日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・
リファレンス・マニュアル (上巻)


前へ 次へ 目次 索引




3.1 文字分類関数

文字分類関数は,論理操作を実行する対象となる 1 つの引数を受け付けます。引数はどのような値でも構いません。ASCII 文字である必要はありません。 isascii関数は,引数が ASCII 文字 (8 進数の 0〜177) であるかどうかを判断します。他の関数は,引数がグラフィック文字や数字など,特定の種類の ASCII 文字であるかどうかを確認します。 isw* 関数はワイド文字を判定します。文字分類情報はプログラムの現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリにあります。

どの関数の場合も,戻り値が正の値の場合は TRUE を示します。戻り値が 0 の場合は FALSE を示します。

この後の表では,文字分類関数を簡単に参照できるように, 表 3-2 に示す番号が各関数に割り当てられています。

表 3-2 文字分類関数
関数番号 関数 関数番号 関数
1 isalnum 7 islower
2 isalpha 8 isprint
3 isascii 9 ispunct
4 iscntrl 10 isspace
5 isdigit 11 isupper
6 isgraph 12 isxdigit

表 3-3 は,各 ASCII 文字に対して TRUE という戻り値を返す関数の番号 ( 表 3-2 で割り当てられた番号) を示しています。数値コードは,各 ASCII 文字の 8 進コードを表しています。

表 3-3 ASCII 文字と文字分類関数
ASCII 値 関数番号 ASCII 値 関数番号
NUL 00 3,4 @ 100 3,6,8,9
SOH 01 3,4 A 101 1,2,3,6,8,11,12
STX 02 3,4 B 102 1,2,3,6,8,11,12
ETX 03 3,4 C 103 1,2,3,6,8,11,12
EOT 04 3,4 D 104 1,2,3,6,8,11,12
ENQ 05 3,4 E 105 1,2,3,6,8,11,12
ACK 06 3,4 F 106 1,2,3,6,8,11,12
BEL 07 3,4 G 107 1,2,3,6,8,11
BS 10 3,4 H 110 1,2,3,6,8,11
HT 11 3,4,10 I 111 1,2,3,6,8,11
LF 12 3,4,10 J 112 1,2,3,6,8,11
VT 13 3,4,10 K 113 1,2,3,6,8,11
FF 14 3,4,10 L 114 1,2,3,6,8,11
CR 15 3,4,10 M 115 1,2,3,6,8,11
SO 16 3,4 N 116 1,2,3,6,8,11
SI 17 3,4 O 117 1,2,3,6,8,11
       
DLE 20 3,4 P 120 1,2,3,6,8,11
DC1 21 3,4 Q 121 1,2,3,6,8,11
DC2 22 3,4 R 122 1,2,3,6,8,11
DC3 23 3,4 S 123 1,2,3,6,8,11
DC4 24 3,4 T 124 1,2,3,6,8,11
NAK 25 3,4 U 125 1,2,3,6,8,11
SYN 26 3,4 V 126 1,2,3,6,8,11
ETB 27 3,4 W 127 1,2,3,6,8,11
       
CAN 30 3,4 X 130 1,2,3,6,8,11
EM 31 3,4 Y 131 1,2,3,6,8,11
SUB 32 3,4 Z 132 1,2,3,6,8,11
ESC 33 3,4 [ 133 3,6,8,9
FS 34 3,4 \ 134 3,6,8,9
GS 35 3,4 ] 135 3,6,8,9
RS 36 3,4 ^ 136 3,6,8,9
US 37 3,4 -- 137 3,6,8,9
       
SP 40 3,8,10 ?` 140 3,6,8,9
! 41 3,6,8,9 a 141 1,2,3,6,7,8,12
" 42 3,6,8,9 b 142 1,2,3,6,7,8,12
# 43 3,6,8,9 c 143 1,2,3,6,7,8,12
$ 44 3,6,8,9 d 144 1,2,3,6,7,8,12
% 45 3,6,8,9 e 145 1,2,3,6,7,8,12
& 46 3,6,8,9 f 146 1,2,3,6,7,8,12
' 47 3,6,8,9 g 147 1,2,3,6,7,8
       
( 50 3,6,8,9 h 150 1,2,3,6,7,8
) 51 3,6,8,9 i 151 1,2,3,6,7,8
* 52 3,6,8,9 j 152 1,2,3,6,7,8
+ 53 3,6,8,9 k 153 1,2,3,6,7,8
' 54 3,6,8,9 l 154 1,2,3,6,7,8
- 55 3,6,8,9 m 155 1,2,3,6,7,8
?. 56 3,6,8,9 n 156 1,2,3,6,7,8
/ 57 3,6,8,9 o 157 1,2,3,6,7,8
       
0 60 1,3,5,6,8,12 p 160 1,2,3,6,7,8
1 61 1,3,5,6,8,12 q 161 1,2,3,6,7,8
2 62 1,3,5,6,8,12 r 162 1,2,3,6,7,8
3 63 1,3,5,6,8,12 s 163 1,2,3,6,7,8
4 64 1,3,5,6,8,12 t 164 1,2,3,6,7,8
5 65 1,3,5,6,8,12 u 165 1,2,3,6,7,8
6 66 1,3,5,6,8,12 v 166 1,2,3,6,7,8
7 67 1,3,5,6,8,12 w 167 1,2,3,6,7,8
       
8 70 1,3,5,6,8,12 x 170 1,2,3,5,6,8
9 71 1,3,5,6,8,12 y 171 1,2,3,5,6,8
: 72 3,6,8,9 z 172 1,2,3,5,6,8
; 73 3,6,8,9 { 173 3,6,8,9
< 74 3,6,8,9 | 174 3,6,8,9
= 75 3,6,8,9 } 175 3,6,8,9
> 76 3,6,8,9 ?~ 176 3,6,8,9
? 77 3,6,8,9 DEL 177 3,4

例 3-1 は文字分類関数の使い方を示しています。

例 3-1 文字分類関数

/*       CHAP_3_CHARCLASS.C                                     */ 
 
/* This example uses the isalpha, isdigit, and isspace          */ 
/* functions to count the number of occurrences of letters,     */ 
/* digits, and white-space characters entered through the       */ 
/* standard input (stdin).                                      */ 
 
#include <ctype.h> 
#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h> 
 
main() 
{ 
    char c; 
    int i = 0, 
        j = 0, 
        k = 0; 
 
    while ((c = getchar()) != EOF) { 
        if (isalpha(c)) 
            i++; 
        if (isdigit(c)) 
            j++; 
        if (isspace(c)) 
            k++; 
    } 
 
    printf("Number of letters: %d\n", i); 
    printf("Number of digits:  %d\n", j); 
    printf("Number of spaces:  %d\n", k); 
} 

次の例は, 例 3-1 へのサンプル入力とサンプル出力を示しています。


$ RUN  EXAMPLE1
I saw 35 people riding bicycles on Main Street.[Return]
[Ctrl/Z]
Number of letters: 36
Number of digits:  2
Number of spaces:  8
$ 



3.2 文字変換関数

文字変換関数は,ある種類の文字を別の種類に変換します。次の関数があります。


ecvt         _tolower 
fcvt         toupper 
gcvt         _toupper 
mbtowc       towctrans 
mbrtowc      wctrans 
mbsrtowcs    wcrtomb 
toascii      wcsrtombs 
tolower 

これらの各関数の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)』「リファレンス・セクション」を参照してください。

例 3-2 は, ecvt関数の使い方を示しています。

例 3-2 倍精度値から ASCII 文字列への変換

/*     CHAP_3_CHARCONV.C                                        */ 
 
/* This program uses the ecvt function to convert a double      */ 
/* value to a string. The program then prints the string.       */ 
 
#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h> 
#include <unixlib.h> 
#include <string.h> 
 
main() 
{ 
 
    double val;         /* Value to be converted */ 
 
    int sign,           /* Variables for sign   */ 
        point;          /* and decimal place    */ 
 
    /*  Array for the converted string  */ 
    static char string[20]; 
 
    val = -3.1297830e-10; 
 
    printf("original value: %e\n", val); 
    if (sign) 
        printf("value is negative\n"); 
    else 
        printf("value is positive\n"); 
    printf("decimal point at %d\n", point); 
} 

例 3-2 からの出力は次のようになります。


$ RUN  EXAMPLE2
original value: -3.129783e-10
converted string: 31298
value is negative
decimal point at -9
$ 

例 3-3toupper関数と tolower関数の使い方を示しています。

例 3-3 大文字と小文字の変更

/*     CHAP_3_CONV_UPPERLOWER.C                                 */ 
 
/* This program uses the functions toupper and tolower to       */ 
/* convert uppercase to lowercase and lowercase to uppercase    */ 
/* using input from the standard input (stdin).                 */ 
 
#include <ctype.h> 
#include <stdio.h>      /*  To use EOF identifier */ 
#include <stdlib.h> 
 
main() 
{ 
    char c, 
         ch; 
 
    while ((c = getchar()) != EOF) { 
        if (c >= 'A' && c <= 'Z') 
            ch = tolower(c); 
        else 
            ch = toupper(c); 
        putchar(ch); 
    } 
} 

次の例は 例 3-3 へのサンプル入力とサンプル出力を示しています。


$ RUN  EXAMPLE3
LET'S GO TO THE welcome INN.[Ctrl/Z]
let's go to the WELCOME inn.
$ 



3.3 文字列および引数リスト関数

HP C RTL には,文字列を操作する関数グループがあります。これらの関数には,文字列を連結する関数,文字列から特定の文字を検索する関数, 2 つの文字列が等しいかどうか判断する関数など,その他の比較を実行する関数があります。

HP C RTL には,バイナリ・データが格納されているバッファをコピーするための関数も用意されています。

<varargs.h>および <stdarg.h>ヘッダ・ファイルに定義および宣言されている関数は,可変長引数リストにアクセスするために使用できます。 <stdarg.h>関数は ANSI C 標準で定義されており, <varargs.h>に定義されている関数より高い移植性を備えています。

たとえば printfexeclなどの RTL 関数では,可変長引数リストを使用します。可変長引数リストを使用するユーザ定義関数で <varargs.h><stdarg.h>を使用しない場合は,マシン間で引数の受け渡し規則が異なるため,移植することができません。

<stdarg.h>ヘッダ・ファイルには, va_alist および va_dclが含まれていません。次の構文の例は, <stdarg.h>を使用する場合の構文を示しています。


function_name(int arg1, ...) 
{ 
va_list  ap; 
   .
   .
   .

<varargs.h>を使用する場合は,次のようになります。

  • 識別子 va_alist は関数定義に含まれるパラメータです。

  • va_dclはパラメータ va_alist を宣言します。これはセミコロン (;) で終了しない宣言です。

  • va_list型は,リスト内を移動するために使用される変数の宣言で使用されます。 <varargs.h>を使用する場合は, va_list型の変数を少なくとも 1 つ宣言する必要があります。

これらの名前および宣言の構文は次のとおりです。


function_name(int arg1, ...) 
{ 
va_list  ap; 
. 
. 
. 



3.4 プログラムの例

例 3-4 は, strcat関数と strncat関数の使い方を示しています。

例 3-4 2 つの文字列の結合

/*        CHAP_3_CONCAT.C                                      */ 
 
/*  This example uses strcat and strncat to concatenate two    */ 
/*  strings.                                                   */ 
 
#include <stdio.h> 
#include <string.h> 
 
main() 
{ 
    static char string1[80] = "Concatenates "; 
    static char string2[] = "two strings "; 
    static char string3[] = "up to a maximum of characters."; 
    static char string4[] = "imum number of characters"; 
 
    printf("strcat:\t%s\n", strcat(string1, string2)); 
    printf("strncat ( 0):\t%s\n", strncat(string1, string3, 0)); 
    printf("strncat (11):\t%s\n", strncat(string1, string3, 11)); 
    printf("strncat (40):\t%s\n", strncat(string1, string4, 40)); 
} 

例 3-4 は次の出力を生成します。


$ RUN  EXAMPLE1
strcat: Concatenates two strings
strncat ( 0): Concatenates two strings
strncat (11): Concatenates two strings up to a max
strncat (40): Concatenates two strings up to a maximum number of characters.
$ 

例 3-5strcspn関数の使い方を示しています。

例 3-5 strcspn 関数に対する 4 つの引数

/*        CHAP_3_STRCSPN.C                                     */ 
 
/*  This example shows how strcspn interprets four             */ 
/*  different kinds of arguments.                              */ 
 
#include <stdio.h> 
 
main() 
{ 
 
    printf("strcspn with null charset: %d\n", 
            strcspn("abcdef", "")); 
 
    printf("strcspn with null string: %d\n", 
            strcspn("", "abcdef")); 
 
    printf("strcspn(\"xabc\", \"abc\"): %d\n", 
           strcspn("xabc", "abc")); 
 
    printf("strcspn(\"abc\", \"def\"): %d\n", 
            strcspn("abc", "def")); 
} 

例 3-5 を呼び出すと, strcspn.outファイルに次のサンプル出力が生成されます。


$ RUN  EXAMPLE2 
 
strcspn with null charset:  6 
strcspn with null string:  0 
strcspn("xabc","abc"):  1 
strcspn("abc","def"):  3 

例 3-6 は, <stdarg.h>関数および定義の使い方を示しています。

例 3-6 <stdarg.h > 関数と定義の使用

/*        CHAP_3_STDARG.C                                       */ 
 
/* This routine accepts a variable number of string arguments,  */ 
/* preceded by a count of the number of such strings. It        */ 
/* allocates enough space in which to concatenate all of the    */ 
/* strings, concatenates them together, and returns the address */ 
/* of the new string. It returns NULL if there are no string    */ 
/* arguments, or if they are all null strings.                  */ 
 
#include <stdarg.h>       /* Include appropriate header files   */ 
#include <stdlib.h>       /* for the "example" call in main.    */ 
#include <string.h> 
#include <stdio.h>      
 
/* NSTRINGS is the maximum number of string arguments accepted  */ 
/* (arbitrary).                                                 */ 
 
#define NSTRINGS 10 
 
char *concatenate(int n,...) 
{ 
    va_list ap;         /* Declare the argument pointer. */ 
     
    char *list[NSTRINGS], 
        *string; 
    int index = 0, 
        size = 0; 
 
    /* Check that the number of arguments is within range.   */ 
 
    if (n <= 0) 
        return NULL; 
    if (n > NSTRINGS) 
        n = NSTRINGS; 
 
    va_start(ap, n);    /* Initialize the argument pointer.  */ 
 
    do { 
        /* Extract the next argument and save it. */ 
 
        list[index] = va_arg(ap, char *); 
 
        size += strlen(list[index]); 
    } while (++index < n); 
   
    va_end(ap); /* Terminate use of ap. */ 
 
    if (size == 0) 
        return NULL; 
 
    string = malloc(size + 1); 
    string[0] = '\0'; 
 
    /* Append each argument to the end of the growing result    */ 
    /*  string.                                                 */ 
 
    for (index = 0; index < n; ++index) 
        strcat(string, list[index]); 
 
    return string; 
} 
 
/* An example of calling this routine is */ 
 
main() { 
    char *ret_string ; 
 
    ret_string = concatenate(7, "This ", "message ", "is ", 
                                "built with ", "a", " variable arg", 
                                " list.") ; 
 
    puts(ret_string) ; 
} 

例 3-6 を呼び出すと,次の出力が生成されます。


This message is built with a variable arg list. 


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項