日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引



OpenVMS Registry データベースに書き込むときに, OpenVMS Registry がエラーを検出すると, OpenVMS Registry サーバは Write Retry Interval 設定によって指定される間隔で書き込みを再実行します。

デフォルト設定では, OpenVMS Registry サーバは OpenVMS Registry データベースへの書き込みが失敗した場合, 5 秒ごとに書き込みを再実行します。

設定名 デフォルト値 最小値 最大値
Writer Retry Interval 5 1 30

第 8 章
OpenVMS Registry システム管理



OpenVMS Registry サーバは, OpenVMS バージョン 7.2-1 システム・インストールの一部としてインストールされます。

OpenVMS Registry を使用する前に, OpenVMS Registry サーバを構成し, OpenVMS Registry データベースに情報を登録しなければなりません。 OpenVMS Registry サーバの構成の詳細については, 第 8.2 節 を参照してください。 OpenVMS Registry データベースへの情報の格納については, 第 5.2 節 を参照してください。

第 8.3 節 で説明するスタートアップ・プロセスを使用して, OpenVMS Registry サーバを初めて起動するときに, OpenVMS システムは OpenVMS Registry データベースを作成します。

OpenVMS Registry には複数の方法でアクセスできます。 OpenVMS Registry にアクセスする方法に応じて,次の製品をインストールしなければなりません。

  • COM API を使用して OpenVMS Registry にアクセスする場合は, COM for OpenVMS をインストールしなければなりません。詳細については, 第 4 章 を参照してください。

  • Windows NT アプリケーション RegEdt32を使用して OpenVMS Registry にアクセスする場合は,最初に Advanced Server for OpenVMS をインストールし,構成し,起動しなければなりません。詳細については, Advanced Server for OpenVMS のマニュアルを参照してください。

OpenVMS Registry サーバ管理ユーティリティや OpenVMS Registry システム・サービスを使用して, OpenVMS Registry にアクセスすることもできます。これらは OpenVMS バージョン 7.2-1 では OpenVMS Registry の一部としてインストールされます。

8.2 OpenVMS Registry の構成:REG$CONFIG Configuration ユーティリティ

OpenVMS Registry Configuration ユーティリティ (REG$CONFIG) は, OpenVMS Registry サーバの状態と OpenVMS Registry データベースの場所に関する情報を提供します。このユーティリティを使用すると, OpenVMS Registry 論理名とパスを変更できます。

OpenVMS Registry Configuration ユーティリティを起動するには,次のコマンドを入力します。


  $ @SYS$MANAGER:REG$CONFIG 

次のメニューが表示されます。


--------------------------------------------------------- 
 
        OpenVMS Registry Configuration Utility 
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
        1 - Configure OpenVMS Registry logical names and directory paths 
 
        2 - Display OpenVMS Registry logical names and directory paths 
 
        3 - Check the state of the OpenVMS Registry server 
 
        4 - Start the OpenVMS Registry server on this node 
 
        H - Help about this utility 
 
       [E] - Exit 
 
Please enter your choice : 
--------------------------------------------------------- 

オプションを選択するには,オプション番号を入力します。オプションは次のとおりです。

  • 1 - Configure OpenVMS Registry logical names and directory paths
    OpenVMS Registry サーバのスタートアップ値を構成し, OpenVMS Registry データベースの場所を指定できます。
    この手順については, 第 8.2.1 項 を参照してください。

  • 2 - Display OpenVMS Registry logical names and directory paths
    このノードの OpenVMS Registry サーバ論理名 (スタートアップ値) と OpenVMS Registry データベースの場所の現在の値を表示します。

  • 3 - Check the state of the OpenVMS Registry server
    OpenVMS Registry サーバの現在の状態を表示します。次のいずれかが表示されます。


    The OpenVMS Registry server is started in the cluster. 
    The OpenVMS Registry server is started on this node. 
    The OpenVMS Registry server is not started. 
    

  • 4 - Start the OpenVMS Registry server on this node
    現在のノードで OpenVMS Registry サーバを起動します。次のメッセージが表示されます。


    The OpenVMS Registry server has successfully started. 
    

  • H - Help about this utility
    OpenVMS Registry Configuration ユーティリティのオプションに関するオンライン・ヘルプを表示します。

  • [E] - Exit
    OpenVMS Registry Configuration ユーティリティを終了します。

ヒント: Q (Quit) はいつでも入力可能

プロンプトに対して Qと入力すると,「 OpenVMS Registry Configuration Utility」メニューにいつでも戻ることができます。

論理名を構成しているときに Quit を使用した場合は,確認メッセージを受け取った値だけが更新されます。



次の質問が表示されます。

  1. スタンドアロンまたはクラスタ情報の入力が求められます。次のメッセージが表示されます。


    Is this system now a node in a cluster or will this system 
    become part of a cluster? (Y/N/Q): 
    

  2. REG$TO_BE_STARTED論理名に関する現在の情報が表示され,値を変更するかどうか質問されます。


                 - REG$TO_BE_STARTED - 
     
       [current value of REG$TO_BE_STARTED]
     
            NOTE: Setting this logical to TRUE starts the OpenVMS Registry 
              server automatically when the system boots. Setting this logical 
              to FALSE prevents the OpenVMS Registry server from starting 
              when the system boots and prevents other products from starting 
              the OpenVMS Registry server. If the OpenVMS Registry Server is not 
              started at boot time, but other products that require an OpenVMS 
              Registry server are able to start the OpenVMS Registry server, you 
              do not need to assign a value to this logical. 
     
    Do you want to change this value? (Y/N/Q) [Y]: 
    


    Yを選択すると,新しい値の入力が求められます。


    Enter the new value (TRUE/FALSE/NOVAL/Q): 
    


    次のいずれかの値を入力します。

    動作
    リブート時に OpenVMS Registry サーバを起動する。他の製品がサーバを起動することを許可する。 TRUE
    リブート時に OpenVMS Registry サーバを起動しない。他の製品がサーバを起動することを許可しない。 FALSE
    リブート時に OpenVMS Registry サーバを起動しない。他の製品がサーバを起動することを許可する (論理名の割り当てを解除する)。 NOVAL
    この手順を中止し,「 OpenVMS Registry Configuration Utility」メニューに戻る。 Q


    In which logical name table do you want the logical defined? 
           (SYSTEM/SYSCLUSTER/CLUSTER/Q) : 
    


    次のいずれかを入力します。

    動作
    REG$TO_BE_STARTED 論理名を LNM$SYSTEM 論理名テーブルに追加する。このテーブルには,システム内のすべてのプロセスで共用される名前が格納される。 SYSTEM
    REG$TO_BE_STARTED 論理名を LNM$SYSCLUSTER 論理名テーブルに追加する。このテーブルには OpenVMS Cluster 内のすべてのプロセスで共用される名前が格納される。 SYSCLUSTER
    REG$TO_BE_STARTED 論理名を LNM$CLUSTER 論理名テーブルに追加する。このテーブルはすべてのクラスタ単位の論理名テーブルの親テーブルである。 CLUSTER
    この手順を中断し,「 OpenVMS Registry Configuration Utility」メニューに戻る。 Q


    新しい値または更新した値を入力した後,システムから変更が確認され, SYLOGICALS.COM ファイルに追加しなければならない行が表示されます。


            The logical REG$TO_BE_STARTED has been temporarily defined. 
            Before you reboot the system you must edit your SYLOGICALS.COM 
            to include the line: 
     
            DEFINE/TABLE=table-name REG$TO_BE_STARTED 
    value
     
    Press [Enter] to continue. 
    

  3. SYS$REGISTRY論理名に関する現在の情報が表示され,値を変更するかどうか質問されます。


                 - SYS$REGISTRY logical - 
     
       current value of SYS$REGISTRY
     
            Note: When the OpenVMS Registry server is started, the system 
              creates an OpenVMS Registry database at this location. 
              If an OpenVMS Registry database already exists on your system, 
              you must redefine the SYS$REGISTRY logical to point to the 
              existing OpenVMS Registry database location. 
     
    Do you wish to change this value? (Y/N/Q) [Y]: 
    


    Yを選択すると,新しい値が求められます。


    Enter the new value for SYS$REGISTRY ("yourvalue"/NOVAL/Q): 
    


    次のいずれかを入力します。

    動作
    OpenVMS Registry データベースの新しい場所または変更した場所を定義する。 DKA0:[SYS$REGISTRY] などの有効なディレクトリ指定
    論理名の割り当てを解除する。 NOVAL
    この手順を中断し,「 OpenVMS Registry Configuration Utility」メニューに戻る。 Q

  4. 更新した値が表示され,値を確認するように求められます。


    You have entered:  value
    Is this correct? (Y/N/Q) [Y]: 
    

  5. 新しい論理名または更新した論理名を格納する論理名テーブル名の入力が求められます。


    In which logical name table do you want the logical defined? 
           (SYSTEM/SYSCLUSTER/CLUSTER/Q): 
    


    次のいずれかを入力します。

    動作
    SYS$REGISTRY 論理名を LNM$SYSTEM 論理名テーブルに追加する。このテーブルには,システム内のすべてのプロセスで共用される名前が格納される。 SYSTEM
    SYS$REGISTRY 論理名を LNM$SYSCLUSTER 論理名テーブルに追加する。このテーブルには, OpenVMS Cluster 内のすべてのプロセスで共用される名前が格納される。 SYSCLUSTER
    SYS$REGISTRY 論理名を LNM$CLUSTER 論理名テーブルに追加する。このテーブルはすべてのクラスタ単位の論理名テーブルの親テーブルである。 CLUSTER
    この手順を中断し,「 OpenVMS Registry Configuration Utility」メニューに戻る。 Q


    新しい値または更新した値を入力した後,変更が確認され, SYLOGICALS.COM ファイルに追加しなければならない行が表示されます。


            The logical SYS$REGISTRY has been temporarily defined. 
            Before you reboot the system you must edit your SYLOGICALS.COM file 
            to include the line: 
     
            DEFINE/TABLE=table-name SYS$REGISTRY 
    dir-spec
     
    Press [Enter] to continue. 
    

  6. OpenVMS Registry データベースの場所に関する情報が表示されます。


                 - SYS$REGISTRY directory - 
     
      [directory status]
     
    


    ディレクトリが存在しない場合,ディレクトリを作成するかどうか質問されます。


            !!Caution!!  When the OpenVMS Registry server starts, the system 
              creates an OpenVMS Registry database at this location. If you 
              already have an OpenVMS Registry database on your system, you must 
              redefine the SYS$REGISTRY logical to point to that location. 
     
    Do you wish to create the directory? (Y/N/Q) [Y]: 
    


    Yと入力すると,ディレクトリの作成が確認されます。


            The SYS$REGISTRY directory has now been created. 
     
    Press [Enter] to return to the menu. 
    



8.3 OpenVMS Registry の起動

OpenVMS Registry を起動する方法は制御できます。

  • システムのリブート時に OpenVMS Registry を自動的に起動できます。

  • OpenVMS Registry の稼動が必要な製品が OpenVMS Registry を起動するように設定できます。

  • OpenVMS Registry を手動で起動できます。

  • OpenVMS Registry が起動されないように設定できます。

OpenVMS Registry の起動方法を制御するには, 第 8.2 節 で説明した OpenVMS Registry Configuration ユーティリティを使用します。

8.3.1 OpenVMS Registry の手動起動

条件によっては, OpenVMS Registry サーバを手動で起動しなければならないことがあります。

このような場合は, SYS$STARTUP:REG$STARTUP.COMコマンド・プロシージャを使用してください。次のコマンド・プロシージャは,サーバ・プロセス・クォータが必要な最小値に設定されていることを確認します。


$ @SYS$STARTUP:REG$STARTUP.COM 

また,次のコマンドを使用して, OpenVMS Registry を手動で起動することもできます。


$ SET SERVER REGISTRY_SERVER/START 



8.4 OpenVMS Registry のシャットダウン

OpenVMS Registry サーバは,システム・シャットダウンの一部として自動的にシャットダウンされます。

OpenVMS Registry を手動でシャットダウンする場合は,次のコマンドを使用します。


$ SET SERVER REGISTRY_SERVER/EXIT 



8.5 OpenVMS Registry サーバのコマンド

OpenVMS Registry サーバのコマンドを使用すると, OpenVMS Registry サーバの状態を表示 (SHOW) したり,変更 (SET) することができます。この節では, OpenVMS Registry サーバのコマンドについて説明します。




指定されたノードの OpenVMS Registry の現在の状態を表示します。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権が必要です。


形式

SHOW SERVER REGISTRY_SERVER

[/MASTER | /CLUSTER | /NODE=(node ,...)]

[/PAGE]


修飾子



/MASTER

クラスタ内の現在の OpenVMS Registry マスタ・サーバのノードおよびプロセス ID (PID) を表示します。このコマンドはクラスタ内の OpenVMS Registry サーバと通信しません。この修飾子を使用するには,SYSPRV 特権の他に,SYSLCK 特権も必要です。

/CLUSTER

クラスタ内の各 OpenVMS Registry サーバから出力を返します。最初に OpenVMS Registry マスタ・サーバ情報が表示されます。

/NODE=(node,...)]

指定されたノードのサーバに関する OpenVMS Registry サーバ情報を返します。情報はノード名を入力した順に表示されます。指定するノード名は現在のクラスタ内のノードでなければなりません。

/PAGE

スクロール可能なページ形式で,返された出力を表示します。



OpenVMS Registry の状態を変更します。

このコマンドを使用するには,SYSPRV 特権が必要です。


形式

SET SERVER REGISTRY_SERVER

[/MASTER | /CLUSTER | /NODE=(node ,...)]

[/START | /RESTART | /EXIT | /ABORT ]

[/[NO]LOG ]


修飾子



/MASTER

指定されたコマンドを OpenVMS Registry マスタ・サーバに対してだけ実行します。SYSPRV 特権の他に SYSLCK 特権も必要です。

/CLUSTER

SET コマンドをクラスタ内の各 OpenVMS Registry サーバに対して実行し,最後に OpenVMS Registry マスタ・サーバを設定します。

/NODE=(node,...)

SET コマンドを指定されたノードの OpenVMS Registry サーバに対して実行します。コマンドはノード名の入力順に実行されます。ノード名は現在のクラスタ内のノードでなければなりません。

/START[=(node,...)]

クラスタ内の指定された 1 つ以上のノードで OpenVMS Registry サーバを起動します。

/EXIT[=(node,...)]

クラスタ内の 1 つ以上の指定されたノードで OpenVMS Registry サーバを停止します。

/ABORT[=(node,...)]

クラスタ内の 1 つ以上の指定されたノードで OpenVMS Registry サーバを中断します。

/[NO]LOG

新しい OpenVMS Registry ログ・ファイルを SYS$REGISTRY に作成します。 NOLOG はデフォルトです。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡