日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ファイル記述子に関連付けられているファイルをクローズします。

形式

#include <unistd.h>

int close (int file_desc);




引数



file_desc

ファイル記述子。

説明

close関数は,暗黙に fflushを呼び出すことにより,バッファに格納されているデータを書き込みます。書き込みが失敗した場合は (たとえば,ディスクが満杯であったり,ユーザのクォータが超過したため), closeは実行を続行します。この関数は OpenVMS チャネルをクローズし,バッファの割り当てを解除し,ファイル記述子 (または FILE ポインタ) に関連付けられているメモリを解放します。バッファに格納されているデータは消失し,ファイル記述子 (または FILE ポインタ) はファイルを参照しなくなります。

バッファに格納されているデータを書き込むときに発生したエラーから回復する必要がある場合は, closeを呼び出す前に, fsync(または fflush) を明示的に呼び出す必要があります。




戻り値

0 ファイルが正しくクローズされたことを示します。
-1    ファイル記述子が未定義であるか,ファイルのクローズでエラーが発生したことを示します (たとえば,バッファに格納されているデータを書き込むことができないなど)。



 
#include <unistd.h> 
 
int fd; 
   .
   .
   .
fd = open ("student.dat", 1); 
   .
   .
   .
close(fd); 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡