日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引




DCOM$CNFGは,COM 開発者が OpenVMS で COM for OpenVMS アプリケーションを構成し,管理するのに役立つユーティリティです。COM for OpenVMS アプリケーションに関する情報を問い合わせたり,プロパティを操作するには, DCOM$CNFGユーティリティを使用します。

DCOM$CNFGユーティリティを使用するには, DCOM$SETUPメニューからオプション 1 を選択します。

注意

DCOM$CNFGユーティリティを実行する前に,次のことを確認してください。

  • アプリケーションのプロパティを表示するには,OpenVMS Registry への読み込みアクセス権が必要であり,アプリケーションのプロパティを変更するには,書き込みアクセス権が必要です。

  • ACME サーバが現在のシステムで動作していることを確認してください。アプリケーション・セキュリティのプロパティを表示または変更するには,ACME サーバが動作していなければなりません。詳細については,表 4-1 を参照してください。

  • アプリケーションのアイデンティティを変更する場合は,その前に Windows NT セキュリティ資格情報を取得してください。詳細については,第 12.2 節 を参照してください。

「DCOM$CNFG Main」メニューが表示されます。

図 5-2 「DCOM$CNFG Main」メニュー



--------------------------------------------------------- 
                DCOM$CNFG Main 
 
   1 - Applications List 
   2 - System-wide Default Properties 
   3 - System-wide Default Security 
 
   (E to Exit) 
   (H for Help) 
 
   Enter <CTRL-Z> or 'E' to return to the previous menu at any time 
 
   Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

オプションは次のとおりです。

  • 1 - Applications List
    このマシンに登録されているすべてのアプリケーションを一覧表示します。このオプションの詳細については,第 5.3.1 項 を参照してください。

  • 2 - System-wide Default Properties
    システム単位のマシン・プロパティを設定できます。このオプションの詳細については, 第 5.3.5 項 を参照してください。

  • 3 - System-wide Default Security
    システム単位のセキュリティ・パラメータを設定できます。このオプションの詳細については,第 5.3.6 項 を参照してください。



5.3.1 DCOM$CNFG の「Application List」サブメニュー

このサブメニューを「 DCOM$CNFGMain」メニューから表示するには,オプション 1 を選択します。

「Applications List」サブメニューが表示されます。

図 5-3 「Applications List」サブメニュー



--------------------------------------------------------- 
                Applications List 
 
   Index    Name 
    1      Inside COM, Chapter 11 Example 
    2      application 2
    3      application 3
    .      ... 
    .      ... 
    .      ... 
 
  (E to Exit to previous menu) 
  (H for Help) 
 
  Please enter Index number to select an Application: 
--------------------------------------------------------- 

番号を入力してアプリケーションを選択します。選択したアプリケーションのプロパティを表示または設定できます。

このオプションを選択すると,「Application Properties」サブメニューが表示されます。

注意

アプリケーションのプロパティ (「Location」,「Security」,「Identity」) ( 図 5-4 を参照) は,OpenVMS Registry で各アプリケーションに関連付けられている特殊キーに格納されます。DCOM$CNFG ユーティリティを使用してこの特殊キーを作成するまで,アプリケーションのプロパティを変更することはできません。DCOM$CNFG ユーティリティは,新たに登録されたアプリケーションを検出したときに,この特殊キーを作成します。しかし,DCOM$CNFG ユーティリティがこのキーを作成するのは,Administrator グループのメンバであるアカウントの Windows NT セキュリティ資格情報を取得したユーザが DCOM$CNFG ユーティリティを実行した場合だけです。Windows NT 資格情報の取得の詳細については, 第 12.2 節 を参照してください。

アプリケーションのプロパティを管理するには,次の操作を行います。

  1. アプリケーションを登録します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • Administrator グループのメンバであるアカウントの Windows NT セキュリティ資格情報を取得し,DCOM$CNFG を実行します。

    • 適切な資格情報を保有するシステム管理者に DCOM$CNFG を実行してもらいます。

  3. 自分のアカウントから DCOM$CNFG を実行して,プロパティを管理します。

図 5-4 「Application Properties」サブメニュー



------------------------------------------------------------------ 
               Application Properties 
 
   General Properties of this DCOM Application 
 
   Application name:  Inside COM, Chapter 11 Example 
   Application id:    {0C092C2C-882C-11CF-A6BB-0080C7B2D682} 
   Application type:  local server 
   Local path:        DISK1:[SMITH.DISPATCH_SAMPLE1]CMPNT.EXE 
   Type Library:      {D3011EE1-B997-11CF-A6BB-0080C7B2D682} 
   version: 1.0  DISK1:[SMITH.DISPATCH_SAMPLE1]Server.tlb 
 
   1 - Location    Machine to run application 
   2 - Security    Security permissions for application 
   3 - Identity    User account to use to run application 
 
   (E to Exit to previous menu) 
   (H for Help) 
 
   Please enter Application Property you wish to change: 
------------------------------------------------------------------ 

タイプ・ライブラリ・ファイルが見つからない場合や,タイプ・ライブラリにアクセスできない場合は,タイプ・ライブラリ・ファイル名の横にエラー・メッセージが表示されます。

オプションは次のとおりです。

  • 1 - Location: Machine to run application
    このオプションを選択すると,COM アプリケーションが実行されるマシンを設定または変更できます。
    「Application Location」サブメニューが表示されます。

    図 5-5 「Application Location」サブメニュー



    --------------------------------------------------------- 
                    Application Location 
     
       The following settings allow DCOM to locate the correct computer 
       for this application. If more than one machine is selected then 
       DCOM uses the first available one. Client applications may override 
       these selections. 
     
       Application name:  Inside COM, Chapter 11 Example 
     
       1 - Run application on this computer (Yes/No) 
               Current value: Yes 
     
       2 - Run application on another computer 
               Current value: Currently Disabled 
     
       (E to Exit to previous menu) 
       (H for Help) 
     
       Please enter your choice: 
    --------------------------------------------------------- 
    


    オプションは次のとおりです。

    • 1 - Run application on this computer
      アプリケーションをローカル・コンピュータで実行するかどうかを指定します。現在の値を変更するときは,オプションを選択します。

    • 2 - Run application on another computer
      このオプションを選択すると,アプリケーションは指定のコンピュータで実行されます。オプションを選択し,次のいずれかを入力します。

      • 現在の値を変更するときは有効なシステム名。

      • 値を無効にするときはハイフン (-)。ハイフンを入力すると,このフィールドは "Currently Disabled" に設定されます。

  • 2 - Security: Security permissions for application
    このオプションを選択すると,次のセキュリティ・プロパティを設定できます。

    • Access permission: ユーザまたはグループがこのアプリケーションにアクセスすることを許可または拒否します。

    • Launch permission: ユーザまたはグループがこのアプリケーションを実行することを許可または拒否します。

    • Configuration permission: アプリケーションに関する情報が格納されている OpenVMS Registry の領域への読み込みアクセス権,書き込みアクセス権,特殊アクセス権を持つユーザまたはグループを識別します。


    別の設定を指定しない限り,システム単位のデフォルト・セキュリティ値が使用されます。
    「Application Security」サブメニューが表示されます。

    図 5-6 「Application Security」サブメニュー



    --------------------------------------------------------- 
                    Application Security 
     
       Application name:  Inside COM, Chapter 11 Example 
       Current Access permissions:  Custom 
       Current Launch permissions:  Custom 
       Current Configuration permissions:  Default 
     
       1 - Use Default Access permission 
       2 - Edit Custom Access permission 
       3 - Use Default Launch permission 
       4 - Edit Custom Launch permission 
       5 - Use Default Configuration permission 
       6 - Edit Custom Configuration permission 
     
       (E to Exit to previous menu) 
       (H for Help) 
     
       Please enter your choice: 
    --------------------------------------------------------- 
    


    オプションは次のとおりです。

    • 1 - Use Default Access permission
      デフォルトのアクセス許可の値を使用します。

    • 2 - Edit Custom Access permission
      「Registry Value Permissions」サブメニューを表示します。このサブメニューでは,このアプリケーションのアクセス許可の値を表示,追加,変更,削除することができます。これらのサブメニューについては,第 5.3.2 項 を参照してください。
      あらかじめ他の値を設定した場合を除き,ACL エディタはシステム単位のデフォルト値を使用して起動されます。

    • 3 - Use Default Launch permission
      システム単位のデフォルトの起動許可 (Launch permission) の値を使用します。

    • 4 - Edit Custom Launch permission
      「Registry Value Permissions」サブメニューを表示します。このサブメニューでは,このアプリケーションの起動許可の値を表示,追加,変更,削除することができます。これらのサブメニューについては,第 5.3.2 項 を参照してください。
      あらかじめ他の値を設定した場合を除き,ACL エディタはシステム単位のデフォルト値を使用して起動されます。

    • 5 - Use Default Configuration permission
      システム単位の構成許可 (Configuration permission) の値を使用します。

    • 6 - Edit Custom Configuration permission
      「Registry Key Permissions」サブメニューを表示します。このサブメニューでは,このアプリケーションの特殊アクセス・セキュリティ許可を表示,追加,変更,削除,構成することができます。これらのサブメニューについては,第 5.3.3 項 を参照してください。



5.3.2 「Registry Value Permissions」サブメニュー

このサブメニューを表示するには,次の操作を行います。

  1. DCOM$CNFG メニューからオプション 1 を選択します。

  2. 「Applications List」サブメニューから適切なアプリケーションを選択します。

  3. 「Application Properties」サブメニューからオプション 2 を選択します。

  4. 「Application Security」サブメニューからオプション 2 または 4 を選択します。

図 5-7 「Registry Value Permissions」サブメニュー



--------------------------------------------------------- 
                Registry Value Permissions 
 
   Application name: Inside COM, Chapter 11 Example 
   Registry Value: LaunchPermission 
   Owner: Administrator 
 
   Index    Name                           Type of Access 
     1      OPENVMS_DCOM\USER1                Deny 
     2      BUILTIN\Administrators            Allow 
     3      Everyone                          Allow 
     4      NT AUTHORITY\SYSTEM               Allow 
     5      OPENVMS_DCOM\USER2                Allow 
 
        (Index Number to Delete or Modify Access) 
        (A to Add to list) 
 
        (E to Exit to previous menu) 
        (H for Help) 
 
        Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

オプションは次のとおりです。

  • Index Number...
    アクセス・タイプを変更または削除するには,対応するインデックス番号を入力します。「Edit Registry Value Permissions」サブメニューが表示されます。 図 5-8 を参照してください。

  • A to Add to List
    このオプションを選択すると,「Add Registry Value Permissions」サブメニューが表示されます。このサブメニューでは,新しいエントリを OpenVMS Registry の値のアクセス制御リストに追加できます。図 5-9 を参照してください。

図 5-8 「Edit Registry Value Permissions」サブメニュー



--------------------------------------------------------- 
                Edit Registry Value Permissions 
 
        Application name: Inside COM, Chapter 11 Example 
        Registry Value: AccessPermission 
        Owner: Administrator 
 
        Name: OPENVMS_DCOM\USER1 
        Type of Access: Deny 
 
        1 - Delete entry from list 
        2 - Change Access 
 
        (E to Exit to previous menu) 
        (H for Help) 
 
        Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

オプションは次のとおりです。

  • 1 - Delete entry from list
    アクセス制御リストからエントリを削除します。すべてのエントリを削除すると,選択した値へのアクセス許可と起動許可がすべての人に対して拒否されます。

  • 2 - Change Access
    アクセス・タイプを「Allow to Deny」と「Deny to Allow」の間で切り換えます。

    図 5-9 「Add Registry Value Permissions」サブメニュー



    --------------------------------------------------------- 
                  Add Registry Value Permissions 
     
       Application name: Inside COM, Chapter 11 Example 
       Registry Value: LaunchPermission 
       Owner: ROLLO 
     
       1 - Add Specific User or Group 
       2 - Add Everyone 
       3 - Add NT AUTHORITY\System 
       4 - Add BUILTIN\Administrators 
     
       (E to Exit to previous menu) 
       (H for Help) 
     
       Please enter your choice: 
    --------------------------------------------------------- 
    


    オプションは次のとおりです。

    • 1 - Add Specific User or Group
      ユーザ/グループ名とアクセスの種類が要求されます。ユーザ名として domain\username を指定するか,アカウントがプライマリ・ドメインに存在する場合は,username を指定します。

    • 2 - Add Everyone
      アプリケーションに対するアクセス/起動 (Access/Launch) 許可を Everyoneに対して許可または拒否します。

    • 3 - Add NT AUTHORITY\System
      アプリケーションに対するアクセス/起動 (Access/Launch) 許可を Systemに対して許可または拒否します。

    • 4 - Add BUILTIN\Administrators
      アプリケーションに対するアクセス/起動 (Access/Launch) 許可を Administratorに対して許可または拒否します。


    ユーザが 2 つ以上のグループに属している場合は, Deny accessの方が Allow accessより優先します。

  • 3 - Identity: User account to use to run application
    このオプションを選択すると,指定したユーザ・アカウントのセキュリティ・コンテキストを使用して,アプリケーション・サーバを実行できます。
    「Application Identity」サブメニューが表示されます。 第 5.3.4 項 を参照してください。



5.3.3 「Registry Key Permissions」サブメニュー

このサブメニューを表示するには,次の操作を行います。

  1. DCOM$CNFG メニューからオプション 1 を選択します。

  2. 「Applications List」サブメニューから適切なアプリケーションを選択します。

  3. 「Application Properties」サブメニューからオプション 2 を選択します。

  4. 「Application Security」サブメニューからオプション 6 を選択します。

図 5-10 「Registry Key Permissions」サブメニュー



--------------------------------------------------------- 
                Registry Key Permissions 
 
   Application name: Inside COM, Chapter 11 Example 
   Registry Key: Inside COM, Chapter 11 Example 
   Owner: Administrator 
 
   Index    Name                     Type of Access 
 
   1     BUILTIN\Administrators      Full Control 
   2     NT AUTHORITY\SYSTEM         Full Control 
   3     CREATOR OWNER               Full Control 
   4     Everyone                    Special Access 
   5     OPENVMS_DCOM\USER1          Read 
 
   (Index Number to Delete or Modify Access) 
   (A to Add to list) 
 
   (E to Exit to previous menu) 
   (H for Help) 
 
   Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

オプションは次のとおりです。

  • Index Number...

    アクセス・タイプを変更または削除するには,対応するインデックス番号を入力します。「Edit Registry Key Permissions」サブメニューが表示されます。図 5-11 を参照してください。

  • A to Add to List

    このオプションを選択すると,「Add Registry Key Permissions」サブメニューが表示されます。このサブメニューでは,新しいエントリを OpenVMS Registry キーのアクセス制御リストに追加できます。図 5-13 を参照してください。

図 5-11 「Edit Registry Key Permissions」サブメニュー



--------------------------------------------------------- 
                Edit Registry Key Permissions 
 
   Application name: Inside COM, Chapter 11 Example 
   Registry Key: Inside COM, Chapter 11 Example 
   Owner: Administrator 
 
   Name: BUILTIN\Administrators 
   Type of Access: Full Control 
 
   1 - Delete entry from list 
   2 - Allow Full Control 
   3 - Allow Read Access 
   4 - Set/View Special Access 
 
   (E to Exit to previous menu) 
   (H for Help) 
 
   Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

オプションは次のとおりです。

  • 1 - Delete entry from list

    セキュリティ・アクセス許可リストからエントリを削除します。すべてのエントリを削除すると,誰もキーにアクセスできなくなり,所有者だけが許可を変更できます。

  • 2 - Allow Full Control

    ユーザに対してキーへのアクセス,キーの変更,キーの所有権の取得を許可します。

  • 3 - Allow Read Access

    ユーザに対してキーの表示を許可しますが,キーの保存や変更は禁止します。

  • 4 - Set/View Special Access

    「Special Access Registry Key Permissions」サブメニューを表示します。このサブメニューでは,選択したユーザまたはグループに対してカスタマイズしたアクセス許可を設定できます。図 5-12 を参照してください。

図 5-12 「Special Access Registry Key Permissions」サブメニュー



--------------------------------------------------------- 
                Special Access Registry Key Permissions 
 
   Application name: Inside COM, Chapter 11 Example 
   Registry Key: Inside COM, Chapter 11 Example 
 
   Name: Everyone 
 
   Type of Access                          Current Value 
 
   0 - Query Value                           Yes 
   1 - Set Value                             Yes 
   2 - Create Subkey                         Yes 
   3 - Enumerate Subkeys                     Yes 
   4 - Notify                                Yes 
   5 - Create Link                           No 
   6 - Delete                                Yes 
   7 - Write DACL                            No 
   8 - Write Owner                           No 
   9 - Read Control                          Yes 
 
   (E to Exit to previous menu) 
   (H for Help) 
 
   Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

オプションは次のとおりです。

  • 0 - Query Value

    ユーザに対して,キーの値の表示を許可します。

  • 1 - Set Value

    ユーザがキーの 1 つ以上の値を設定することを許可します。

  • 2 - Create Subkey

    ユーザがキーのサブキーを作成することを許可します。

  • 3 - Enumerate Subkeys

    ユーザがキーのサブキーを指定することを許可します。

  • 4 - Notify

    ユーザがキーからの通知イベントを監査することを許可します。

  • 5 - Create Link

    ユーザがキーにシンボリック・リンクを作成することを許可します。

  • 6 - Delete

    ユーザがキーを削除することを許可します。

  • 7 - Write DACL

    ユーザがキーにアクセスして,随意 ACL をキーに書き込むことを許可します。

  • 8 - Write Owner

    ユーザがキーにアクセスして,キーの所有権を取得することを許可します。

  • 9 - Read Control

    ユーザがキーのセキュリティ情報にアクセスすることを許可します。

図 5-13 「Add Registry Key Permissions」サブメニュー



--------------------------------------------------------- 
                Add Registry Key Permissions 
 
   Application name: Inside COM, Chapter 11 Example 
   Registry Key: Inside COM, Chapter 11 Example 
   Owner: Administrator 
 
   1 - Add Specific User or Group 
   2 - Add Everyone 
   3 - Add NT AUTHORITY\System 
   4 - Add BUILTIN\Administrators 
 
   (E to Exit to previous menu) 
   (H for Help) 
 
   Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

オプションは次のとおりです。

  • 1 - Add Specific User or Group

    ユーザ/グループ名とアクセスの種類が要求されます。ユーザ名としてdomain\usernameを指定するか,アカウントがプライマリ・ドメインに存在する場合は,usernameを指定します。

  • 2 - Add Everyone

    Everyoneに対して,アプリケーションへのフル・コントロールまたは読み込みアクセスを許可します。

  • 3 - Add NT AUTHORITY\System

    Systemに対して,アプリケーションへのフル・コントロールまたは読み込みアクセスを許可します。

  • 4 - Add BUILTIN\Administrators

    Administratorに対して,アプリケーションへのフル・コントロールまたは読み込みアクセスを許可します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項