日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




UNIX システム環境では, crmode関数と nocrmode関数は端末を cbreak モードに設定するか,または設定を解除します。cbreak モードでは, Return を処理せずに 1 文字の入力文字を処理することができます。このシングル文字入力モードは Curses 入力ルーチン getchでのみサポートされます。

形式

#include <curses.h>

crmode()

nocrmode()



/* Program to demonstrate the use of crmod() and curses */ 
 
#include <curses.h> 
 
main() 
{ 
    WINDOW *win1; 
    char vert = '.', 
         hor = '.', 
         str[80]; 
 
    /*  Initialize standard screen, turn echo off.  */ 
    initscr(); 
    noecho(); 
 
    /*  Define a user window.  */ 
    win1 = newwin(22, 78, 1, 1); 
 
    /*  Turn on reverse video and draw a box on border.  */ 
    setattr(_REVERSE); 
    box(stdscr, vert, hor); 
    mvwaddstr(win1, 2, 2, "Test cbreak input"); 
    refresh(); 
    wrefresh(win1); 
 
    /*  Set cbreak, do some input, and output it.  */ 
    crmode(); 
    getch(); 
    nocrmode(); /* Turn off cbreak. */ 
    mvwaddstr(win1, 5, 5, str); 
    mvwaddstr(win1, 7, 7, "Type something to clear the screen"); 
    wrefresh(win1); 
 
    /*  Get another character, then delete the window.  */ 
    getch(); 
    wclear(win1); 
    touchwin(stdscr); 
    endwin(); 
} 

この例では, getchの最初の呼び出しは, 1 文字が入力されるとただちに戻ります。これは, getchが呼び出される前に, crmodeが呼び出されているからです。 getchの 2 回目の呼び出しでは,入力された文字を処理する前に,Return キーが押されるのを待ちます。これは, getchの 2 回目の呼び出しの前に, nocrmodeが呼び出されているからです。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項