日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・
リファレンス・マニュアル (下巻)


前へ 次へ 目次 索引





[w]insch

指定されたウィンドウの現在のカーソルの位置に 1 文字を挿入します。 insch関数は stdscrウィンドウに対して動作します。



形式

#include <curses.h>

int insch (char ch);

int winsch (WINDOW *win, char ch);




引数



win

ウィンドウを指すポインタ。

ch

挿入する文字。



説明

文字を挿入した後,その行の各文字は右に移動し,行末の文字は削除されます。詳細については, scrollok関数を参照してください。



戻り値

OK 正常終了を示します。
ERR 関数が画面を不正にスクロールしたことを示します。




[w]insertln

現在カーソルが設定されている行の上に 1 行を挿入します。 insertln関数は stdscrウィンドウに対して動作します。



形式

#include <curses.h>

int insertln();

int winsertln (WINDOW *win);




引数



win

ウィンドウを指すポインタ。



説明

現在の行とその行の下の各行は下に移動し,一番下の行は消去されます。挿入される行は空白行で,現在の座標 (y,x) は変化しません。詳細については, scrollok関数を参照してください。



戻り値

OK 正常終了を示します。
ERR 関数が画面を不正にスクロールしたことを示します。




[w]insstr

指定されたウィンドウの現在のカーソルの位置に文字列を挿入します。 insstr関数は stdscrウィンドウに対して動作します。



形式

#include <curses.h>

int insstr (char *str);

int winsstr (WINDOW *win, char *str);




引数



win

ウィンドウを指すポインタ。

str

挿入する文字列を指すポインタ。



説明

挿入した文字列の後の各文字は右に移動し,最後の文字は消去されます。これらの関数は HP C for OpenVMS システム固有であり,移植できません。



戻り値

OK 正常終了を示します。
ERR 関数が画面を不正にスクロールしたことを示します。詳細については,このセクションの scrollok 関数を参照してください。




isalnum

プログラムの現在のロケールで,文字が英字または数字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int isalnum (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,マクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 英数字の場合。
0 英数字でない場合。




isalpha

プログラムの現在のロケールで,文字が英字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int isalpha (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,またはマクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 英字の場合。
0 英字でない場合。




isapipe

指定されたファイル記述子がバイプに関連付けられているかどうかを示します。



形式

#include <unixio.h>

int isapipe (int file_desc);




引数



file_desc

ファイル記述子。



説明

パイプの詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 5 章を参照してください。



戻り値

1 パイプに関連付けられていることを示します。
0 パイプに関連付けられていないことを示します。
-1    エラーを示します (たとえば,ファイル記述子がオープンされているファイルに関連付けられていない場合など)。




isascii

文字が ASCII 文字であるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int isascii (int character);




引数



character

char型のオブジェクト。



戻り値

0 以外の値 ASCII 文字の場合。
0 ASCII 文字でない場合。




isatty

指定されたファイル記述子が端末に関連付けられているかどうかを示します。



形式

#include <unistd.h>

int isatty (int file_desc);




引数



file_desc

ファイル記述子。



戻り値

1 ファイル記述子が端末に関連付けられている場合。
0 ファイル記述子が端末に関連付けられていない場合。
-1    エラーを示します (たとえば,ファイル記述子がオープンされているファイルに関連付けられていない場合など)。




iscntrl

プログラムの現在のロケールで,文字が制御文字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int iscntrl (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,またはマクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 制御文字の場合。
0 制御文字でない場合。




isdigit

プログラムの現在のロケールで,文字が数字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int isdigit (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,マクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 10 進数の場合。
0 10 進数でない場合。




isgraph

プログラムの現在のロケールで,文字がグラフィック文字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int isgraph (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,マクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 グラフィック文字の場合。
0 グラフィック文字でない場合。




islower

プログラムの現在のロケールで,文字が小文字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int islower (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,マクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 小文字の英字の場合。
0 小文字の英字でない場合。




isnan (Alpha, I64)

NaN かどうかを判定します。引数が NaN の場合は 1 を返し,NaN でない場合は 0 を返します。



形式

#include <math.h>

int isnan (double x);

int isnanf (float x);

int isnanl (long double x);




引数



x

実数値。



説明

isnan関数は,x が NaN (not-a-number 値として予約されている IEEE 浮動小数点数値) の場合は整数値 1 (TRUE) を返し,それ以外の場合は 0 (FALSE) を返します。



isprint

プログラムの現在のロケールで,文字がプリント文字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int isprint (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,マクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 プリント文字の場合。
0 プリント文字でない場合。




ispunct

プログラムの現在のロケールで,文字が句読点文字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int ispunct (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,マクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 句読点文字の場合。
0 句読点文字でない場合。




isspace

プログラムの現在のロケールで,文字が空白として分類されるかどうかを示します。つまり,ASCII のスペース,タブ ( 水平または垂直 ),キャリッジ・リターン,フォーム・フィード,改行文字のいずれかであるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int isspace (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,マクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 空白文字の場合。
0 空白文字でない場合。




isupper

プログラムの現在のロケールで,文字が大文字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <ctype.h>

int isupper (int character);




引数



character

int型のオブジェクト。 character の値は unsigned charとして表現できるか,マクロ EOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 大文字の英字の場合。
0 大文字の英字でない場合。




iswalnum

プログラムの現在のロケールで,ワイド文字が英字または数字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <wctype.h> (ISO C)

#include <wchar.h> (XPG4)

int iswalnum (wint_t wc);




引数



wc

wint_t型のオブジェクト。 wc の値は現在のロケールで wchar_tとして表現できるか,またはマクロ WEOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 英数字の場合。
0 英数字でない場合。




iswalpha

プログラムの現在のロケールで,ワイド文字が英字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <wctype.h> (ISO C)

#include <wchar.h> (XPG4)

int iswalpha (wint_t wc);




引数



wc

wint_t型のオブジェクト。 wc の値は現在のロケールで wchar_tとして表現できるか,またはマクロ WEOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 英字の場合。
0 英字でない場合。




iswcntrl

プログラムの現在のロケールで,ワイド文字が制御文字として分類されるかどうかを示します。



形式

#include <wctype.h> (ISO C)

#include <wchar.h> (XPG4)

int iswcntrl (wint_t wc);




引数



wc

wint_t型のオブジェクト。 wc の値は現在のロケールで wchar_tとして表現できるか,またはマクロ WEOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。



戻り値

0 以外の値 制御文字の場合。
0 制御文字でない場合。




iswctype

ワイド文字が指定されたプロパティを持つかどうかを示します。



形式

#include <wctype.h> (ISO C)

#include <wchar.h> (XPG4)

int iswctype (wint_t wc, wctype_t wc_prop);




引数



wc

wint_t型のオブジェクト。 wc の値は現在のロケールで有効なワイド文字コードとして表現できるか,またはマクロ WEOF の値に等しくなければなりません。他の値の場合は,動作は未定義です。

wc_prop

現在のロケールで有効なプロパティ名。この名前は wctype関数を呼び出すことにより設定されます。



説明

iswctype関数は, wc に文字クラス・プロパティ wc_prop が割り当てられているかどうかを判定します。wc_prop は, wctype関数を呼び出すことにより設定します。

wctypeも参照してください。




戻り値

0 以外の値 文字にプロパティ wc_prop が割り当てられている場合。
0 文字にプロパティ wc_prop が割り当てられていない場合。





#include <locale.h> 
#include <wchar.h> 
#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h> 
#include <string.h>                                        
#include <ctype.h> 
 
/* This test will set up the "upper" character class using      */ 
/* wctype() and then verify whether the characters 'a' and 'A'  */ 
/* are members of this class                                    */ 
 
#include <stdlib.h> 
 
main() 
{ 
 
    wchar_t w_char1, 
            w_char2; 
    wctype_t ret_val; 
 
    char *char1 = "a"; 
    char *char2 = "A"; 
 
    ret_val = wctype("upper"); 
 
    /* Convert char1 to wide-character format - w_char1 */ 
 
    if (mbtowc(&w_char1, char1, 1) == -1) { 
       perror("mbtowc"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    if (iswctype((wint_t) w_char1, ret_val)) 
        printf("[%C] is a member of the character class upper\n", 
                w_char1); 
    else 
     printf("[%C] is not a member of the character class upper\n", 
              w_char1); 
 
    /* Convert char2 to wide-character format - w_char2 */ 
 
    if (mbtowc(&w_char2, char2, 1) == -1) { 
        perror("mbtowc"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    if (iswctype((wint_t) w_char2, ret_val)) 
        printf("[%C] is a member of the character class upper\n", 
                w_char2); 
    else 
     printf("[%C] is not a member of the character class upper\n", 
                w_char2); 
} 

このサンプル・プログラムを実行すると,次の結果が生成されます。


[a] is not a member of the character class upper 
[A] is a member of the character class upper 


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡