日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




文字列を long整数に変換します。

形式

#include <stdlib.h>

long a64l (const char *s);




引数



s

long整数に変換される文字列へのポインタ。

説明

a64l関数と l64a関数は,次のように, base-64 ASCII 文字として格納された数値を操作するために使用されます。

  • a64lは,文字列を long整数に変換します。

  • l64aは, long整数を文字列に変換します。

long整数を格納するための各文字は, 0 〜 63 の数値を表しています。 long整数を表すために,最大 6 文字まで使用できます。

文字は,次のように変換されます。

  • ピリオド (.) は,0 を表します。

  • スラッシュ (/) は,1 を表します。

  • 0 〜 9 の数字は,2 〜 11 を表します。

  • 大文字 A 〜 Z は,12 〜 37 を表します。

  • 小文字 a 〜 z は,38 〜 63 を表します。

a64l関数は, base-64 表現へのポインタ (最初の桁が最下位) を受け取り,対応する long値を返します。 s パラメータが指す文字列が 6 文字を超えている場合, a64lは最初の 6 文字だけを使用します。

文字列の最初の 6 文字の中にヌル終了文字が含まれている場合, a64lはヌル終了文字より前の文字だけを使用します。

a64l関数は,文字列を左から右へと変換します。このとき,最下位の数が左端で,各文字を 6 ビットのbase-64 数としてデコードします。

s が NULL ポインタの場合,または s が指す文字列が l64aを以前に呼び出して生成された文字列でない場合, a64lの動作は規定されていません。

l64aも参照してください。




戻り値

n 正常終了した場合,入力文字列を変換して得られた long 値です。
0L s が指している文字列が空文字列であることを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項