日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・
リファレンス・マニュアル (上巻)


前へ 次へ 目次 索引




2.5 端末 I/O

HP C では,通常は端末 (対話型ジョブの場合) またはバッチ・ストリーム (バッチ・ジョブの場合) に関連付けられている論理デバイスとの間で I/O を実行するために, 3 つのファイル・ポインタが定義されています。 OpenVMS 環境では, 3 つのパーマネント・プロセス・ファイル SYS$INPUT,SYS$OUTPUT,SYS$ERROR は,対話型ジョブの場合もバッチ・ジョブの場合も同じ機能を実行します。端末 I/O は,端末 I/O とバッチ・ストリーム I/O の両方を示します。ファイル・ポインタ stdinstdoutstderrは, #includeプリプロセッサ・ディレクティブを使用して <stdio.h>ヘッダ・ファイルを取り込むときに定義されます。

stdinファイル・ポインタは,入力を実行するために端末に関連付けられます。このファイルは SYS$INPUT に対応します。 stdoutファイル・ポインタは,出力を実行するために端末に関連付けられます。このファイルは SYS$OUTPUT に対応します。 stderrファイル・ポインタは,実行時エラーを報告するために端末に関連付けられます。このファイルは SYS$ERROR に対応します。

端末を参照する 3 つのファイル記述子があります。ファイル記述子 0 は SYS$INPUT に対応し, 1 は SYS$OUTPUT に対応し,2 は SYS$ERROR に対応します。

端末で I/O を実行する場合,標準 I/O 関数とマクロを使用でき ( 引数としてポインタ stdinstdoutstderrを指定します), UNIX I/O 関数を使用することもでき ( 引数として対応するファイル記述子を指定します ),端末 I/O 関数とマクロを指定することもできます。機能的にいずれかの I/O が他の種類の I/O より優れているというわけではありません。ただし,端末 I/O 関数の場合は引数がないため,必要なキーストロークを削減できます。

2.6 プログラムの例

ここでは,アプリケーションで I/O 関数を使用する方法を示すために,いくつかのサンプル・プログラムを示します。

例 2-1printf関数を示しています。

例 2-1 変換指定の出力

/*      CHAP_2_OUT_CONV.C                               */ 
 
/* This program uses the printf function to print the   */ 
/* various conversion specifications and their effect   */ 
/* on the output.                                       */ 
 
/* Include the proper header files in case printf has   */ 
/* to return EOF.                                       */ 
 
#include <stdlib.h> 
#include <stdio.h> 
#include <wchar.h> 
 
#define WIDE_STR_SIZE 20 
 
main() 
{ 
    double val = 123345.5; 
    char c = 'C'; 
    int i = -1500000000; 
    char *s = "thomasina"; 
    wchar_t wc; 
    wchar_t ws[WIDE_STR_SIZE]; 
 
    /* Produce a wide character and a wide character string */ 
 
    if (mbtowc(&wc, "W", 1) == -1) { 
        perror("mbtowc"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    if (mbstowcs(ws, "THOMASINA", WIDE_STR_SIZE) == -1) { 
        perror("mbstowcs"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    /* Print the specification code, a colon, two tabs, and the  */ 
    /* formatted output value delimited by the angle bracket     */ 
    /* characters (<>).                                          */ 
 
    printf("%%9.4f:\t\t<%9.4f>\n", val); 
    printf("%%9f:\t\t<%9f>\n", val); 
    printf("%%9.0f:\t\t<%9.0f>\n", val); 
    printf("%%-9.0f:\t\t<%-9.0f>\n\n", val); 
 
    printf("%%11.6e:\t\t<%11.6e>\n", val); 
    printf("%%11e:\t\t<%11e>\n", val); 
    printf("%%11.0e:\t\t<%11.0e>\n", val); 
    printf("%%-11.0e:\t\t<%-11.0e>\n\n", val); 
 
    printf("%%11g:\t\t<%11g>\n", val); 
    printf("%%9g:\t\t<%9g>\n\n", val); 
 
    printf("%%d:\t\t<%d>\n", c); 
    printf("%%c:\t\t<%c>\n", c); 
    printf("%%o:\t\t<%o>\n", c); 
    printf("%%x:\t\t<%x>\n\n", c); 
 
    printf("%%d:\t\t<%d>\n", i); 
    printf("%%u:\t\t<%u>\n", i); 
    printf("%%x:\t\t<%x>\n\n", i); 
 
    printf("%%s:\t\t<%s>\n", s); 
    printf("%%-9.6s:\t\t<%-9.6s>\n", s); 
    printf("%%-*.*s:\t\t<%-*.*s>\n", 9, 5, s); 
    printf("%%6.0s:\t\t<%6.0s>\n\n", s); 
    printf("%%C:\t\t<%C>\n", wc); 
    printf("%%S:\t\t<%S>\n", ws); 
    printf("%%-9.6S:\t\t<%-9.6S>\n", ws); 
    printf("%%-*.*S:\t\t<%-*.*S>\n", 9, 5, ws); 
    printf("%%6.0S:\t\t<%6.0S>\n\n", ws); 
} 

例 2-1 を実行すると,次の出力が生成されます。


$ RUN  EXAMPLE
%9.4f:          <123345.5000>
%9f:            <123345.500000>
%9.0f:          <   123346>
%-9.0f:         <123346   >
%11.6e:         <1.233455e+05>
%11e:           <1.233455e+05>
%11.0e:         <      1e+05>
%-11.0e:        <1e+05      >
%11g:           <     123346>
%9g:            <   123346>
%d:             <67>
%c:             <C>
%o:             <103>
%x:             <43>
%d:             <-1500000000>
%u:             <2794967296>
%x:             <a697d100>
%s:             <thomasina>
%-9.6s:         <thomas   >
%-*.*s:         <thoma    >
%6.0s:          <      >
%C:             <W>
%S:             <THOMASINA>
%-9.6S:         <THOMAS   >
%-*.*S:         <THOMA    >
%6.0S:          <      >
$ 

例 2-2 は, fopenftellsprintffputsfseekfgetsfclose関数の使い方を示しています。

例 2-2 標準 I/O 関数の使用

/*      CHAP_2_STDIO.C  */ 
 
/* This program establishes a file pointer, writes lines from   */ 
/* a buffer to the file, moves the file pointer to the second   */ 
/* record, copies the record to the buffer, and then prints     */ 
/* the buffer to the screen.                                    */ 
 
#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h> 
 
main() 
{ 
    char buffer[32]; 
    int i, 
        pos; 
    FILE *fptr; 
 
    /*  Set file pointer.            */ 
    fptr = fopen("data.dat", "w+"); 
    if (fptr == NULL) { 
        perror("fopen"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    for (i = 1; i < 5; i++) { 
        if (i == 2)     /*  Get position of record 2. */ 
            pos = ftell(fptr); 
        /*  Print a line to the buffer.  */ 
        sprintf(buffer, "test data line %d\n", i); 
        /*  Print buffer to the record.  */ 
        fputs(buffer, fptr); 
    } 
 
    /*  Go to record number 2.       */ 
    if (fseek(fptr, pos, 0) < 0) { 
        perror("fseek");        /*  Exit on fseek error. */ 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    /*  Read record 2 in the buffer. */ 
    if (fgets(buffer, 32, fptr) == NULL) { 
        perror("fgets");        /*  Exit on fgets error.  */ 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
    /*  Print the buffer.       */ 
    printf("Data in record 2 is: %s", buffer); 
    fclose(fptr);       /*  Close the file.     */ 
} 

例 2-2 を実行すると,次の結果が生成されます。


$ RUN  EXAMPLE
Data in record 2 is: test data line 2

例 2-2 から DATA.DAT への出力は次のようになります。


test data line 1 
test data line 2 
test data line 3 
test data line 4 

例 2-3 ワイド文字 I/O 関数の使用

/*      CHAP_2_WC_IO.C                                          */ 
 
/* This program establishes a file pointer, writes lines from   */ 
/* a buffer to the file using wide-character codes, moves the   */ 
/* file pointer to the second record, copies the record to the  */ 
/* wide-character buffer, and then prints the buffer to the     */ 
/* screen.                                                      */ 
 
#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h> 
#include <wchar.h> 
 
main() 
{ 
    char flat_buffer[32]; 
    wchar_t wide_buffer[32]; 
    wchar_t format[32]; 
    int i, 
        pos; 
    FILE *fptr; 
 
    /*  Set file pointer.            */ 
    fptr = fopen("data.dat", "w+"); 
    if (fptr == NULL) { 
        perror("fopen"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    for (i = 1; i < 5; i++) { 
        if (i == 2)     /*  Get position of record 2. */ 
            pos = ftell(fptr); 
        /*  Print a line to the buffer.  */ 
        sprintf(flat_buffer, "test data line %d\n", i); 
        if (mbstowcs(wide_buffer, flat_buffer, 32) == -1) { 
            perror("mbstowcs"); 
            exit(EXIT_FAILURE); 
        } 
 
        /*  Print buffer to the record.  */ 
        fputws(wide_buffer, fptr); 
    } 
 
    /*  Go to record number 2. */ 
    if (fseek(fptr, pos, 0) < 0) { 
        perror("fseek");        /*  Exit on fseek error. */ 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    /*  Put record 2 in the buffer.  */ 
    if (fgetws(wide_buffer, 32, fptr) == NULL) { 
        perror("fgetws");       /*  Exit on fgets error. */ 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
    /*  Print the buffer. */ 
    printf("Data in record 2 is: %S", wide_buffer); 
    fclose(fptr);               /*  Close the file.  */ 
} 

例 2-3 を実行すると,次の結果が生成されます。


$ RUN  EXAMPLE
Data in record 2 is: test data line 2

例 2-3 から DATA.DAT への出力は次のようになります。


test data line 1 
test data line 2 
test data line 3 
test data line 4 

例 2-4 は,1 つのファイルにアクセスするための,ファイル・ポインタとファイル記述子の両方の使い方を示しています。

例 2-4 ファイル記述子とファイル・ポインタを使用した I/O

/*      CHAP_2_FILE_DIS_AND_POINTER.C                           */ 
 
/* The following example creates a file with variable-length    */ 
/* records (rfm=var) and the carriage-return attribute (rat=cr).*/ 
/*                                                              */ 
/* The program uses creat to create and open the file, and      */ 
/* fdopen to associate the file descriptor with a file pointer. */ 
/* After using the fdopen function, the file must be referenced */ 
/* using the Standard I/O functions.                            */ 
 
#include <unixio.h> 
#include <stdio.h> 
#include <stdlib.h> 
#include <string.h> 
#define ERROR 0 
#define ERROR1 -1 
#define BUFFSIZE 132 
 
main() 
{ 
    char buffer[BUFFSIZE]; 
    int fildes; 
    FILE *fp; 
 
    if ((fildes = creat("data.dat", 0, "rat=cr", 
                        "rfm=var")) == ERROR1) { 
        perror("DATA.DAT: creat() failed\n"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
    if ((fp = fdopen(fildes, "w")) == NULL) { 
        perror("DATA.DAT: fdopen() failed\n"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
    while (fgets(buffer, BUFFSIZE, stdin) != NULL) 
        if (fwrite(buffer, strlen(buffer), 1, fp) == ERROR) { 
            perror("DATA.DAT: fwrite() failed\n"); 
            exit(EXIT_FAILURE); 
        } 
 
    if (fclose(fp) == EOF) { 
        perror("DATA.DAT: fclose() failed\n"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
} 




第 3 章
文字,文字列,引数リスト関数

表 3-1 は, HP C Run-Time Library (RTL) で提供される文字,文字列,および引数リスト関数を示しています。この章ではこれらの関数について説明しますが,各関数の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)』「リファレンス・セクション」を参照してください。

表 3-1 文字,文字列,引数リスト関数
関数 説明
文字の分類
isalnum iswalnum 引数が現在のロケールで英数字のいずれかである場合は,0 以外の整数を返す。
isalpha iswalpha 引数が現在のロケールで英字のいずれかである場合は,0 以外の整数を返す。
isascii 引数が ASCII 文字である場合は,0 以外の整数を返す。
iscntrl iswcntrl 引数が現在のロケールで制御文字である場合は, 0 以外の整数を返す。
isdigit iswdigit 引数が現在のロケールで数字である場合は, 0 以外の整数を返す。
isgraph iswgraph 引数が現在のロケールでグラフィック文字である場合は, 0 以外の整数を返す。
islower iswlower 引数が現在のロケールで小文字である場合は, 0 以外の整数を返す。
isprint iswprint 引数が現在のロケールでプリント文字である場合は, 0 以外の整数を返す。
ispunct iswpunct 引数が現在のロケールで句読点文字である場合は, 0 以外の整数を返す。
isspace iswspace 引数が現在のロケールで空白文字である場合は, 0 以外の整数を返す。
isupper iswupper 引数が現在のロケールで大文字である場合は, 0 以外の整数を返す。
iswctype 指定されたプロパティを引数が持つ場合,0 以外の整数を返す。
isxdigit iswxdigit 引数が 16 進数の (0〜9,A〜F,a〜f) である場合は, 0 以外の整数を返す。
文字変換
btowc 1 バイトのマルチバイト文字を初期シフト状態でワイド文字に変換する。
ecvt, fcvt, gcvt 引数を ASCII 数字列に変換し,末尾にヌル文字を付加し,文字列のアドレスを返す。
index, rindex 文字列から文字を検索する。
mblen mbrlen マルチバイト文字に含まれるバイト数を判断する。
mbsinit mbstate_t オブジェクトが初期変換状態を記述するかどうかを判断する。
mbstowcs マルチバイト文字シーケンスを対応するコード・シーケンスに変換する。
toascii 8 ビットの ASCII 文字である引数を 7 ビットの ASCII 文字に変換する。
tolower, _tolower, towlower 大文字の引数を小文字に変換する。
toupper, _toupper, towupper 小文字の引数を大文字に変換する。
towctrans 指定されたマッピング記述子に従って,1 文字のワイド文字を別の文字に変換する。
wcstombs マルチバイト文字に対応するワイド文字コード・シーケンスをマルチバイト文字シーケンスに変換する。
wctob ワイド文字が 1 バイトのマルチバイト文字に対応するかどうか判断し,そのマルチバイト文字表現を返す。
wctomb ワイド文字をマルチバイト文字表現に変換する。
wctrans 指定されたプロパティに対応するマッピングの記述を返す。この記述は後で towctrans の呼び出しで使用できる。
wctype 現在のロケールで定義されている正しい文字クラスを, wctype_t 型のオブジェクトに変換する。
文字列の操作
atof 指定された文字列を倍精度数値に変換する。
atoi, atol ASCII 文字列を適切な数値に変換する。
atoll, atoq (Alpha, I64) ASCII 文字列を __int64 に変換する。
basename パス名の最後のコンポーネントを返す。
dirname ファイル・パス名の親ディレクトリ名を報告する。
strcat, strncat, wcscat, wcsncat 1 つの文字列を別の文字列の末尾に追加する。
strchr, strrchr, wcschr, wcsrchr ヌル区切り文字列の中で指定された文字の最初または最後の発生箇所のアドレスを返す。
strcmp, strncmp, strcoll, wcscmp, wcsncmp, wcscoll 2 つの文字列を比較し,最初の文字列の各文字の値が 2 番目の文字列の値より小さいか,等しいか,大きいかを示す。結果に応じて負の整数,0,正の整数のいずれかを返す。
strcpy, strncpy, wcscpy, wcsncpy 1 つの文字列全体またはその一部を別の文字列にコピーする。
strxfrm, wcsxfrm strcmp または wcscmp 関数を使用して比較できるように,マルチバイト文字列を別の文字列に変換する。
strcspn, wcscspn 指定された文字セットに含まれる文字を文字列から検索する。
strlen, wcslen 文字列の長さを返す。返される長さには,文字列の末尾のヌル文字 (\0) は含まれない。
strpbrk, wcspbrk 指定された文字セットに含まれる文字の発生箇所を文字列から検索する。
strspn, wcsspn 指定された文字セットに含まれない文字の発生箇所を文字列から検索する。
strstr, wcswcs 指定された文字セットに含まれる文字の最初の発生箇所を文字列から検索する。
strtod, wcstod 指定された文字列を倍精度の数値に変換する。
strtok, wcstok テキスト・トークンを指定された文字列に配置する。
strtol, wcstol 文字列の最初の部分を符号付きロング整数に変換する。
strtoll, strtoq (Alpha, I64) 文字列の最初の部分を符号付き __int64 に変換する。
strtoul, wcstoul 文字列の最初の部分を符号なしロング整数に変換する。
strtoull, strtouq (Alpha, I64) 文字列を指すポインタによって示される文字列の最初の部分を符号なし __int64 に変換する。
文字列の処理 --- バイナリ・データへのアクセス
bcmp バイト列を比較する。
bcopy バイト列をコピーする。
bzero ヌル文字をバイト列にコピーする。
memchr, wmemchr 検索するオブジェクトの最初の長さの範囲内から,指定されたバイトの最初の発生箇所を検索する。
memcmp, wmemcmp 2 つのオブジェクトをバイト単位で比較する。
memcpy, memmove, wmemcpy, wmemmove 指定されたバイト数を 1 つのオブジェクトから別のオブジェクトにコピーする。
memset, wmemset 指定されたオブジェクト内の指定されたバイト数を指定された値に設定する。
引数リストの処理 --- 可変長引数リストへのアクセス
va_arg 引数リストの次のアイテムを返す。
va_count 引数リストでロングワード (VAX only) またはクォドワード (Alpha only) の数を返す。
va_end va_start セッションを終了する。
va_start, va_start_1 変数を引数リストの先頭に初期化する。
vfprintf, vprintf, vsprintf 引数リストをもとに書式設定された出力を印刷する。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項