日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引


有効な NT アクセス・トークンを提供せず,SYSPRV特権もない場合は, OpenVMS Registry ライト識別子が必要です。REG$UPDATE識別子が与えられている場合は, 表 10-3 に示されているすべての機能を実行できます。

表 10-3 有効な機能コード
機能コード 識別子 説明
REG$FC_CLOSE_KEY REG$LOOKUP 開かれているキーまたはサブキーを閉じる。
REG$FC_CREATE_KEY REG$UPDATE サブキーを作成して開く。
REG$FC_DELETE_KEY REG$UPDATE サブキーをキーから削除する。
REG$FC_DELETE_VALUE REG$UPDATE 値をキーから削除する。
REG$FC_ENUM_KEY REG$LOOKUP キーのサブキーを一覧表示する。
REG$FC_ENUM_VALUE REG$LOOKUP キーの値を一覧表示する。
REG$FC_FLUSH_KEY REG$UPDATE キーのすべての情報をディスクにバックアップする。
REG$FC_MODIFY_KEY REG$UPDATE キーを変更する。
REG$FC_MODIFY_TREE_KEY REG$UPDATE キーとそのすべてのサブキーを変更する。
REG$FC_NOTIFY_CHANGE_KEY_VALUE REG$UPDATE キーまたは値が変更されたときに,そのことを通知する。
REG$FC_OPEN_KEY REG$LOOKUP キーまたはサブキーを開く。
REG$FC_QUERY_KEY REG$LOOKUP キーに関する情報を取り込む。
REG$FC_QUERY_VALUE REG$LOOKUP 値に関する情報を取り込む。
REG$FC_SEARCH_TREE_DATA REG$LOOKUP キーとそのサブキーの値データを検索する。
REG$FC_SEARCH_TREE_KEY REG$LOOKUP キーとそのサブキーの名前を検索する。
REG$FC_SEARCH_TREE_VALUE REG$LOOKUP キーとそのサブキーの値を検索する。
REG$FC_SET_VALUE REG$UPDATE 値名に関連付けられているデータを変更する。



REG$FC_CLOSE_KEY

この要求は指定されたキーの開かれているリソースを解放します。REG$_KEYIDが定義済みキーを示す場合は,システムはこの要求を無視し,正常終了を返します。

次のいずれかのアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力



REG$FC_CREATE_KEY

キーが存在しない場合,この要求は REG$_KEYIDによって指定されるキーの下に新しいサブキーを作成します。キーが存在する場合,そのキーは変更されません。

REG$_KEYRESULTアイテム・コードを指定した場合は,指定したサブキーが開かれます。

結果は REG$_DISPOSITIONアイテム・コード・バッファに返されます。

この機能コードを使用すると,複数の要求を $REGISTRY サービスに対する 1 つの呼び出しにまとめて指定できます。この複数要求機能を使用するには, REG$_SEPARATORアイテム・コードを使用して,現在の要求のアイテム・コード・セットの最後を示し,その後に別の要求が続くことを指定しなければなりません。

キーの値を設定するには, REG$FC_SET_VALUE機能コードを指定して $REGISTRY サービスを呼び出します。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_CACHEACTION 省略可能 入力
REG$_CLASSNAME 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_DISPOSITION 省略可能 出力
REG$_KEYFLAGS 省略可能 入力
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYRESULT 省略可能 出力
REG$_LINKPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_LINKTYPE 省略可能 入力
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力
REG$_SECACCESS 省略可能 入力
REG$_SECURITYPOLICY 省略可能 入力
REG$_SEPARATOR 省略可能 なし
REG$_SUBKEYNAME 必須 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_VOLATILE 省略可能 入力

REG$_LINKPATHアイテム・コードを指定する場合は, OpenVMS Registry にすでに定義されているキー・パスを指すコードを指定しなければなりません。この条件を満たさないと, REG$_INVALIDPATHエラーが返されます。

注意

REG$_CACHEACTIONアイテム・コードを指定しないと,親キーと同じキャッシュ・アクション値を使用して新しいキーが作成されます。 REG$_VOLATILEアイテム・コードと REG$_SECURITYPOLICYアイテム・コードに同じ規則が適用されます。



REG$FC_DELETE_KEY

この要求は,指定されたサブキーとその値を OpenVMS Registry データベースから削除します。指定されたキーにサブキーがある場合,そのキーは削除されません。その場合は,サブキーを最初に削除しなければなりません。

この機能コードを使用すると,複数の要求を $REGISTRY サービスに対する 1 つの呼び出しにまとめることができます。この複数要求機能を使用するには, REG$_SEPARATORアイテム・コードを使用して,現在の要求のアイテム・コード・セットの最後を示し,その後に別の要求が続くことを指定しなければなりません。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力
REG$_SEPARATOR 省略可能 なし
REG$_SUBKEYNAME 必須 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)



REG$FC_DELETE_VALUE

この要求は,指定された値をキーから削除します。

この機能コードを使用すると,複数の要求を $REGISTRY サービスに対する 1 つの呼び出しにまとめることができます。この複数要求機能を使用するには, REG$_SEPARATORアイテム・コードを使用して,現在の要求のアイテム・コード・セットの最後を示し,その後に別の要求が続くことを指定しなければなりません。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力
REG$_SEPARATOR 省略可能 なし
REG$_VALUENAME 必須 入力



REG$FC_ENUM_KEY

この要求は,キーの 1 つのサブキーに関する情報を取得します。サブキーは REG$_SUBKEYINDEXアイテム・コードに指定します。キーのすべてのサブキーを列挙するには, REG$FC_ENUM_KEY機能コードを使用して $REGISTRY サービスを繰り返し呼び出さなければなりません。 REG$_SUBKEYINDEXを最初は 0 に設定して,要求から REG$_NOMOREITEMSエラーが返されるまで,カウントに 1 を加算します。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_CACHEACTION 省略可能 出力
REG$_CLASSNAME 省略可能 出力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_KEYFLAGS 省略可能 出力
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_LASTWRITE 省略可能 出力
REG$_LINKCOUNT 省略可能 出力
REG$_LINKPATH 省略可能 出力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_LINKTYPE 省略可能 出力
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力
REG$_SECURITYPOLICY 省略可能 出力
REG$_SUBKEYINDEX 必須 入力
REG$_SUBKEYNAME 省略可能 出力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_VOLATILE 省略可能 出力



REG$FC_ENUM_VALUE

この要求は,指定されたキー識別子の値に関する情報を取得します。取得する値は REG$_VALUEINDEXアイテム・コードに指定します。

キーのすべての値を列挙するには,アプリケーションで REG$FC_ENUM_VALUE機能コードを使用して $REGISTRY サービスを繰り返し呼び出さなければなりません。 REG$_VALUEINDEXの値を最初は 0 に設定して,要求から REG$_NOMOREITEMSエラーが返されるまで,カウントに 1 を加算します。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_DATAFLAGS 省略可能 出力
REG$_DATATYPE 省略可能 出力
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力
REG$_VALUEDATA 省略可能 出力
REG$_VALUEINDEX 必須 入力
REG$_VALUENAME 省略可能 出力
REG$_VOLATILE 省略可能 出力



REG$FC_FLUSH_KEY

この要求は,指定されたキーに関するすべての情報をディスクに書き込みます。この要求では,操作の完了後に制御が戻され,キーのすべての属性が OpenVMS Registry データベースに書き込まれます。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力



REG$FC_MODIFY_KEY

この要求は指定されたキーの属性を変更します。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_CACHEACTION 省略可能 入力
REG$_CLASSNAME 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_KEYFLAGS 省略可能 入力
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_LINKPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_LINKTYPE 省略可能 入力
REG$_NEWNAME 省略可能 入力
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力
REG$_SECURITYPOLICY 省略可能 入力

指定されたキーからリンクを削除するには,アドレスを 0 に設定して REG$_LINKPATHアイテム・コードを入力します。値またはサブキー (またはその両方) があるキーにリンクを追加することはできません。

REG$FC_MODIFY_TREE_KEY

この要求は,指定されたキーとそのすべてのサブキーの属性を変更します。リンクは追跡されず,変更されません。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_CACHEACTION 省略可能 入力
REG$_CLASSNAME 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力
REG$_SECURITYPOLICY 省略可能 入力



REG$FC_NOTIFY_CHANGE_KEY_VALUE

この要求は,指定されたキーまたはそのサブキーが変更されたときに,呼び出しプロセスにそのことを通知します。つまり,要求された機能は制御を戻す前に,指定された条件が発生するのを待ちます。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_FLAGSUBKEY 必須 入力
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_NOTIFYFILTER 必須 入力
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力



REG$FC_OPEN_KEY

この要求は指定されたキーを開きます。サブキーを指定しなかった場合は,REG$_KEYIDに指定されているキーが開かれます。REG$_KEYIDに定義済みキー以外のキーが指定された場合は,そのキーを再び開きます (キーを複製します)。

次のアイテム・コードを指定します。

アイテム・コード 必須 パラメータの種類
REG$_KEYID 必須 入力
REG$_KEYRESULT 必須 出力
REG$_KEYPATH 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)
REG$_RETURNSTATUS 省略可能 出力
REG$_SECACCESS 必須 入力
REG$_SUBKEYNAME 省略可能 入力 (Unicode 文字列を示すポインタ。Unicode 文字は 4 バイトの長さである。)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡