日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・
リファレンス・マニュアル (上巻)


前へ 次へ 目次 索引


N
NFS
    シンボリック・リンクのサポート
nl_langinfo 関数
O
ODS-5 ボリューム
OpenVMS システム・サービス
    HP C プログラムでの
OpenVMS のバージョン
P
perror 関数
POSIX ルート
POSIX 形式の識別子
POSIX パス名 #1
POSIX パス名 #2
POSIX パス名 #3
POSIX ルートのサポート
R
raise 関数 #1
raise 関数 #2
realloc 関数
/REENTRANCY 修飾子
RMS
    ファイル属性
RMSRecordManagementServices
    HP C プログラムでの
    概要
    ストリーム・アクセス
        HP C での
    ファイルへのアクセス
    ファイル編成
    レコード・アクセス
        HP C での
    レコード・フォーマット
S
sbrk 関数
setattr マクロ
setjmp 関数
setlocale 関数
sigblock 関数
<signal.h> ヘッダ・ファイル
signal 関数 #1
signal 関数 #2
sigsetmask 関数
sigvec 関数 #1
sigvec 関数 #2
ssignal 関数
stderr
stdin
<stdio.h> ヘッダ・ファイル
stdout
stdscr ウィンドウ
strcmpn 関数
strcoll 関数
strcpyn 関数
strerror 関数
strfmon 関数
strftime 関数
strptime 関数
strtod 関数
strxfrm 関数
SYS$ERROR
SYS$I18N_LOCALE 論理名
SYS$INPUT
SYS$LANG 論理名
SYS$LC_ALL 論理名
SYS$OUTPUT
SYS$POSIX_ROOT
T
toascii 関数
TOLERANT リエントラント
tolower 関数
toupper 関数
towctrans 関数 #1
towctrans 関数 #2
towlower 関数
towupper 関数
U
UID
umask の値
UNIX
    HP C RTL と組み合わせての使用
    ファイル指定
        OpenVMS との比較
        代替変換
    ファイル指定変換関数
    ランタイム・ライブラリ
UNIX I/O
    関数
        プログラムの例
    ファイル記述子
UNIX 形式のルート
V
<varargs.h> ヘッダ・ファイル
VAXC$CRTL_INIT 関数
vaxc$errno 外部変数
VAXC$ESTABLISH 関数
VAXC$EXECMBX 論理名
W
wclrattr 関数
wcrtomb 関数 #1
wcrtomb 関数 #2
wcscoll 関数
wcsftime 関数
wcsrtombs 関数 #1
wcsrtombs 関数 #2
wcstod 関数
wcstombs 関数
wcsxfrm 関数
wctob 関数
wctomb 関数
wctrans 関数 #1
wctrans 関数 #2
winsstr 関数
wsetattr 関数
移植性に関する問題
    mvcur 関数
    UNIX ファイル指定
        あいまいさ
    可変長引数リスト
    基数変換指定子
    特定の
        一覧
移植性について
    POSIX パス名
    シンボリック・リンク
ウィンドウの重なり
エラー処理関数
    abort #1
    abort #2
    abort #3
    exit #1
    exit #2
    perror
    strerror
    エラー・コード
    _exit #1
    _exit #2
大きなファイル
大文字/小文字変換関数
オブジェクト・モジュール
    HP C RTL のリンクの順序
オブジェクト・ライブラリ
    RTL
    VAXCRTL.OLB
    VAXCRTLD.OLB
    VAXCRTLDX.OLB
    VAXCRTLT.OLB
    VAXCRTLTX.OLB
    VAXCRTLX.OLB
オペレーティング・システムのバージョン依存性
拡張ファイル指定
カテゴリ
    LC_ALL
    LC_COLLATE
    LC_CTYPE
    LC_MESSAGES
    LC_MONETARY
    LC_NUMERIC
    LC_TIME
    ロケール
可変長引数リスト
可変長レコード・ファイル
    レコード・モードでのアクセス
カルチャー情報
    ロケールに格納されている
関数
    Curses
    UNIX I/O
    エラー処理
    大文字/小文字変換
    シグナル処理
    時刻
    端末 I/O
    引数リストの処理
    日付/時刻
    標準 I/O #1
    標準 I/O #2
    文字分類 #1
    文字分類 #2
    文字変換 #1
    文字変換 #2
    文字列処理
関数プロトタイプ
画面管理
    Curses
        Curses を参照
機能スイッチ
機能テスト・マクロ
機能論理名
キャリッジ制御
    Fortran
    変換
        HP C による
共用イメージ
    HP C RTL
共用可能イメージ
クォータ
    RTL に与える影響 #1
    RTL に与える影響 #2
    RTL に与える影響 #3
グループ識別子
コードセット
コードセット・コンバータ関数
構文
    HP C RTL 関数の
国際化ソフトウェア
    説明
国際化のサポート
固定長レコード・ファイル
    レコード・モードでのアクセス
子プロセス
    pipe によるデータの共用
    wait による同期化
    イメージの実行
        exec 関数による
    概要
    実装
    プログラムの例
コンバータ関数
    ファイル命名規則


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項