日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 COM for OpenVMS に関するリリース・ノート
第 2 章 OpenVMS Registry に関するリリース・ノート
第 1 部 COM for OpenVMS
第 3 章 COM for OpenVMS の概要
第 4 章 COM for OpenVMS キットのインストール
第 5 章 アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMS ユーティリティ
第 6 章 COM for OpenVMS アプリケーションの開発
第 2 部 OpenVMS Registry
第 7 章 OpenVMS Registry の概要
第 8 章 OpenVMS Registry システム管理
第 9 章 OpenVMS Registry サーバの管理
第 10 章 OpenVMS Registry システム・サービス
第 3 部 OpenVMS Events
第 11 章 OpenVMS Events
第 4 部 認証
第 12 章 認証
第 5 部 付録
付録 A MIDL コンパイラのオプション
付録 B トラブルシューティング
付録 C クックブックの例: OpenVMS でのサンプル・アプリケーションの作成
付録 D COM Version 1.0 for OpenVMS から COM Version 1.1 for OpenVMS へのアップグレード
付録 E 相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F COM for OpenVMS によりインストールされたファイル一覧
付録 G 用語集
付録 H 略語集
  索引
 
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 COM for OpenVMS に関するリリース・ノート
     1.1     リリース・ノート
         1.1.1         COM Version 1.0 for OpenVMS から COM Version 1.1 for OpenVMS へのアップグレード
         1.1.2         DCOM$RPCSS プロセス・リソース全部の消費
         1.1.3         IDispatch インタフェースを介して値を渡すときの浮動小数点の制限事項
         1.1.4         COM for OpenVMS を実行するには,DECwindows Motif ® が必要
         1.1.5         MIDL -w スイッチ
         1.1.6         MIDL コンパイラは wchar_t リテラルを char として取り扱う
         1.1.7         プロセス内サーバのリモートからのアクティブ化
         1.1.8         COM for OpenVMS のセキュリティ:COM Version 1.0 for OpenVMS と COM Version 1.1 for OpenVMS の相違点
         1.1.9         DCOM$CNFG ユーティリティとアプリケーションの無効化:操作によって起こる副次作用
         1.1.10          COM for OpenVMS でサポートされるスレッド・モデル
         1.1.11         COM for OpenVMS Service Control Manager の起動とシャットダウンの変更
         1.1.12         CoQueryProxyBlanket ( ) とCoQueryClientBlanket ( ) は有効な主名文字列を返さない
         1.1.13         ローカル・サーバ・パスに対して論理名を使用する登録済みアプリケーション
         1.1.14         SAFEARRAY の制約
         1.1.15         COM Version 1.0 for OpenVMS と COM Version 1.1 for OpenVMS は同じクラスタ内でサポートされない
         1.1.16         COM for Version 1.1 for OpenVMS 用に OpenVMS Registry の値の再登録が必要
         1.1.17         拡張 NTLM を有効にした状態での SP4 はサポートされない
         1.1.18         信頼されるドメインの認証をサポートするためのパッチ・キット
         1.1.19         IGNORE_EXTAUTH をサポートするためのパッチ・キット
         1.1.20         DCOM$RPCSS は再起動時にストールする
         1.1.21         2 つの OpenVMS システム間での COM for OpenVMS の使用
         1.1.22         特定のエラー・メッセージ
             1.1.22.1             RPC Cannot Support エラー (800706E4)
             1.1.22.2             RPC Server Unavailable エラー (800706BA)
             1.1.22.3             RPC WHO_ARE_YOU エラー (EE1282FA)
             1.1.22.4             RPC PROTOCOL エラー (800706C0)
第 2 章
2 OpenVMS Registry に関するリリース・ノート
     2.1     リリース・ノート
         2.1.1         キーの属性の変更時にキー変更が通知されない
         2.1.2         データベース検索の制限
         2.1.3         キー・アクセス・ポリシー
         2.1.4         OpenVMS Registry の最大データ・サイズの制限
         2.1.5         REG$_EXQUOTA エラー
         2.1.6         OpenVMS Registry の最大データベース・サイズの制限
第 1 部
第 1 部 COM for OpenVMS
第 3 章
3 COM for OpenVMS の概要
     3.1     COM とは
         3.1.1         参考文献
     3.2     COM for OpenVMS の概要
         3.2.1         COM for OpenVMS での OpenVMS Registry の使用
     3.3     COM for OpenVMS の使用
         3.3.1         新規アプリケーションの開発
         3.3.2         既存のアプリケーションのカプセル化
     3.4     OpenVMS MIDL コンパイラ
第 4 章
4 COM for OpenVMS キットのインストール
     4.1     COM Version 1.1 for OpenVMS キットの内容
     4.2     インストールの要件
     4.3     サポートされる COM for OpenVMS のインストール・オプション
     4.4     OpenVMS スタンドアロン・システムでの COM for OpenVMS のインストール
     4.5     OpenVMS スタンドアロン・システムでの COM Version 1.0 for OpenVMS からのアップグレード
     4.6     OpenVMS Cluster での COM for OpenVMS のインストール
     4.7     OpenVMS Cluster での COM for OpenVMS のアップグレード
     4.8     OpenVMS の外部認証
         4.8.1         外部認証での LOGINOUT.EXE の使用
         4.8.2         DCE 統合ログインの制限
     4.9     COM for OpenVMS 環境とは
         4.9.1         COM for OpenVMS Service Control Manager (SCM)
         4.9.2          OpenVMS Registry サーバ
         4.9.3          Advanced Server for OpenVMS サーバ
         4.9.4         ACME サーバ
         4.9.5         RPC エンドポイント・マッパ
         4.9.6         RPC および SSPI/NTLM レイヤ
         4.9.7          OpenVMS Events
     4.10     COM for OpenVMS のインストール
     4.11     COM for OpenVMS のインストールの後処理
     4.12     COM for OpenVMS の起動(COM for OpenVMS Service Control Manager)
         4.12.1         リブート後の COM for OpenVMS の自動起動
     4.13     COM for OpenVMS (COM for OpenVMS Service Control Manager のシャットダウン)
         4.13.1         DCOM$SHUTDOWN の確認要求を行わない設定
第 5 章
5 アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMS ユーティリティ
     5.1     DCOM$SETUP ユーティリティ
     5.2     DCOM$SETUP の実行
         5.2.1         DCOM$RPCSS アカウントの作成と構成
         5.2.2         COM サーバ (DCOM$RPCSS Process)の起動と停止
         5.2.3         アプリケーションの登録
     5.3     DCOM$CNFG の実行
         5.3.1         DCOM$CNFG の「Application List」サブメニュー
         5.3.2         「Registry Value Permissions」サブメニュー
         5.3.3         「Registry Key Permissions」サブメニュー
         5.3.4         「Application Identity」サブメニュー
         5.3.5         DCOM$CNFGの「System-wide Default Properties」サブメニュー
         5.3.6         「System-wide Default Security」サブメニュー
     5.4     Windows NT ドメインを介した認証の構成
     5.5     プロセス内サーバの登録: DCOM$REGSVR32 ユーティリティ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項