日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:入出力について
第 3 章:文字/文字列/引数リスト関数
第 4 章:エラー処理とシグナル処理
第 5 章:サブプロセス関数
第 6 章:Curses画面管理関数とマクロ
第 7 章:算術関数
第 8 章:メモリ割り当て関数
第 9 章:システム関数
第 10 章:国際化ソフトウェアの開発
第 11 章:日付/時刻関数
第 12 章:シンボリックリンクとPOSIXパス名
付録 A:各OSバージョンでサポートする関数一覧
付録 B:非標準ヘッダに複製されているプロトタイプ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (上巻)


目次 索引

付録 A
付録 A バージョンへの依存性を示す表
     A.1     OpenVMS VAX,Alpha,および I64 のすべてのバージョンで使用できる関数
     A.2     OpenVMS Version 6.2 およびそれ以降で使用できる関数
     A.3     OpenVMS Version 7.0 およびそれ以降で使用できる関数
     A.4     OpenVMS Alpha Version 7.0 およびそれ以降で使用できる関数
     A.5     OpenVMS Version 7.2 およびそれ以降で使用できる関数
     A.6     OpenVMS Version 7.3 およびそれ以降で使用できる関数
     A.7     OpenVMS Version 7.3-1 およびそれ以降で使用できる関数
     A.8     OpenVMS Version 7.3-2 およびそれ以降で使用できる関数
     A.9     OpenVMS Version 8.2 およびそれ以降で使用できる関数
     A.10     OpenVMS Version 8.3 およびそれ以降で使用できる関数
付録 B
付録 B 非標準ヘッダに複製されているプロトタイプ
索引
索引
1-1 ストリーム・モードとレコード・モードのアクセスの相違点
2-1 変換指定の出力
2-2 標準 I/O 関数の使用
2-3 ワイド文字 I/O 関数の使用
2-4 ファイル記述子とファイル・ポインタを使用した I/O
3-1 文字分類関数
3-2 倍精度値から ASCII 文字列への変換
3-3 大文字と小文字の変更
3-4 2 つの文字列の結合
3-5 strcspn 関数に対する 4 つの引数
3-6 <stdarg.h > 関数と定義の使用
4-1 プログラムの一時停止と再開
5-1 子プロセスの生成
5-2 子プロセスへの引数の引き渡し
5-3 子プロセスの状態の確認
5-4 パイプによる通信
6-1 Curses プログラム
6-2 ウィンドウの操作
6-3 端末画面の再表示
6-4 Curses の定義済み変数
6-5 カーソル移動関数
6-6 stdscr と,それに重なるウィンドウ
7-1 正接 (タンジェント) 値の計算と検証
8-1 構造体に対するメモリの割り当てと割り当ての解除
9-1 ユーザ名へのアクセス
9-2 端末情報へのアクセス
9-3 デフォルト・ディレクトリの操作
9-4 日付と時刻のプリント
1-1 OpenVMS Alpha と I64 での HP C RTL とのリンク
1-2 C プログラムからの I/O インタフェース
1-3 標準 I/O および UNIX I/O と RMS の対応関係
5-1 親プロセスと子プロセスの間の通信リンク
6-1 stdscr ウィンドウの例
6-2 ウィンドウとサブウィンドウの表示
6-3 端末画面の更新
6-4 getch マクロの例
12-1 POSIX ルートの位置
1-1 リンク時の競合
1-2 UNIX と OpenVMS のファイル指定の区切り文字
1-3 有効および無効な UNIX と OpenVMS のファイル指定
1-4 機能テスト・マクロ---標準
1-5 C RTL 機能論理名
1-6 2 種類の実装が用意されている関数
1-7 2 種類の実装が用意されているソケット・ルーチン
1-8 32 ビット・ポインタに制限される関数
1-9 32 ビット・ポインタのみを渡すコールバック
2-1 I/O 関数とマクロ
2-2 % (または% n$) と入力変換指定子の間に指定できる省略可能な文字
2-3 書式設定された入力の変換指定子
2-4 % (または% n$) と出力変換指定子の間に指定できる省略可能な文字
2-5 書式設定された出力の変換指定子
3-1 文字,文字列,引数リスト関数
3-2 文字分類関数
3-3 ASCII 文字と文字分類関数
4-1 エラー処理関数とシグナル処理関数
4-2 エラー・コードのシンボル値
4-3 HP C RTLシグナル
4-4 HP C RTLのシグナルと対応する OpenVMS VAX 例外 (VAX only)
4-5 HP C RTLのシグナルと対応する OpenVMS Alpha 例外 (Alpha only)
4-6 HP C RTLのシグナルと対応する OpenVMS I64 例外 (I64 only)
5-1 サブプロセス関数
6-1 Curses 関数とマクロ
6-2 Curses の定義済み変数と#define 定数
7-1 算術関数
8-1 メモリ割り当て関数
9-1 システム関数
10-1 ロケール・カテゴリ
11-1 日付/時刻関数
11-2 タイム・ゾーン・ファイルのファイル名の省略形
12-1 シンボリック・リンク関数
A-1 すべての OpenVMS システムで使用できる関数
A-2 OpenVMS Version 6.2 で追加された関数
A-3 OpenVMS Version 7.0 で追加された関数
A-4 OpenVMS Alpha Version 7.0 で追加された関数
A-5 OpenVMS Version 7.2 で追加された関数
A-6 OpenVMS Version 7.3 で追加された関数
A-7 OpenVMS Version 7.3-1 で追加された関数
A-8 OpenVMS Version 7.3-2 で追加された関数
A-9 OpenVMS Version 8.2 で追加された関数
A-10 OpenVMS Version 8.3 で追加された関数
B-1 複製されているプロトタイプ

目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項