日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引




注意

ここで説明するクラスタ・インストール手順では,1 つのシステム・ディスクに COM for OpenVMS をインストールするものと想定しています。

次の操作を行います。

  1. 必要に応じて,すべてのシステム・ディスクに OpenVMS Version 7.2-1 をインストールします。この手順については,『OpenVMS Alpha Version 7.x Upgrade and Installation Manual』を参照してください。

  2. TCP/IP をインストールします。この手順については,『DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration』マニュアルまたは TCP/IP サプライヤのマニュアルを参照してください。

  3. インストールしたシステムをシステム・ディスクからブートします。

  4. COM Version 1.1 for OpenVMS をインストールします。この手順については,第 4.10 節 を参照してください。

  5. クラスタ内のこのノードに Advanced Server for OpenVMS をインストールします。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。

    注意

    クラスタ内の少なくとも 1 つの Alpha ノードに Advanced Server for OpenVMS をインストールしなければなりません。他のノードには Advanced Server for OpenVMS をインストールするか,または 「External Authentication images (only)」を選択することができます。

  6. TCP/IP を構成し (各ノードでリブート時にスタートアップするための設定),TCP/IP を起動します。この手順については,『DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration』マニュアルまたは TCP/IP サプライヤのマニュアルを参照してください。

  7. OpenVMS Registry を構成します。

    • REG$CONFIGを実行して,OpenVMS Registry を構成します。OpenVMS Registry はクラスタ全体で 1 回だけ構成しなければなりません。第 8.2 節 を参照してください。

    • クラスタ内で OpenVMS Registry サーバを実行するすべての Alpha ノードで,SYS$REGISTRY論理名をDEFINE/SYSTEMに設定します。

    • クラスタ内のすべてのノードで,SYLOGICALS.COMファイルを次のように編集します。

      • クラスタで共通のSYLOGICALS.COMファイルを 1 つだけ使用し,各ノードのSYLOGICALS.COMファイルからその共通ファイルを呼び出す場合は,変更は必要ありません。

      • OpenVMS Registry サーバを実行しないノードで,次の行を
        SYLOGICALS.COMファイルに追加します。


          $ DEFINE/SYSTEM REG$TO_BE_STARTED FALSE 
        


      Advanced Server for OpenVMS を使用するには,クラスタ内のノードで OpenVMS Registry を実行している必要があります。

  8. DCE を構成します。

    注意

    DCE を使用しなくても COM for OpenVMS を実行することはできますが,環境で DCE を使用する場合は,ここで起動してください。


    この手順については,『DIGITAL DCE Installation and Configuration Guide』を参照してください。

  9. DCE を実行する場合は,ここで起動します。DCE を実行する各ノードで DCE を構成しなければなりません。
    OpenVMS 外部認証の詳細については,第 4.8 節 を参照してください。

  10. Advanced Server for OpenVMS を構成し,起動します。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。
    このノードで Advanced Server for OpenVMS を実行している場合は,リブート時に起動するように Advanced Server for OpenVMS を設定します (必要に応じて SYS$STARTUP ファイルを編集します)。システム構成に応じて,0〜n 回リブートする必要があります。
    このノードで Advanced Server for OpenVMS を実行していない場合は,
    SYLOGICALS.COMファイルを編集し, PWRK$ACME_SERVER論理名を定義します。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。 PWRK$ACME_SERVER論理名の詳細については,表 12-2 を参照してください。

  11. ACME サーバを起動します。次のコマンドを使用します。


      $ @SYS$STARTUP:NTA$STARTUP_NT_ACME 
    

  12. RPC を起動します。次のコマンドを使用します。


      $ @SYS$STARTUP:DCE$RPC_STARTUP.COM 
    

  13. COM for OpenVMS を構成します。この手順については,第 4.11 節第 5.2 節 を参照してください。

    • OpenVMS Registry に情報を登録します。この手順については, 第 5.2 節 を参照してください。OpenVMS Registry データベースに情報を登録するには,オプション 3 を使用します。クラスタで 1 回だけ,OpenVMS Registry に情報を登録する必要があります。

    • COM for OpenVMS Service Control Manager で必要な OpenVMS アカウントと Advanced Server for OpenVMS アカウントを作成します。詳細については,第 5.2 節 を参照してください。アカウントを作成するには,オプション 8 を使用します。これらのアカウントはクラスタ内で 1 回だけ作成する必要があります。

  14. SYLOGICALS.COMファイルに次の行を追加します。


      $ DEFINE DCOM$TO_BE_STARTED TRUE 
    

  15. COM for OpenVMS を起動します。この手順については,第 4.12 節 を参照してください。



4.7 OpenVMS Cluster での COM for OpenVMS のアップグレード

注意

ここで説明するクラスタ・アップグレード手順では,1 つのシステム・ディスクに COM for OpenVMS をインストールするものと想定しています。

注意

アップグレードを開始する前に,Advanced Server for OpenVMS とレイヤード製品の自動スタートアップを無効にして,COM for OpenVMS とその関連コンポーネントがアップグレードされるまで,これらの製品が起動されないようにしてください。

次の操作を行います。

  • 次の製品が起動されないように, SYLOGICALS.COMファイルを編集します。

    • OpenVMS Registry ( DEFINE REG$TO_BE_STARTED TRUEまたは DEFINE/SYSTEM REG$TO_BE_STARTED TRUEという行を削除 )

    • COM for OpenVMS ( DEFINE DCOM$TO_BE_STARTED TRUEという行をコメントに変更 )

  • 次の製品が起動されないように, SYS$STARTUP:SYSTARTUP_VMS.COMファイルを編集します。

    • Advanced Server for OpenVMS ( @SYS$STARTUP:PWRK$STARTUP.COMという行をコメントに変更 )

COM for OpenVMS が実行中の場合は,クラスタ内のすべてのノードで最初に COM for OpenVMS をシャットダウンし,次に Advanced Server for OpenVMS をシャットダウンし (実行されている場合),最後に OpenVMS Registry をシャットダウンします。

次の操作を行います。

  1. 必要なすべてのシステム・ディスクで OpenVMS Version 7.2-1 にアップグレードします。この手順については,『OpenVMS Alpha Version 7.x Upgrade and Installation Manual』を参照してください。

  2. TCP/IP をアップグレードします。この手順については,『DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration 』マニュアルまたは TCP/IP サプライヤのマニュアルを参照してください。

  3. アップグレードしたシステムをシステム・ディスクからブートします。

  4. COM Version 1.1 for OpenVMS にアップグレードします。この手順については, 第 4.10 節 を参照してください。

  5. クラスタ内のこのノードで Advanced Server for OpenVMS をアップグレードします。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。

    注意

    クラスタ内の少なくとも 1 つの Alpha ノードに Advanced Server for OpenVMS をインストールしなければなりません。他のノードでは,Advanced Server for OpenVMS をインストールするか,または 「External Authentication images (only)」を選択できます。

  6. TCP/IP を構成します (各ノードでリブート時にスタートアップするための設定)。この手順については,『DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration』マニュアルまたは TCP/IP サプライヤのマニュアルを参照してください。

  7. 次の手順で OpenVMS Registry を構成します。

    • REG$CONFIGを実行して,OpenVMS Registry を構成します。 第 8.2 節 を参照してください。OpenVMS Registry はクラスタで 1 回だけ構成する必要があります。

    • OpenVMS Registry サーバを実行するすべてのノードで SYLOGICALS.COMファイルを編集して, SYS$REGISTRY論理名を定義します。次の例を参照してください。


      $ DEFINE/SYSTEM SYS$REGISTRY 
      cluster-visible-directory-specification
      


      クラスタ内のすべてのノードで, SYLOGICALS.COMファイルを次のように編集します。

      • クラスタで共通の SYLOGICALS.COMファイルを 1 つだけ使用し,各ノードの SYLOGICALS.COMファイルからその共通ファイルを呼び出す場合は,変更は必要ありません。

      • OpenVMS Registry サーバを実行しないノードで,次の行を
        SYLOGICALS.COMファイルに追加します。


          $ DEFINE/SYSTEM REG$TO_BE_STARTED FALSE 
        

  8. Advanced Server for OpenVMS を構成し,起動します。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。
    このノードで Advanced Server for OpenVMS を実行する場合は,リブート時に起動するように Advanced Server for OpenVMS を設定します (必要に応じて SYS$STARTUP ファイルを編集します)。システム構成に応じて,0〜n 回リブートする必要があります。
    このノードで Advanced Server for OpenVMS を実行していない場合は,SYLOGICALS.COMファイルを編集して,PWRK$ACME_SERVER論理名を定義します。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。PWRK$ACME_SERVER論理名の詳細については,表 12-2 を参照してください。

  9. ACME サーバを起動します。次のコマンドを使用します。


      $ @SYS$STARTUP:NTA$STARTUP_NT_ACME 
    

  10. RPC を起動します。次のコマンドを使用します。


      $ @SYS$STARTUP:DCE$RPC_STARTUP.COM 
    

  11. COM Version 1.0 for OpenVMS から COM Version 1.1 for OpenVMS へのアップグレードの詳細については,付録 D を参照してください。

  12. COM for OpenVMS を構成します。この手順については,第 4.11 節第 5.2 節 を参照してください。

    • OpenVMS Registry に情報を登録します。この手順については,第 5.2 節 を参照してください。OpenVMS Registry データベースに情報を登録するには,オプション 3 を使用します。クラスタで 1 回だけ,OpenVMS Registry に情報を登録する必要があります。

    • COM for OpenVMS Service Control Manager で必要な OpenVMS アカウントと Advanced Server for OpenVMS アカウントを作成します。詳細については,第 5.2 節 を参照してください。アカウントを作成するには,オプション 8 を使用します。これらのアカウントはクラスタ内で 1 回だけ作成する必要があります。

  13. SYLOGICALS.COMファイルに次の行を追加します。


      $ DEFINE DCOM$TO_BE_STARTED TRUE 
    

  14. 特定のノードで COM for OpenVMS を起動します。この手順については, 第 4.12 節 を参照してください。



4.8 OpenVMS の外部認証

COM for OpenVMS では,COM オブジェクトへのアクセスを制御するために,NTLM セキュリティ資格情報を使用します。OpenVMS ユーザは NTA$LOGON ユーティリティを使用して,Advanced Server for OpenVMS (PATHWORKS) 機能で定義されている Windows NT ユーザを認証し,必要な資格情報を取得できます。このユーティリティは,ACM (Authentication and Credential Management) オーソリティに対するユーザ・インタフェースです。

OpenVMS での認証では,Windows NT のユーザ名を SYSUAF.DAT ファイルでローカルの OpenVMS アカウントにマップする必要があります。デフォルトでは,外部 (NTLM) 認証を行うには,Windows NT ユーザ名にマップされる OpenVMS アカウントに対して,EXTAUTH フラグをセットする必要があります。EXTAUTH フラグをセットしないと,OpenVMS は必要なマップを実行できません。フラグがセットされていない場合は,認証は失敗します。

たとえば,Advanced Server for OpenVMS (PATHWORKS) ユーザ・データベースで Windows NT ユーザ名SMITHが定義されていて,ホスト・マップ・データベースで Windows NT ユーザ名SMITHと,JSMITHという OpenVMS アカウントの間の対応関係が定義されている場合,OpenVMS システムのJSMITHの SYSUAF.DAT レコードで,EXTAUTH フラグが有効に設定されていなければなりません。EXTAUTH フラグが有効に設定されていない場合や,Windows NT ユーザ名のホスト・マップ・エントリが削除されている場合は,外部認証は失敗します。

SECURITY_POLICY sysgen パラメータで IGNORE_EXTAUTH フラグ (ビット 11,%X0800) をセットしておけば,外部認証のために使用するすべての OpenVMS アカウントで EXTAUTH フラグを有効にする必要がなくなります。IGNORE_EXTAUTH フラグを有効にすると,OpenVMS ユーザは,EXTAUTH フラグが有効になっていない OpenVMS アカウントに Windows NT ユーザ名がマップされる場合でも,NTA$LOGON ユーティリティを使用して資格情報を取得できます。

4.8.1 外部認証での LOGINOUT.EXE の使用

EXTAUTH フラグはまた,ログオン・プロセス (つまりローカル・ログイン,ダイアルアップ・ログイン,リモート・ログイン,会話型ログイン,ネットワーク・ログイン) で OpenVMS ユーザを認証するために,外部認証を使用するように LOGINOUT.EXE に要求します。EXTAUTH フラグを有効にすると,LOGINOUT.EXE は SYSUAF.DAT レコードのパスワードではなく,外部認証を使用して OpenVMS ユーザ名とパスワードを確認します。

LOGINOUT 外部認証では,必ず SYSUAF アカウント・レコードで EXTAUTH フラグを有効にしておく必要があります。NTA$LOGON や認証済み RPC と異なり,IGNORE_EXTAUTH フラグを使用しても,この必要条件を無効にすることはできません。

4.8.2 DCE 統合ログインの制限

あるサイトの同じシステムで,外部認証と以前の LGI コールアウト機能の両方を使用することはできません。LGI コールアウト・イメージがインストールされている場合は,ログイン用の外部認証は無効になります。DCE 統合ログインでは LGI コールアウト・メカニズムを使用するため,OpenVMS では,DCE 統合ログインが有効に設定されている場合,Windows NT ベースの外部認証を使用してログインを行うことはできません。

4.9 COM for OpenVMS 環境とは

COM for OpenVMS は相互に関係する多くのサーバ (プロセス) とオペレーティング・システム・イメージに依存します。ほとんどの場合,システムを再起動すると,サーバは自動的に起動します (自動的な起動を行うには,各コンポーネントをインストールし,構成しておくことが必要で,SYLOGICALS.COMファイルも必要に応じて変更しなければなりません)。サーバの起動と構成の詳細については,第 4.3 節 を参照してください。

図 4-1 は,プロセスとオペレーティング・システム・レイヤの関係と依存関係を示しています。

図 4-1 プロセスとレイヤの関係


表 4-1 は,プロセス名と,それに対応するサーバの関係を示しています。

表 4-1 プロセス名とサーバ名の関係
プロセス名 サーバ名 参照箇所
DCOM$RPCSS COM for OpenVMS Service Control Manager (SCM) 第 4.9.1 項
REGISTRY_SERVER OpenVMS Registry サーバ 第 4.9.2 項
PWRKxxx Advanced Server for OpenVMS サーバ (複数のプロセス) 第 4.9.3 項
ACME_SERVER ACME サーバ 第 4.9.4 項
DCE$RPCD RPC エンドポイント・マッパ 第 4.9.5 項

この節では,サーバとレイヤについて説明します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項