日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




引数をヌル区切りの ASCII 数字列に変換し,数字列のアドレスを返します。数字列は HP C RTL で作成されたスレッド固有の記憶位置に格納されます。

形式

#include <stdlib.h>

char *fcvt (double value, int ndigits, int *decpt, int *sign);




引数



value

ヌル区切りの ASCII 数字列に変換される double型のオブジェクト。

ndigits

変換後の数字列で使用される小数点以下の ASCII 桁数。

decpt

返される数字列の 1 文字目を基準にした小数点の位置。返される数字列には実際の小数点は含まれません。 intの値が負の値の場合は,小数点の位置は,返された数字列の左側に decpt 個のスペースを付加した位置になります ( スペースには 0 が埋められます )。値が 0 の場合は,小数点の位置は返された数字列の最初の桁のすぐ左に設定されます。

sign

value 引数が正の値であるか,負の値であるかを示す整数値。 value が負の場合は, fcvt関数は sign によって指定されるアドレスに 0 以外の値を格納します。負でない場合は,この関数は sign によって指定されるアドレスに 0 を代入します。

説明

fcvt関数は,value をヌル区切り数字列に変換し,その数字列を指すポインタを返します。返される下位桁は,C の F 形式で ndigits 桁を出力するために,適切な桁に丸められます。decpt 引数には,数字列の最初の数字を基準にした小数点の位置が代入されます。

C の F 形式では,ndigits は小数点以下の桁数です。非常に大きい数値の場合,小数点の左側の数字列が非常に長くなり,小数点以下の桁数は ndigit になります。大きい数値の場合,E 形式が使用されるように, gcvtまたは ecvt関数を使用する方が適切です。

fcvt関数を繰り返し呼び出すと,既存の数字列は上書きされます。

ecvtfcvtgcvt関数は,浮動小数点演算に関して IEEE 標準で指定されている次の特殊な値を表します。

表現
クワイエット NaN NaNQ
シグナリング NaN NaNS
+無限大 無限大
- 無限大 - 無限大

これらの各値に割り当てられる符号は,sign 引数に格納されます。 IEEE 浮動小数点表現では,0 (ゼロ) という値は正の場合も負の場合もあり,どちらであるかは sign 引数によって設定されます。

gcvtecvtも参照してください。




戻り値

x 変換後の数字列を指すポインタ。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項