日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




FILE 構造体のアドレスを返すことにより,ファイルをオープンします。

形式

#include <stdio.h>

FILE *fopen (const char *file_spec, const char *a_mode); (ANSI C)

FILE *fopen (const char *file_spec, const char *a_mode, ...); (HP C Extension)




引数



file_spec

有効なファイル指定を格納した文字列。

a_mode

アクセス・モード指示子。次のいずれかの文字列を使用します。
"r","w", "a","r+", "w+","rb", "r+b","rb+", "wb","w+b",
"wb+","ab", "a+b","ab+", "a+"。

これらのアクセス・モードを使用すると,次の結果になります。

  • "r" は,読み込みのために既存のファイルをオープンします。

  • "w" は,必要に応じて新しいファイルを作成し,書き込みのためにファイルをオープンします。ファイルがすでに存在する場合は,同じ名前でバージョン番号が 1 だけ大きい新しいファイルを作成します。

  • "a" は,追加アクセスのためにファイルをオープンします。ファイルの位置は既存のファイルの終端 (EOF) に設定され,そこにデータが書き込まれます。ファイルが存在しない場合は, HP C RTL はファイルを作成します。

更新アクセス・モードでは,読み込みと書き込みの両方のためにファイルをオープンすることができます。既存のファイルに対してこのモードを使用する場合, "r+" と "a+" は,ファイル内での最初の位置設定のみが異なります。各モードは次のとおりです。

  • "r+" は読み込み更新アクセスのために既存のファイルをオープンします。ファイルは読み込みのためにオープンされ,最初はファイルの先頭に位置設定されますが,書き込みも許可されます。

  • "w+" は書き込み更新アクセスのために新しいファイルをオープンします。

  • "a+" は追加更新アクセスのためにファイルをオープンします。ファイルはまず,ファイルの終端 (EOF) に ( 書き込みのために ) 位置設定されます。ファイルが存在しない場合は, HP C RTL はファイルを作成します。

  • "b" は,バイナリ・アクセス・モードを示します。この場合,キャリッジ制御情報の変換は行われません。



...

省略可能なファイル属性引数。ファイル属性引数は, creat関数で使用される引数と同じです。詳細については, creat関数を参照してください。

説明

ファイルがすでに存在する場合は, fopenで作成される新しいファイルは,既存のファイルから特定の属性を継承します。ただし, fopenの呼び出しに指定されている属性は継承しません。次の属性が継承されます。
レコード・フォーマット
最大レコード・サイズ
キャリッジ制御
ファイル保護

ファイル名にディレクトリを指定し,そのディレクトリがエラーを含む検索リストである場合は, HP C for OpenVMS システムはファイル・オープン・エラーとして解釈します。

ファイル制御ブロックは, fclose関数を使用して解放するか,またはプログラムが正常終了するときにデフォルトで解放することができます。




戻り値

x ファイル・ポインタ。
NULL エラーを示します。定数 NULL は, <stdio.h> ヘッダ・ファイルに NULL ポインタの値として定義されています。この関数は,次のエラーを示すために NULL を返します。

  • ファイル保護違反。

  • 読み込みアクセスのために存在しないファイルをオープンしようとしました。

  • 指定されたファイルをオープンすることができません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡