日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引




手順型言語 (Fortran や COBOL など) で書かれ,キャラクタ端末インタフェースを使用するアプリケーションを使っている場合,COM "ラッパー" またはジャケットでこれらのアプリケーションを包み込むことにより,アプリケーションを新しいプラットフォームで実行することができるようになり,また,OpenVMS のクライアント/サーバ環境で実行することも可能になります。

従来のアプリケーションの中には,新しい技術に対応するように完全に書き直すと,非常に危険性の高いアプリケーションがあります。多くのアプリケーションは大規模で,複雑で,ドキュメントが不足しており,現在の保守担当者はこのようなアプリケーションを完全に理解できません。既存のアプリケーションをカプセル化すれば,作り直すより危険性が低くなり,また,書き直すための最初のステップとして利用することもできます。このようにしておけば,必要に応じて既存のアプリケーションの一部だけを書き直すことができ,その間もアプリケーションの以前のバージョンは安定した状態で利用できます。また,カプセル化では,開発者はコードを再利用でき,作業時間とリソースを節約できます。

一方,カプセル化には欠点もあります。保守作業が複雑になり,基礎になるコードを変更することができません。既存のアプリケーションが不安定だったり,保守が困難な場合は,カプセル化したアプリケーションがそれ以上のものになるわけではなく,ラッパーを追加したために,さらに状況が悪化する可能性もあります。

従来の手順型アプリケーションは複数の層でカプセル化することができます。ユーザ・インタフェース (UI),データベース,データ操作ルーチンでカプセル化できます。

  • ユーザ・インタフェース

    ユーザ・インタフェース (UI) をカプセル化すると,UI を他のプラットフォームでサポートできるようになります (たとえば, Windows NT システムのグラフィカル・ユーザ・インタフェース [GUI] から)。
    UI をカプセル化してユーザのデスクトップに移動しても,アプリケーションの他の部分は OpenVMS に残しておくことができます。バッチ処理プログラムは,このようなユーザ・インタフェースのカプセル化に適しています。画面管理を行うアプリケーション (たとえば,SMG や FMS) は, COM for OpenVMS を使用して従来のキャラクタ端末インタフェースをカプセル化することができ,ユーザは Windows NT スタイルのダイアログ・ボックスを通じてアクセスできるようになります。

  • データベース

    COM for OpenVMS を使用してデータベースをカプセル化すると,データベースは他のプラットフォームで稼動している分散アプリケーションの一部からアクセスできるようになります。この方法の場合,プログラマは安定した OpenVMS 上でデータベースを管理することができ,ユーザ・インタフェースとデータ・アクセス・ルーチンはリモートの (おそらく信頼性の低い) システムに置くことができるという利点があります。

  • データベース操作ルーチン

    データベース操作ルーチンをカプセル化すると,ルーチンは異種コンピューティング環境の他のどの COM コンポーネントからもアクセスできるようになります。

COM for OpenVMS を使用して OpenVMS アプリケーションをカプセル化するということは,カプセル化されるアプリケーションと会話する COM for OpenVMS サーバを作成することを意味します。 COM for OpenVMS サーバは,アプリケーションが必要とする順序および形式で引数をアプリケーションに渡します。 COM for OpenVMS サーバはアプリケーションからの出力を傍受して,それを表示装置,ユーザ・インタフェース,その他のルーチンに渡します。

3.4 OpenVMS MIDL コンパイラ

OpenVMS MIDL コンパイラは,次の点を除き, MIDL (Microsoft Interface Definition Language) コンパイラ V3.00.44 と同じです。

  1. Microsoft MIDL では,複数の最適化レベルがサポートされます。一方,OpenVMS MIDL では,-Oicfだけがサポートされます。他の最適化レベルは使用できません。

  2. /cpp_cmdスイッチと/cpp_optスイッチは,OpenVMS MIDL では完全に機能しません。

  3. Windows NT システムでは,Microsoft MIDL コマンド,スイッチ,修飾子で大文字と小文字が区別されます。 OpenVMS MIDL コンパイラでは大文字と小文字が区別されません。 OpenVMS MIDL コンパイラに渡されるすべてのコマンド,スイッチ,修飾子は小文字になります。このため,Microsoft MIDL のスイッチ/I/iは OpenVMS では同じになります。

  4. MIDL で生成されたファイルはプラットフォーム固有です。

    MIDL は両方のプラットフォームで実行しなければなりません。どちらか一方のプラットフォーム (OpenVMS または Windows NT ) で生成された MIDL 出力ファイルは,もう一方のプラットフォームにコピーしたり,使用することができません。

  5. MIDL-wスイッチ

    Microsoft MIDL コンパイラでは,-wまたは-warnを指定して,コンパイラで生成される警告のレベルを制限できます。OpenVMS MIDL コンパイラでは,-wスイッチだけがサポートされます。

第 4 章
COM for OpenVMS キットのインストール

この章では, COM for OpenVMS キットの内容,必要なソフトウェア,インストールの前処理について説明します。また, COM for OpenVMS のインストールの方法とインストールの後処理についても説明します。

4.1 COM Version 1.1 for OpenVMS キットの内容

COM Version 1.1 for OpenVMS には,次のコンポーネントが含まれています。

  • ソフトウェア

    • COM for OpenVMS 実行時ライブラリ

    • COM for OpenVMS MIDL コンパイラとヘッダ・ファイル

    • COM for OpenVMS 構成ユーティリティ

    • サンプル・アプリケーション

  • ドキュメンテーション

    • 『OpenVMS Connectivity Developer Guide』 (PostScript 形式,HTML 形式,PDF 形式)
      (本書『OpenVMS コネクティビティ開発者ガイド』の英語版)



4.2 インストールの要件

次のソフトウェアが必要です。

  • OpenVMS システム

    • OpenVMS バージョン 7.2-1 以上

    • DEC C バージョン 5.6 以上と DEC C++ バージョン 5.6 以上 ( COM for OpenVMS アプリケーション開発の場合)

    • DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS Version 5.0 またはそれに相当するもの

    • Advanced Server for OpenVMS Version 7.2A 以上

    • COM for OpenVMS をインストールする前に,グローバル・ページ,グローバル・セクション,ディスク・ブロックに必要な空き領域があるかどうか確認してください。次の表は必要な空き領域を示しています。

      ソフトウェア グローバル・
      ページ
      グローバル・
      セクション
      ディスク・
      ブロック
      COM for OpenVMS 11,000 27 57000
      RPC 実行時 3,300 14 N/A

      Advanced Server:
      日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照。
      TCP/IP:
      DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration』マニュアルを参照。

  • Windows® NTtm システム

    • Windows NT 4.0 と Service Pack 3

    • Microsoft® Visual C++ (Windows NT クライアント開発と,MIDL コンパイラに関する情報)。必要なコンパイラ・バージョンについては,Microsoft の Web サイトを参照。

    • TCP/IP を有効に設定 (OpenVMS との接続のために必要)



4.3 サポートされる COM for OpenVMS のインストール・オプション

ここでは, COM Version 1.1 for OpenVMS のインストール・オプションとアップグレード・オプションについて説明します。

実行する操作 参照箇所
COM for OpenVMS を OpenVMS スタンドアロン・システムに初めてインストールする。 第 4.4 節 を参照。
COM for OpenVMS を OpenVMS Cluster システムに初めてインストールする。 第 4.6 節 を参照。
OpenVMS スタンドアロン・システムで COM Version 1.0 for OpenVMS から COM Version 1.1 for OpenVMS にアップグレードする。 第 4.5 節 を参照。
OpenVMS Cluster システムで COM Version 1.0 for OpenVMS から COM Version 1.1 for OpenVMS にアップグレードする。 第 4.7 節 を参照。



4.4 OpenVMS スタンドアロン・システムでの COM for OpenVMS のインストール

次の操作を行います。

  1. OpenVMS Version 7.2-1 をインストールします。この手順については,『OpenVMS Alpha Version 7.x Upgrade and Installation Manual』を参照してください。

  2. TCP/IP をインストールします。この手順については,『DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration』マニュアルまたは TCP/IP サプライヤが提供するマニュアルを参照してください。

  3. インストールしたシステムをシステム・ディスクからブートします。

  4. COM Version 1.1 for OpenVMS をインストールします。この手順については, 第 4.10 節 を参照してください。

  5. Advanced Server for OpenVMS をインストールします。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。

  6. TCP/IP を構成し (スタートアップとリブートのための設定),起動します。この手順については,『DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration』マニュアルまたは TCP/IP サプライヤのマニュアルを参照してください。

  7. 次の手順で OpenVMS Registry を構成します。

    • REG$CONFIGを実行して, OpenVMS Registry を構成します。 第 8.2 節 を参照してください。

    • SYLOGICALS.COMファイルを編集して,次のように SYS$REGISTRY論理名を定義します。


      $ DEFINE/SYSTEM SYS$REGISTRY directory-specification
      

  8. REG$STARTUP.COMファイルを実行して, OpenVMS Registry を起動します。

  9. DCE を実行する場合は,ここで起動します。

    注意

    DCE を使用しなくても COM for OpenVMS を実行することはできますが,環境で DCE を使用する場合は,ここで起動してください。


    この手順については,『DIGITAL DCE Installation and Configuration Guide』を参照してください。
    OpenVMS 外部認証の詳細については, 第 4.8 節 を参照してください。

  10. Advanced Server for OpenVMS を構成します。 Advanced Server for OpenVMS の構成を終了するには,最後にリブートする必要があります。システム構成に応じて, 0〜n 回リブートする必要があります。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。

  11. Advanced Server for OpenVMS を起動します (リブート時にスタートアップするための設定)。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。

  12. 次のコマンドを使用して,ACME サーバを起動します。


      $ @SYS$STARTUP:NTA$STARTUP_NT_ACME 
    

  13. 次のコマンドを使用して,RPC を起動します。


      $ @SYS$STARTUP:DCE$RPC_STARTUP.COM 
    

  14. COM for OpenVMS を構成します。この手順については, 第 4.11 節第 5.2 節 を参照してください。

    • OpenVMS Registry に情報を登録します。この手順については, 第 5.2 節 を参照してください。 OpenVMS Registry データベースに情報を登録するには,オプション 3 を使用します。

    • COM for OpenVMS Service Control Manager で必要な OpenVMS アカウントと Advanced Server for OpenVMS アカウントを作成します。詳細については, 第 5.2 節 を参照してください。アカウントを作成するには,オプション 8 を使用します。

  15. SYLOGICALS.COMファイルを編集し,次の行を追加します。


      $ DEFINE DCOM$TO_BE_STARTED TRUE 
    

  16. COM for OpenVMS を起動します。この手順については, 第 4.12 節 を参照してください。



4.5 OpenVMS スタンドアロン・システムでの COM Version 1.0 for OpenVMS からのアップグレード

注意

アップグレードを開始する前に, Advanced Server for OpenVMS , OpenVMS Registry ,その他のレイヤード製品の自動スタートアップを無効にして, COM for OpenVMS とその関連コンポーネントがアップグレードされるまで,これらの製品が起動されないようにしてください。

次の操作を行います。

  • 次の製品が起動されないように, SYLOGICALS.COMファイルを編集します。

    • OpenVMS Registry ( DEFINE REG$TO_BE_STARTED TRUEまたは DEFINE/SYSTEM REG$TO_BE_STARTED TRUEという行を削除)

    • COM for OpenVMS ( DEFINE DCOM$TO_BE_STARTED TRUEという行をコメントに変更)

  • 次の製品が起動されないように, SYS$STARTUP:SYSTARTUP_VMS.COMファイルを編集します。

    • Advanced Server for OpenVMS ( @SYS$STARTUP:PWRK$STARTUP.COMという行をコメントに変更)

COM for OpenVMS が実行中の場合は,最初に COM for OpenVMS をシャットダウンし,次に Advanced Server for OpenVMS をシャットダウンし (実行されている場合),最後に OpenVMS Registry をシャットダウンします。

次の操作を行います。

  1. OpenVMS Version 7.2-1 にアップグレードします。この手順については,『OpenVMS Alpha Version 7.x Upgrade and Installation Manual』を参照してください。

  2. TCP/IP をアップグレードする場合は,ここでアップグレードしてください。この手順については,『DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration』マニュアルまたは TCP/IP サプライヤのマニュアルを参照してください。

  3. アップグレードしたシステムをシステム・ディスクからブートします。

  4. COM for OpenVMS をアップグレードします。この手順については, 第 4.10 節 を参照してください。

  5. Advanced Server for OpenVMS をインストールまたはアップグレードします。システム構成に応じて,0〜n 回リブートする必要があります。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。

  6. リブート時に起動するように TCP/IP を有効に設定した場合を除き, TCP/IP を起動します。この手順については,『DIGITAL TCP/IP Services for OpenVMS: Installation and Configuration』マニュアルまたは TCP/IP サプライヤのマニュアルを参照してください。

  7. リブート時に起動するように OpenVMS Registry を有効に設定した場合を除き, OpenVMS Registry を起動します。この手順については, 第 8.2 節 を参照してください。

  8. DCE を実行する場合は,ここで DCE を起動します。

    注意

    DCE を使用しなくても COM for OpenVMS を実行することはできますが,環境で DCE を使用する場合は,ここで起動してください。


    この手順については,『DIGITAL DCE Installation and Configuration Guide』を参照してください。
    OpenVMS 外部認証の詳細については, 第 4.8 節 を参照してください。

  9. Advanced Server for OpenVMS を構成します。 Advanced Server for OpenVMS の構成を終了するには,リブートしなければなりません。システム構成に応じて 0〜n 回リブートする必要があります。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。

  10. Advanced Server for OpenVMS を起動します (リブート時にスタートアップするための設定)。この手順については,『日本語 Advanced Server for OpenVMS インストレーションおよび構成ガイド』を参照してください。

  11. 次のコマンドを使用して,ACME サーバを起動します。


      $ @SYS$STARTUP:NTA$STARTUP_NT_ACME 
    

  12. 次のコマンドを使用して,RPC を起動します。


      $ @SYS$STARTUP:DCE$RPC_STARTUP.COM 
    

  13. COM Version 1.0 for OpenVMS から COM Version 1.1 for OpenVMS へのアップグレードの詳細については, 付録 D を参照してください。

  14. COM for OpenVMS を構成します。この手順については, 第 4.11 節第 5.2 節 を参照してください。

    • OpenVMS Registry に情報を登録します。この手順については, 第 5.2 節 を参照してください。 OpenVMS Registry データベースに情報を登録するには,オプション 3 を使用します。

    • COM for OpenVMS Service Control Manager で必要な OpenVMS アカウントと Advanced Server for OpenVMS アカウントを作成します。詳細については, 第 5.2 節 を参照してください。アカウントを作成するには,オプション 8 を使用します。

  15. SYLOGICALS.COMファイルに次の行を追加します。


      $ DEFINE DCOM$TO_BE_STARTED TRUE 
    

  16. COM for OpenVMS を起動します。この手順については, 第 4.12 節 を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡