTC 時刻の差 ) が正しく設定されていないことを示すことがあります。

SYS$TIMEZONE_DIFFERENTIAL 論理名の値が不正な場合は,この関数は異常終了し, errno は EINVAL に設定されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項