日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引




指定されたキーのすべての値と値の属性を表示します。

注意

シンボリック・リンクはサポートされていません。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$LOOKUPライト識別子が必要です。


形式

LIST VALUE key-name


パラメータ



key-name

列挙するキーの名前を指定します。

修飾子



/FULL

表示可能なすべての情報,つまり /TYPE_CODE,/LINK_PATH, /DATA_FLAGS,/VALUE_DATA 修飾子で表示される情報を表示します。

/TYPE_CODE

値のタイプ・コードを表示します。

/FLAGS

値のデータ・フラグの ASCII 表現を 16 進数で表示します。

/LINK_PATH

サブキーのリンク先のキー・パスを表示します。

/DATA

値の ASCII 表現を 16 進数で表示します。

/OUTPUT=file-spec

コマンドの出力先を指定します。ファイル名を指定しなかった場合は,デフォルト・ファイル名 REGISTRY.LISが使用されます。


REG> LIST VALUE/TYPE_CODE/DATA HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\FORTRAN 
 
   Key name:            HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\FORTRAN 
   Security policy:     REG$K_POLICY_NT_40 
   Volatile:            REG$K_NONE 
   Last written:        11-AUG-1998 16:27:55.81 
 
   Value(s): 
 
     Value name:   Version 
     Volatile:     REG$K_NONE 
     Type:         REG$K_SZ 
     Data:         5.3-50 
 
     Value name:   Date Installed 
     Volatile:     REG$K_NONE 
     Type:         REG$K_SZ 
     Data:         04-Jan-1998 

この例の LIST VALUE/TYPE_CODE/DATAコマンドは, FORTRANキーとその値の名前,タイプ,データを表示します。




指定されたキーの属性を変更します。

重要

キーを変更すると,シンボリック・リンクは無効になります。これは,シンボリック・リンクによって示されるキーではなく,指定されたキーが変更されるからです。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$UPDATEライト識別子が必要です。


形式

MODIFY KEY key-name


パラメータ



key-name

変更するキーの名前を指定します。

修飾子



/CACHE_ACTION=value

新しいキーのキャッシュ属性を指定します。value は WRITEBEHIND (デフォルト) または WRITETHRU (ディスクに直ちに書き込む) のいずれかです。

/CLASS_NAME=string

キーの新しいクラス名を指定します。

/WRITEBEHIND
/NOWRITEBEHIND (デフォルト)

キー情報をディスクに直ちに書き込まなければならないことを指定します。/NOWRITEBEHIND はライトスルー操作を指定します。

/NEW_NAME=new-key-name

キーの新しい名前を指定します。

/SECPOLICY=policy

キーのセキュリティ・ポリシーを定義します。現在指定できるポリシーは NT_40だけです。

/LINK=(TYPE=value, NAME=key-name)

キーを別のキーへのリンクとして定義します。リンク値は次のいずれかでなければなりません。

  • SYMBOLICLINK

  • NONE

リンクを削除するには,次のように入力します。


/LINK=(TYPE=NONE,NAME="") 



REG> MODIFY KEY/CACHE_ACTION=WRITEBEHIND 
HKEY_USERS\GUEST

GUESTキーのキャッシュ属性を変更します。




指定された値のデータ・コンポーネントを指定します。このコマンドは既存の値を変更します。

重要

値を変更すると,シンボリック・リンクは無効になります。これは,シンボリック・リンクによって示される値ではなく,指定された値が変更されるからです。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$UPDATEライト識別子が必要です。


形式

MODIFY VALUE /NAME=string key-name


パラメータ



key-name

値を設定するキーの名前を指定します。

修飾子



/FLAGS=flag

データ・フラグの値を指定します。これはアプリケーションに依存する 64 ビットのフラグであり,0x を先頭に付けた 10 進数,または %X を先頭に付けた 16 進数として指定します。

/WRITEBEHIND
/NOWRITEBEHIND (デフォルト)

値情報をディスクに直ちに書き込まなければならないことを指定します。 /NOWRITEBEHIND はライトスルー操作を指定します。

/DATA=value

値のデータを指定します。値は次のいずれかです。

  • 文字列 (たとえば, /DATA=COSMOS)

  • カンマで区切り,括弧で囲んだ文字列配列 (たとえば, /DATA=(COSMOS,Noidea)

  • 8 進数 (%O),10 進数,16 進数 (%X) のいずれかの形式のロングワード (たとえば, /DATA=%X1A0FCBまたは /DATA=1234)



/NAME=string

値の名前を指定します。

/TYPE_CODE=type

新しい値のタイプを指定します。タイプは次のいずれかでなければなりません。

  • SZ: 最後が Null の Unicode 文字列

  • EXPAND_SZ: Unicode 文字列

  • MULTI_SZ: SZ 文字列を連結した配列

  • DWORD: 32 ビット数値



/LINK=(TYPE=value, NAME=key-name)

キーを別のキーへのリンクとして定義します。リンク値は次のいずれかでなければなりません。

  • SYMBOLICLINK

  • NONE

リンクを削除するには,次のように入力します。


/LINK=(TYPE=NONE,NAME="") 



REG> MODIFY VALUE/DATA=COSMOS/TYPE=SZ/NAME=COMPUTERNAME HKEY_LOCAL_MACHINE\NODE

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\NODECOMPUTERNAMEという値を作成し,タイプ・コードを SZに,データ値を COSMOSに設定します。




指定されたキーとそのサブキーの情報を変更します。

重要

ツリーを変更すると,シンボリック・リンクは無効になります。これは,シンボリック・リンクによって示されるキーではなく,指定されたキーとサブキーが変更されるからです。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$UPDATEライト識別子が必要です。


形式

MODIFY TREE key-name


パラメータ



key-name

変更するキーの名前を指定します。

修飾子



/CACHE_ACTION=value

キーとそのサブキーのキャッシュ属性を指定します。 value は WRITEBEHIND (デフォルト) または WRITETHRU (ディスクに直ちに書き込む) のいずれかです。

/CLASS_NAME=string

指定されたキーとそのすべてのサブキーの新しいクラス名を指定します。

/WRITEBEHIND
/NOWRITEBEHIND (デフォルト)

キー情報をディスクに直ちに書き込まなければならないことを指定します。 /NOWRITEBEHIND はライトスルー操作を指定します。

/SECPOLICY=policy

キーのセキュリティ・ポリシーを定義します。現在指定できるポリシーは NT_40だけです。


REG> MODIFY TREE/CACHE_ACTION=WRITEBEHIND HKEY_USERS\GUEST

GUESTキーとそのすべてのサブキーのキャッシュ属性を変更します。




指定されたキーと一致するすべてのキーのパス名を表示します。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$LOOKUPライト識別子が必要です。


形式

SEARCH KEY key-search


パラメータ



key-search

検索するキーの名前を指定します。

修飾子



/OUTPUT=file-spec

コマンドの出力先を指定します。ファイル名を指定しなかった場合は,デフォルト・ファイル名 REGISTRY.LISが使用されます。


REG> SEARCH KEY HKEY_LOCAL_MACHINE\...\NODE
HARDWARE\CLUSTER\NODE 
HARDWARE\LOCAL\NODE  
NODE  

HKEY_LOCAL_MACHINE\...\NODEと一致するすべてのキー・パスが表示されます。繰り返し記号 (...) ワイルドカードは, HKEY_LOCAL_MACHINEエントリ・ポイントと NODEサブキーの間にサブキーがいくつあってもかまわないことを指定します。検索で大文字と小文字は区別されません。




指定された値名と一致するすべての値のパス名を表示します。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$LOOKUPライト識別子が必要です。


形式

SEARCH VALUE key-name value-name


パラメータ



key-name

検索するキー・パスの名前を指定します。

value-name

検索する値の名前を指定します。

修飾子



/OUTPUT=file-spec

コマンドの出力先を指定します。ファイル名を指定しなかった場合は,デフォルトのファイル名 REGISTRY.LISが使用されます。


REG> SEARCH VALUE HKEY_LOCAL_MACHINE\... *AM%
HARDWARE\CLUSTER\Name  
HARDWARE\CLUSTER\NODE\Name  
HARDWARE\LOCAL\NODE\Name  
NODE\COMPUTERNAME  

HKEY_LOCAL_MACHINE\...\*am%と一致するすべての値の名前が表示されます。繰り返し記号 (...) ワイルドカードは, HKEY_LOCAL_MACHINEエントリ・ポイントと *am%値名の間にサブキーがいくつあってもかまわないことを指定します。検索で大文字と小文字は区別されません。




OpenVMS Registry サーバの内部統計情報とその他の情報を表示します。

  • SHOW COUNTERS
    OpenVMS Registry サーバからの監視情報を表示します。

  • SHOW FILE
    OpenVMS Registry サーバにロードされたファイルの状態情報を表示します。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$PERFORMANCEライト識別子が必要です。


形式

SHOW COUNTERS/FILE [name]

SHOW FILE [name]


パラメータ



name

ファイルを識別します (/FILE 修飾子と組み合わせて使用しなければなりません)。

修飾子



/FILE

指定されたファイルまたはすべてのファイルのカウンタを表示します。

/PERFORMANCE

パフォーマンス・カウンタを表示します。

/OUTPUT=file-spec

コマンドの出力先を指定します。ファイル名を指定しなかった場合は,デフォルトのファイル名 REGISTRY.LISが使用されます。


REG> SHOW COUNTERS/FILE

OpenVMS Registry サーバからの監視情報を表示します。




OpenVMS Registry サーバ内で監視コンポーネントを起動します。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$PERFORMANCEライト識別子が必要です。


形式

START MONITORING/FILE [name]

START MONITORING/PERFORMANCE


パラメータ



name

ファイルを指定します (/FILE 修飾子と組み合わせて使用しなければなりません)。

修飾子



/FILE

指定されたファイルまたはすべてのファイルのカウンタ情報の収集を開始します。

/PERFORMANCE

パフォーマンス・カウンタの情報収集を開始します。


REG> START MONITORING/PERFORMANCE

OpenVMS Registry の監視コンポーネントを有効にします。




OpenVMS Registry サーバ内で監視コンポーネントを停止します。

このコマンドは OpenVMS Registry サーバ内で監視コンポーネントを停止するときに使用します。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$PERFORMANCEライト識別子が必要です。


形式

STOP MONITORING/FILE [name]

STOP MONITORING/PERFORMANCE


パラメータ



name

ファイルを指定します (/FILE 修飾子と組み合わせて使用しなければなりません)。

修飾子



/FILE

指定されたファイルまたはすべてのファイルのカウンタ情報の収集を停止します。

/PERFORMANCE

パフォーマンス・カウンタ情報の収集を停止します。


REG> STOP MONITORING/PERFORMANCE

OpenVMS Registry の監視コンポーネントを無効にします。




OpenVMS Registry サーバのカウンタを初期化します。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権または REG$PERFORMANCEライト識別子が必要です。


形式

ZERO COUNTERS/FILE [name]

ZERO COUNTERS/PERFORMANCE


パラメータ



name

ファイルを指定します (/FILE 修飾子と組み合わせて使用しなければなりません)。

修飾子



/FILE

指定されたファイルまたはすべてのファイルのファイル・カウンタを初期化します。

/PERFORMANCE

すべてのパフォーマンス・カウンタを初期化します。


REG> ZERO COUNTERS/PERFORMANCE

パフォーマンス・カウンタをリセットします。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項