日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




引数によって示される秒数が経過した後,シグナル SIGALRM ( <signal.h>ヘッダ・ファイルに定義 ) を呼び出しプロセスに送信します。

形式

#include <unistd.h>

unsigned int alarm (unsigned int seconds); (ISO POSIX-1)

int alarm (unsigned int seconds); (Compatability)




引数



seconds

最大値は LONG_MAX 秒です。

説明

引数を 0 に設定して alarm関数を呼び出すと,保留中のアラームはすべて取り消されます。

alarmによって生成されたシグナルは,途中でキャッチされるか無視されない限り,プロセスを終了します。 alarmを連続して呼び出すと,アラーム・クロックが再初期化されます。アラームはスタックされません。

クロックの分解能力は 1 秒であるため,シグナルは最大 1 秒,早く発生することがあります。 SIGALRM シグナルがキャッチされると,スケジューリングの遅れのために実行の再開が遅れることがあります。

SIGALRM シグナルが生成されると,プロセスがハイバネート状態であるかどうかにかかわらず, SYS$WAKE の呼び出しが生成されます。保留中のウェイク処理が発生すると,現在の pause() はただちに戻ります (SIGALRM をキャッチした関数が終了した後 )。




戻り値

n 前のアラーム要求から残っている秒数。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項