日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引


第 5 章
アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMS ユーティリティ

この章では,COM アプリケーションを開発し,運用するために,OpenVMS システム (および必要に応じて Windows NT システム) を構成する方法について説明します。次の COM for OpenVMS ユーティリティについて説明します。

  • DCOM$SETUPユーティリティ。このユーティリティは,システム管理者が COM for OpenVMS システム環境を構成するのに役立ちます。

  • DCOM$CNFGユーティリティ。このユーティリティは,アプリケーション開発者が COM アプリケーションを構成し,確認するのに役立ちます。

  • DCOM$REGSVR32 ユーティリティ。このユーティリティを使用すると,アプリケーション開発者はプロセス内サーバ・アプリケーションの登録と登録の解除を行うことができます。

この章では,協調動作するように OpenVMS システムと Windows NT システムを構成する方法についても説明します。

操作を開始する前に

OpenVMS システムで COM for OpenVMS の構成を行う前に,必要なコンポーネントをインストールおよび構成し,COM for OpenVMS をインストールしておかなければなりません。これらの手順については,第 4 章 を参照してください。



DCOM$SETUPは,システム管理者が COM for OpenVMS システム環境を構成するのに役立つツール群です。

DCOM$SETUP の表記法と要件

  • Yes/Noという質問に対しては,次のいずれかを入力できます。

    • YESまたはNO

    • YまたはN

    • [Return] (デフォルト値を使用する場合)

  • 一部のDCOM$SETUPオプションでは,システム管理者特権と OpenVMS Registry へのアクセス権が必要です。



5.2 DCOM$SETUP の実行

DCOM$SETUPを実行するには,OpenVMS システム・プロンプトに対して@SYS$STARTUP:DCOM$SETUPと入力します。

「DCOM$SETUP OpenVMS COM Tools」メニューが表示されます。

図 5-1 「DCOM$SETUP OpenVMS COM Tools」メニュー



--------------------------------------------------------- 
                         OpenVMS COM Tools 
 
           1) DCOMCNFG, COM Configuration Properties 
           2) GUIDGEN, Globally Unique Identifier Generator 
           3) Populate the Registry database for COM 
           4) Start the COM server 
           5) Stop the COM server 
           6) Register a COM application 
           7) Create the DCOM$GUEST account and directory 
           8) Configure the DCOM$RPCSS accounts 
 
           H) Help 
           E) Exit 
 
Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

オプションを選択するには,オプション番号を入力します。オプションは次のとおりです。

  • 1) DCOMCNFG, COM Configuration Properties

    COM for OpenVMS アプリケーションのプロパティの設定と表示に使用します。詳細については,第 5.3 節 を参照してください。

  • 2) GUIDGEN, Globally Unique Identifier Generator

    GUID (globally unique identifiers: グローバル一意識別子) をさまざまな形式 (たとえば OpenVMS Registry または Windows NT Registry 形式) で生成します。GUID は各アプリケーションに固有の識別子を割り当てます。
    DCOM$SETUPのこのバージョンでは,GUID は OpenVMS Registry および Windows NT Registry 形式でのみ生成されます。他の形式については,第 6.1 節 を参照してください。

  • 3) Populate the Registry database for COM

    OpenVMS Registry データベースをセットアップします。COM for OpenVMS では,特定のキーと値を OpenVMS Registry データベースに追加する必要があります。この操作を行うには,OpenVMS Registry への書き込みアクセス権と,Windows NT の Administrator 権限の両方が必要です。

  • 4) Start the COM server

    COM for OpenVMS Server Control Manager サーバ (DCOM$RPCSS) を起動します。DCOM$SETUPSYS$STARTUP:DCOM$STARTUPプロシージャを呼び出して,サーバを起動します。詳細については,第 5.2.2 項 を参照してください。

  • 5) Stop the COM server

    COM for OpenVMS Service Control Manager サーバ (DCOM$RPCSS) をシャットダウンします。DCOM$SETUPSYS$STARTUP:DCOM$SHUTDOWNプロシージャを呼び出して,サーバを停止します。詳細については,第 5.2.2 項 を参照してください。

  • 6) Register a COM application

    COM for OpenVMS サーバ・アプリケーションを登録します。次の種類のサーバを登録できます。

    • プロセス内サーバ

      プロセス内サーバを登録する場合は,サーバの場所が質問されます。

    • ローカル・サーバまたはプロセス外サーバ

      ローカル・サーバまたはプロセス外サーバを登録する場合は,次の情報が求められます。

      • フル・パス情報 (サーバの場所)

        これは必須の値です。次の構文を使用してください。
        device::[directory]file-name.ext

      • アプリケーション・タイトル

        これは省略可能な値です。タイトルを指定しないと,デフォルト・タイトルが使用されます。

      • GUID
        これは必須の値です。サーバに GUID が割り当てられていない場合は,システムが自動的に生成します。GUID と LocalServer32 の詳細については,第 6.5.1 項 を参照してください。


      登録が完了すると,次のファイルが生成されます。

      1. Windows NT Registry ファイル (server-name.REG_NT)。このファイルは,Windows NT システム上のアプリケーションを登録するために使用します。

      2. OpenVMS コマンド・プロシージャ (server-name.REG_VMS)。OpenVMS システム上のサーバを登録するために使用します。


      これらのファイルを他のシステムで使用する場合は,サーバの現在の場所を示すように path 文を変更しなければなりません。詳細については,第 5.2.3 項 を参照してください。

  • 7) Create the DCOM$GUEST account and directory

    NTLM 認証なしで COM for OpenVMS を使用するには,DCOM$GUESTアカウントをあらかじめ作成しておかなければなりません。

  • 8) Configure the DCOM$RPCSS accounts

    DCOM$RPCSSAdvanced Server for OpenVMS ユーザ・アカウントと SYSUAF アカウントを構成し,作成します。COM for OpenVMS Service Control Manager (DCOM$RPCSS) では,認証のためにこれらのアカウントが必要です。詳細については,第 5.2.1 項 を参照してください。

  • H) Help

    各メニュー・オプションのヘルプを表示します。

  • E) Exit

    メニューを終了します。



5.2.1 DCOM$RPCSS アカウントの作成と構成

これらの機能を表示するには,「DCOM$RPCSS OpenVMS COM Tools」メニューからオプション 8 を選択します。次の情報が表示されます。


--------------------------------------------------------- 
Configure the COM for OpenVMS Service Control Manager (DCOM$RPCSS) accounts 
 
   1) Create the DCOM$RPCSS account in both the SYSUAF database and the 
      Advanced Server for OpenVMS SAM database. The password you specify 
      for the new DCOM$RPCSS user is stored in a protected file. 
 
   2) Update the DCOM$RPCSS user password in the COM for OpenVMS Service 
      Control Manager password file. 
 
   E) Exit 
 
Please enter your choice: 
--------------------------------------------------------- 

次のいずれかを入力します。

  • 1) Create the DCOM$RPCSS account . . .

    このオプションを選択すると,DCOM$RPCSSアカウントが SYSUAF データベースと Advanced Server for OpenVMS SAM データベースの両方に作成されます。
    DCOM$RPCSS ユーザ用に指定したパスワードは,保護されるファイルに格納され,COM for OpenVMS Service Control Manager はそのファイルを使用して,NTLM ネットワークにログインし,Windows NT アイデンティティを取得します。

    注意

    このアカウントは,有効期限の切れないパスワードを使用して Advanced Server for OpenVMS データベースに作成されます。この動作を変更するには,(つまり,Advanced Server for OpenVMS ユーザ・ポリシーに従ってパスワードの有効期限が切れるように,アカウントを変更するには),次の操作を行います。

    1. Advanced Server for OpenVMS ADMIN ユーティリティを実行します。

    2. Administrator アカウントにログインします。

    3. 次の ADMIN コマンドを実行します。


        ADMIN> MODIFY USER DCOM$RPCSS/FLAG=NODISPWDEXP 
      


    Advanced Server for OpenVMS のユーザ・ポリシーでパスワードの有効期限 (maximum password age) を判断するには,次の ADMIN コマンドを入力します。


    ADMIN> SHOW ACCOUNT POLICY 
    


    DCOM$RPCSS アカウントの Advanced Server for OpenVMS パスワードを変更する場合は,COM for OpenVMS Service Control Manager パスワード・ファイルでパスワードを更新しなければなりません (オプション 2 の「Update the DCOM$RPCSS user password」を参照)。


    次の操作を行います。

    1. 1と入力します。

      次のメッセージが表示されます。


              To create a new account, you must be logged on to an existing 
              Advanced Server for OpenVMS account that is capable of adding 
              new users. 
       
      Enter Y[ES] to log on to this account: 
      


      このアカウントを作成するには,PATHWORKS 管理者グループに属していなければなりません。

    2. Yと入力します。

      ログオンするように求められます。入力したパスワードは表示されません。


      Enter username: JOSEPHM 
      Password: 
      Confirm password: 
      


      新しいパスワードの入力が求められます。その後,確認のために同じパスワードをもう一度入力するように求められます。入力したパスワードは表示されません。


              Enter the new DCOM$RPCSS password. 
       
      Enter password: 
      Confirm password: 
      


      このパスワードは,SYSUAF アカウント (DCOM$RPCSS) と PATHWORKS ユーザ・アカウント (DCOM$RPCSS) の両方で使用されます。このパスワードは COM for OpenVMS Service Control Manager パスワード・ファイルに格納されます。
      次のアカウント作成情報が表示されます。


      %PWRK-S-USERADD, user "DCOM$RPCSS" added to domain "DCOM1_DOMAIN" 
       
      Username: DCOM$RPCSS                       Owner:  COM 
      Account:                                   UIC:    [37776,1] ([DCOM$RPCSS]) 
      CLI:      DCL                              Tables: DCLTABLES 
      Default:  SYS$SYSDEVICE:[DCOM$RPCSS] 
      LGICMD: 
      Flags:  ExtAuth 
      Primary days:   Mon Tue Wed Thu Fri 
      Secondary days:                     Sat Sun 
      No access restrictions 
      Expiration:            (none)    Pwdminimum:  6   Login Fails:     0 
      Pwdlifetime:           (none)    Pwdchange:      (pre-expired) 
      Last Login:            (none) (interactive),            (none) 
      (non-interactive) 
      Maxjobs:         0  Fillm:       100  Bytlm:        64000 
      Maxacctjobs:     0  Shrfillm:      0  Pbytlm:           0 
      Maxdetach:       0  BIOlm:       150  JTquota:       4096 
      Prclm:           8  DIOlm:       150  WSdef:         1024 
      Prio:            4  ASTlm:       250  WSquo:         4000 
      Queprio:         4  TQElm:        10  WSextent:      8000 
      CPU:        (none)  Enqlm:      2000  Pgflquo:     130000 
      Authorized Privileges: 
        NETMBX       TMPMBX 
      Default Privileges: 
        NETMBX       TMPMBX 
      %PWRK-S-HOSTMAPADD, user "DCOM$RPCSS" mapped to host user "DCOM$RPCSS" 
       
      Press RETURN to continue: 
      

  • 2) Update the DCOM$RPCSS user password . . .

    Advanced Server for OpenVMS SAM データベースで DCOM$RPCSS ユーザ・パスワードを変更する場合は,COM for OpenVMS Service Control Manager パスワード・ファイルのパスワードも更新しなければなりません。
    次の操作を行います。

    1. 2と入力します。

      次のメッセージが表示されます。


              Enter the new DCOM$RPCSS password. 
       
      Enter password: 
      Confirm password: 
      

    2. 新しいパスワードを入力し,確認のために同じパスワードをもう一度入力します。

  • E) Exit

    メニューを終了します。



5.2.2 COM サーバ (DCOM$RPCSS Process)の起動と停止

COM for OpenVMS では,COM サーバ・プロセス (DCOM$RPCSS) が常に動作していることが必要です。OpenVMS 上のDCOM$RPCSSプロセスは,RPCSSプロセスが Microsoft Windows NT 上で提供する COM 実行時環境の機能と同じ機能を提供します。次の機能が提供されます。

  • システム上で動作するサーバ・オブジェクトの一覧を作成および管理します。

  • レジストリに定義されているアプリケーションのキャッシュを作成および管理します。このキャッシュは COM のパフォーマンスを向上します。

  • 現在動作していないサーバ・オブジェクトへの接続をクライアントが要求したときに,サーバを独立プロセスとして起動します。

  • リモートの Windows NT システム上のRPCSSプロセス,または OpenVMS システム上のDCOM$RPCSSプロセスと通信して,リモート・サーバ・オブジェクトの検索や起動を行います。

DCOM$RPCSSを起動するには,DCOM$SETUPのオプション 4 ("Start") を使用するか ( 第 5.2 節 を参照),SYS$STARTUP:DCOM$STARTUPから COM for OpenVMS スタートアップ・プロシージャを直接呼び出します。

システムでDCOM$RPCSSを停止するには,DCOM$SETUPのオプション 5 ("Stop") を使用するか ( 第 5.2 節 を参照),SYS$STARTUP:DCOM$SHUTDOWNから COM for OpenVMS シャットダウン・プロシージャを直接呼び出します。

5.2.3 アプリケーションの登録

次の例では,COM for OpenVMS キットに添付されている COM for OpenVMS "Simple" アプリケーションを登録する方法について説明します。Windows NT システムでアプリケーションを使用できる場合は,作成される Windows NT ファイルを使用して,サーバを Windows NT システムに登録することができます。

Windows NT システムで "Simple" アプリケーションを作成する場合は,DCOM$EXAMPLES:[SIMPLE]README-SIMPLE.TXTファイルの指示に従ってください。

注意

アプリケーションを登録するには,その前にアプリケーションを作成してコンパイルしておかなければなりません。詳細については,COM for OpenVMS キットに添付されている DCOM$EXAMPLES:[SIMPLE]の例を参照してください。

次の操作を行います。

  1. DCOM$SETUPメニューから 6または REGISTERと入力します。

  2. 質問に対して次のように応答します。

    注意

    "Simple" アプリケーションにはあらかじめ,CLSID が割り当てられています。

    例 5-1 OpenVMS での" Simple"アプリケーションの登録例

    Enter server type (1. In-Proc  2. Out-Proc): 2 [Return]
    Enter Local Path (device:[directory]filename.ext): USER:[SMITH]SSERVER.EXE 
    [Return]
    Enter Application Name (<RETURN> to assign default): COM Simple Server 
    [Return]
    Does the server have a CLSid {GUID} (Yes/No) [N]: Y [Return]
    Enter the CLSid (i.e. {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}: 
       {5e9ddec7-5767-11cf-beab-00aa006c3606} [Return]
     
    Verify Application Information: 
     
             Application Name: COM SIMPLE SERVER 
             Local Path: USER:[SMITH]SSERVER.EXE 
             Application ID: {5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606} 
     
    Is the information correct (Yes/No) [Y]: [Return]
    Register application (Yes/No)? [Y]: [Return]
     
    SETUP-I-NEWFILES, The following files have been created: 
     
          USER:[SMITH]SSERVER.REG_NT 
          USER:[SMITH]SSERVER.REG_VMS 
     
    SETUP-I-SRVIN, Server has been registered 
    Press RETURN to continue: [Return]
    

Windows NT システムで "Simple" アプリケーションを登録するには,次の操作を行います。

  1. DCOM$EXAMPLES:[SIMPLE]ディレクトリのすべてのファイルを Windows NT システムにコピーします。

  2. SSERVER.REG_NTSSERVER.REGという名前に変更します。

  3. ローカル・サーバ・パスを指すようにファイルを変更します。
    たとえば,DEVICE:\SSERVERC:\SSERVERに変更します。

  4. Install.batプログラムを実行して,必要なキーを Windows NT レジストリに追加します。

例 5-2SSERVER.REG_NTの内容を示しています。

例 5-2 SSERVER.REG_NT の内容

REGEDIT 
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}\ = DCOM 
server application SSERVER 
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}\LaunchPermiss 
ion = Y 
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}\LocalServer32 
= DEVICE:\SSERVER 

OpenVMS システムで "Simple" アプリケーションを再登録するには,システム・プロンプトに対して次のコマンドを入力します。


$ @SSERVER.REG_VMS

例 5-3SSERVER.REG_VMSコマンド・プロシージャの内容を示しています。

例 5-3 SSERVER.REG_VMS の内容

$ Set noon 
$ regcp :=  $regcp 
$ crekey := $regcp create key 
$ creval := $regcp create value 
$ modval := $regcp modify value 
$ lisval := $regcp list value 
$ crekey HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606} 
$ creval HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606} - 
              /data="DCOM server application SSERVER" /type=sz 
$ creval 
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}/name="AppID" 
- 
              /data="{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}" /type=sz 
$ crekey 
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}\LaunchPermiss 
ion 
$ creval 
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}\LaunchPermiss 
ion - 
              /data="Y" /type=sz 
$ crekey 
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}\LocalServer32 
$ creval 
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{5E9DDEC7-5767-11CF-BEAB-00AA006C3606}\LocalServer32 
 - 
              /data="USER::[SMITH]SSERVER.EXE" /type=sz 
$ 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項