日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・
リファレンス・マニュアル (上巻)


前へ 次へ 目次 索引




A.2 OpenVMS Version 6.2 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-2 は,OpenVMS VAX および OpenVMS Alpha Version 6.2 およびそれ以降のバージョンで使用できる関数を示しています。

表 A-2 OpenVMS Version 6.2 で追加された関数
catclose catgets catopen fgetwc
fgetws fputwc fputws getopt
getwc getwchar iconv iconv_close
iconv_open iswalnum iswalpha iswcntrl
iswctype iswdigit iswgraph iswlower
iswprint iswpunct iswspace iswupper
iswxdigit nl_langinfo putwc putwchar
strnlen strptime towlower towupper
ungetwc wcscat wcschr wcscmp
wcscoll wcscpy wcscspn wcsftime
wcslen wcsncat wcsncmp wcsncpy
wcspbrk wcsrchr wcsspn wcstol
wcstoul wcswcs wcswidth wcsxfrm
wcstod wctype wcwidth wcstok



A.3 OpenVMS Version 7.0 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-3 は,OpenVMS VAX および OpenVMS Alpha Version 7.0 およびそれ以降のバージョンで使用できる関数を示しています。

表 A-3 OpenVMS Version 7.0 で追加された関数
basename bcmp bcopy btowc
bzero closedir confstr dirname
drand48 erand48 ffs fpathconf
ftruncate ftw fwide fwprintf
fwscanf getclock getdtablesize getitimer
getlogin getpagesize getpwnam getpwuid
gettimeofday index initstate jrand48
lcong48 lrand48 mbrlen mbrtowc
mbsinit mbsrtowcs memccpy mkstemp
mmap mprotect mrand48 msync
munmap nrand48 opendir pathconf
pclose popen putenv random
readdir rewinddir rindex rmdir
seed48 seekdir setenv setitimer
setstate sigaction sigaddset sigdelset
sigemptyset sigfillset sigismember siglongjmp
sigpending sigprocmask sigsetjmp sigsuspend
srand48 srandom strcasecmp strdup
strfmon strncasecmp strsep swab
swprintf swscanf sysconf telldir
tempnam towctrans truncate tzset
ualarm uname unlink unsetenv
usleep vfwprintf vswprintf vwprintf
wait3 wait4 waitpid wcrtomb
wcsrtombs wcsstr wctob wctrans
wmemchr wmemcmp wmemcpy wmemmove
wmemset wprintf wscanf  



A.4 OpenVMS Alpha Version 7.0 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-4 は, OpenVMS Alpha Version 7.0 およびそれ以降のバージョンで使用できる関数を示しています。

表 A-4 OpenVMS Alpha Version 7.0 で追加された関数
_basename32 _basename64 _bsearch32 _bsearch64
_calloc32 _calloc64 _catgets32 _catgets64
_ctermid32 _ctermid64 _cuserid32 _cuserid64
_dirname32 _dirname64 _fgetname32 _fgetname64
_fgets32 _fgets64 _fgetws32 _fgetws64
_gcvt32 _gcvt64 _getcwd32 _getcwd64
_getname32 _getname64 _gets32 _gets64
_index32 _index64 _longname32 _longname64
_malloc32 _malloc64 _mbsrtowcs32 _mbsrtowcs64
_memccpy32 _memccpy64 _memchr32 _memchr64
_memcpy32 _memcpy64 _memmove32 _memmove64
_memset32 _memset64 _mktemp32 _mktemp64
_mmap32 _mmap64 _qsort32 _qsort64
_realloc32 _realloc64 _rindex32 _rindex64
_strcat32 _strcat64 _strchr32 _strchr64
_strcpy32 _strcpy64 _strdup32 _strdup64
_strncat32 _strncat64 _strncpy32 _strncpy64
_strpbrk32 _strpbrk64 _strptime32 _strptime64
_strrchr32 _strrchr64 _strsep32 _strsep64
_strstr32 _strstr64 _strtod32 _strtod64
_strtok32 _strtok64 _strtol32 _strtol64
_strtoll32 _strtoll64 _strtoq32 _strtoq64
_strtoul32 _strtoul64 _strtoull32 _strtoull64
_strtouq32 _strtouq64 _tmpnam32 _tmpnam64
_wcscat32 _wcscat64 _wcschr32 _wcschr64
_wcscpy32 _wcscpy64 _wcsncat32 _wcsncat64
_wcsncpy32 _wcsncpy64 _wcspbrk32 _wcspbrk64
_wcsrchr32 _wcsrchr64 _wcsrtombs32 _wcsrtombs64
_wcsstr32 _wcsstr64 _wcstok32 _wcstok64
_wcstol32 _wcstol64 _wcstoul32 _wcstoul64
_wcswcs32 _wcswcs64 _wmemchr32 _wmemchr64
_wmemcpy32 _wmemcpy64 _wmemmove32 _wmemmove64
_wmemset32 _wmemset64    



A.5 OpenVMS Version 7.2 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-5 は,OpenVMS VAX および OpenVMS Alpha Version 7.2 およびそれ以降のバージョンで使用できる関数を示しています。

表 A-5 OpenVMS Version 7.2 で追加された関数
asctime_r dlerror
ctime_r dlopen
decc$set_child_standard_streams dlsym
decc$validate_wchar fcntl
decc$write_eof_to_mbx gmtime_r
dlclose localtime_r



A.6 OpenVMS Version 7.3 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-6 は,OpenVMS VAX および OpenVMS Alpha Version 7.3 およびそれ以降のバージョンで使用できる関数を示しています。

表 A-6 OpenVMS Version 7.3 で追加された関数
fchown  
link  
utime  
utimes  
writev  



A.7 OpenVMS Version 7.3-1 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-7 は, OpenVMS Alpha Version 7.3-1 およびそれ以降のバージョンで使用できる関数を示しています。

表 A-7 OpenVMS Version 7.3-1 で追加された関数
アクセス ftello
chmod ftw
chown readdir_r
decc$feature_get_index stat
decc$feature_get_name vfscanf
decc$feature_get_value vfwscanf
decc$feature_set_value vscanf
fseeko vwscanf
fstat vsscanf
  vswscanf



A.8 OpenVMS Version 7.3-2 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-8 は, OpenVMS Alpha Version 7.3-2 およびそれ以降のバージョンで使用できる関数を示しています。

表 A-8 OpenVMS Version 7.3-2 で追加された関数
a64l clock_getres clock_gettime clock_settime
endgrent getgrent getgrgid getgrgid_r
getgrnam getgrnam_r getpgid getpgrp
_getpwnam64 getpwnam_r _getpwnam_r64 _getpwent64
getpwuid _getpwuid64 getpwuid_r _getpwuid_r64
getsid l64a nanosleep poll
pread pwrite rand_r readv
_readv64 seteuid setgrent setpgid
setpgrp setregid setreuid setsid
sighold sigignore sigrelse sigtimedwait
sigwait sigwaitinfo snprintf ttyname_r
vsnprintf __writev64 decc$set_child_default_dir  



A.9 OpenVMS Version 8.2 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-9 は, OpenVMS Alpha および I64 の V8.2 以降で使用できる関数を示しています。

表 A-9 OpenVMS Version 8.2 で追加された関数
clearerr_unlocked feof_unlocked
ferror_unlocked fgetc_unlocked
fputc_unlocked flockfile
ftrylockfile funlockfile
getc_unlocked getchar_unlocked
putc_unlocked putchar_unlocked
statvfs fstatvfs
_glob32 _glob64
_globfree32 _globfree64
socketpair  



A.10 OpenVMS Version 8.3 およびそれ以降で使用できる関数

表 A-10 は, OpenVMS Alpha および I64 の V8.3 以降で使用できる関数を示しています。

表 A-10 OpenVMS Version 8.3 で追加された関数
crypt readlink
encrypt realpath
setkey symlink
lchown unlink
lstat fchmod


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項