日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引

第 6 章
6 COM for OpenVMS アプリケーションの開発
     6.1     ステップ 1: 一意識別子を生成する
     6.2     ステップ 2: MIDL コンパイラを使用してアプリケーションを構築する
         6.2.1         MIDL コンパイラの実行
         6.2.2         DCOM$RUNSHRLIB による MIDL コンパイラの実行
         6.2.3         必須 MIDL スイッチ
         6.2.4         必須インクルード・ディレクトリ
         6.2.5         必須ヘッダ・ファイル
     6.3     ステップ 3: COM アプリケーションをコンパイルする
         6.3.1         必要なマクロ定義
         6.3.2         必要なインクルード・ディレクトリ
         6.3.3         必要なヘッダ・ファイル: VMS_DCOM.H
         6.3.4         必要な C++ 修飾子
         6.3.5         必要な C 修飾子
     6.4     ステップ 4: COM アプリケーションをリンクする
         6.4.1         クライアントとプロセス外コンポーネントのリンク
         6.4.2         プロセス内コンポーネント共用可能イメージのリンク
             6.4.2.1             シンボル・ベクタの作成
         6.4.3         プロキシ/スタブ共用可能イメージのリンク
             6.4.3.1             シンボル・ベクタの作成
     6.5     必要な OpenVMS Registry エントリ
         6.5.1         HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID
             6.5.1.1             コンポーネント CLSID
             6.5.1.2             プロキシ/スタブ CLSID
         6.5.2         HKEY_CLASSES_ROOT\インタフェース
     6.6     OpenVMS および Windows のエラー・コードのテキストへの変換
    コマンド 1     NTA$VMSGetMessage
第 2 部
第 2 部 OpenVMS Registry
第 7 章
7 OpenVMS Registry の概要
     7.1     レジストリとは
         7.1.1         参考文献
     7.2     OpenVMS Registry の概念と定義
         7.2.1         キー,サブキー,値
             7.2.1.1             キーと値の揮発性
             7.2.1.2             キーのライトスルーとライトバック
             7.2.1.3             他のキーと値へのキーのリンク
             7.2.1.4             OpenVMS Registry キーと値の名前の作成規則
         7.2.2         クラス
         7.2.3         ハイブ
     7.3     OpenVMS Registry の構造
     7.4     OpenVMS Registry への読み込みと書き込み
         7.4.1         $REGISTRY システム・サービス
         7.4.2         REG$CP サーバ管理ユーティリティ
     7.5     OpenVMS Registry のセキュリティ
         7.5.1         OpenVMS セキュリティ・モデル
             7.5.1.1             AUTHORIZE ユーティリティによる OpenVMS Registry へのアクセス・ライトの付与
         7.5.2         Windows NT のセキュリティ・モデル
     7.6     OpenVMS Registry サーバ操作の制御
         7.6.1         Maximum Reply Age/Age Checker Interval 設定の定義
         7.6.2         Database Log Cleaner Interval/Initial Log File Size 設定の定義
         7.6.3         Default File Quota/File Quota Interval 設定の定義
         7.6.4         Scan Interval 設定の定義
         7.6.5         Log Registry Value Error 設定の定義
         7.6.6         Operator Communications Interval 設定の定義
         7.6.7         Process Time Limit 設定の定義
         7.6.8         Reply Log Cleaner Interval 設定の定義
         7.6.9         Snapshot Interval/Snapshot Location/Snapshot Versions 設定の定義
         7.6.10         Write Retry Interval 設定の定義
第 8 章
8 OpenVMS Registry システム管理
     8.1     OpenVMS Registry のインストール
     8.2     OpenVMS Registry の構成:REG$CONFIG Configuration ユーティリティ
         8.2.1         OpenVMS Registry の値の構成
     8.3     OpenVMS Registry の起動
         8.3.1         OpenVMS Registry の手動起動
     8.4     OpenVMS Registry のシャットダウン
     8.5     OpenVMS Registry サーバのコマンド
    コマンド 2     SHOW SERVER REGISTRY_SERVER
    コマンド 3     SET SERVER REGISTRY_SERVER
     8.6     クラスタ内での OpenVMS Registry のフェールオーバ
         8.6.1         OpenVMS Registry サーバ・プロセスの優先順位の変更
     8.7     Windows NT システムからの OpenVMS Registry への接続
     8.8     OpenVMS Registry クォータ
     8.9     OpenVMS Registry のセキュリティ
     8.10     OpenVMS Registry データベースのバックアップと復元
     8.11     OpenVMS Alpha 複合バージョン・クラスタでのOpenVMS Registry の使用
     8.12     国際化と Unicode のサポート
第 9 章
9 OpenVMS Registry サーバの管理
     9.1     コマンド・ラインからの OpenVMS Registry サーバの管理
     9.2     OpenVMS Registry データベースのバックアップと復元
         9.2.1         OpenVMS Registry データベースのスナップショットの作成
         9.2.2         OpenVMS Registry データベースのスナップショットの復元
     9.3     OpenVMS Registry サーバ管理ユーティリティの構文
    コマンド 4     CREATE DATABASE
    コマンド 5     CREATE KEY
    コマンド 6     CREATE SNAPSHOT
    コマンド 7     CREATE VALUE
    コマンド 8     DELETE KEY
    コマンド 9     DELETE VALUE
    コマンド 10     EXPORT
    コマンド 11     IMPORT
    コマンド 12     LIST KEY
    コマンド 13     LIST VALUE
    コマンド 14     MODIFY KEY
    コマンド 15     MODIFY VALUE
    コマンド 16     MODIFY TREE
    コマンド 17     SEARCH KEY
    コマンド 18     SEARCH VALUE
    コマンド 19     SHOW
    コマンド 20     START MONITORING
    コマンド 21     STOP
    コマンド 22     ZERO COUNTERS


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項