日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




関数を呼び出したプログラムの実行を終了します。これらの関数は非リエントラントです。

形式

#include <stdlib.h>

void exit (int status);

#include <unistd.h>

void _exit (int status);




引数



status

状態値 EXIT_SUCCESS (1) または EXIT_FAILURE (2),または 3〜255 の数値。

  • 状態値 1 または EXIT_SUCCESS は,OpenVMS の SS$_NORMAL 状態コードに変換され, OpenVMS の正常終了値を返します。

  • 状態値 2 または EXIT_FAILURE はエラー・レベル終了状態に変換されます。状態値は親プロセスに渡されます。

  • 他の状態値はそのまま変更されません。

これらの状態値を使用するには, <unistd.h>を取り込み, _POSIX_EXIT 機能テスト・マクロを設定してコンパイルします ( ファイルを取り込む前に,ファイルの先頭に #define _POSIX_EXITを指定するか,または /DEFINE=_POSIX_EXIT を指定します )。この動作が可能なのは, OpenVMS Version 7.0 およびそれ以降のシステムの場合だけです。


説明

プロセスが DCL で起動された場合,状態は DCL によって解釈され,メッセージが表示されます。

プロセスが vforkまたは exec関数を使用して生成された子プロセスの場合は,子プロセスは終了し,制御は親に返されます。2 つの関数は同じです。 _exit関数が残されているのは, VAX C との互換性を維持するためです。

exit関数と _exit関数では, $EXIT システム・サービスを使用します。ハイバネーションおよびスケジューリングされたウェイクアップ修飾子を使用して RUN コマンドによってプロセスが起動される場合は, exitまたは _exit呼び出しが実行されたときに,プロセスはハイバネーション状態に正しく戻らないことがあります。

C コンパイラでは,コマンド行修飾子 /[NO]MAIN=POSIX_EXIT を使用することで, mainから戻るときに, exitではなく __posix_exitを呼び出させるようにできます。デフォルトは,/NOMAIN です。

注意

EXIT_SUCCESS と EXIT_FAILURE はどの ANSI C コンパイラ間でも移植可能であり,それぞれ正常終了と異常終了を示します。 OpenVMS システムでは,OpenVMS の条件コードに変換され,重大度がそれぞれ正常終了または異常終了に設定されます。子プロセスでは,親プロセスに渡すデータの量を少なくするために, 3〜255 の範囲の値を使用できます。親は waitwait3wait4waitpid関数を使用してこのデータを取得します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡