日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:概要
第 2 章:日本語ターミナル・ドライバとフォント・ハンドラ
第 3 章:漢字プリント・シンビオント
第 4 章:Character Manager (CMGR) ユーティリティ
第 5 章:KANJIGEN ユーティリティ
第 6 章:フォント管理ユーティリティ・メッセージ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本

日本語 OpenVMS
フォント管理ユーティリティ 利用者の手引き


目次 索引

第 1 章
概要

この章では,日本語 OpenVMS のフォント・システムとして使用されているフォント管理ユーティリティについて説明します。

1.1 フォント管理ユーティリティ概要

フォント管理ユーティリティとは,日本語エディタ (DEC XTPU など)のようなプログラムが使用する漢字フォントをサポートするユーティリティ群です。

  • KANJIGEN ユーティリティ
    漢字ターミナルの属性を設定する ( 第 5 章 を参照)

  • Character Manager (CMGR) ユーティリティ
    システム・フォント・データベースの管理およびプリローディング用ファイルの作成 ( 第 4 章 を参照)

日本語 OpenVMS のフォント・システムは,このフォント管理ユーティリティの他にユーザから直接には見えないところで動く日本語ターミナル・ドライバ,フォント・ハンドラおよび漢字プリント・シンビオントも,漢字ターミナルに漢字を出力する際に使用しています。

  • 日本語ターミナル・ドライバフォント・ハンドラ
    文字パターン出力の判定と文字パターンの出力 ( 第 2 章 を参照))

  • 漢字プリント・シンビオント
    プリンタにユーザ定義文字を出力する ( 第 3 章 を参照)



1.2 フォント管理ユーティリティの機能

フォント管理ユーティリティの機能の概略を以下に記します。

  1. 漢字ターミナルの属性の設定
    KANJIGEN ユーティリティを使用して,漢字ターミナルの属性を設定します。 DCL コマンドの SET TERMINAL に相当する機能です。

    • 日本語エディタ,日本語電子メールなどを使う場合は,あらかじめ KANJIGEN で漢字ターミナルの属性を漢字出力モードに設定してください。

    • JIS X 0208第2水準漢字およびユーザ定義文字をオンデマンド・ローディング機能を用いて表示する場合は,KANJIGEN で漢字ターミナルの属性をオンデマンド・ローディング可能に設定してください。

  2. ユーザ定義文字の作成
    JIS X 0208第1水準,第2水準相当の漢字フォントは,漢字ターミナルのフォント ROM またはシステムのフォント・データベースに準備されています。これ以外の文字パターンが必要な場合は,CMGR ユーティリティを使用することによってユーザ独自にフォントをデザインして使用することができます。
    作成した文字パターンは,システムのフォント・データベースに登録して全ユーザが共通に使用することも,各ユーザが個別に独自の文字パターンとして使うこともできます。

  3. プリローディング
    漢字ターミナルやプリンタで,その装置のフォントROMにない漢字を使用する場合,文字パターンをあらかじめフォントRAM 上に保存して使用することができます。
    この機能を使用するには,ロード可能形式で文字パターンを持つプリロード・ファイルと呼ばれるファイルを, DCL コマンドのTYPE で漢字ターミナルに出力するか,または DCL コマンドのPRINT でプリンタに出力してください。

  4. システム・フォント・データベース管理
    CMGR ユーティリティを使用して,システム・フォント・データベース上に作成したユーザ定義文字を登録したり,または削除することができます。

  5. オンデマンド・ローディング
    漢字ターミナルやプリンタで,その装置のフォントROMにない漢字を使用する場合,オンデマンド・ローディングの機能を使用して,自動的に文字パターンを漢字ターミナルに送ることができます。
    オンデマンド・ローディング機能を有効にした場合,日本語ターミナル・ドライバは,必要に応じてフォント・ハンドラと呼ばれるプロセスを呼び出して,システム・フォント・データベース内の文字パターンを漢字ターミナルに送ります。
    この機能はユーザからは見えないところで行われますので,ユーザは JIS X 0208 第2水準漢字,ユーザ定義文字などを自由に使うことができます。

  6. プリンタでの漢字印字
    漢字プリント・シンビオントを使用すると,プリンタにユーザ定義文字を出力することができます。



1.3 フォント・データベース

システム全体で使用される文字パターンを格納するためのファイルで,以下の漢字を管理します。

  • JIS X0208 漢字文字セットの 48 〜 94 区 → 漢字ターミナル用

  • DEC 拡張漢字セット 1 〜 94 区 → 漢字ターミナルとプリンタ用

JIS X0208 漢字文字セット1 〜 47 区については漢字ターミナル側で管理します。フォント・データベース内にこの情報はありません( 図 1-1 参照)。

図 1-1 フォント・データベース




1.4 日本語 OpenVMS オペレーティング・システムのユーザ定義文字

日本語 OpenVMS では,DEC 漢字コードセットおよび Super DEC 漢字コードセットの2つがサポートされます。

これらの漢字コードセットでは,一部の文字コードについてはユーザが文字パターンを作成し,定義することができます。 (ユーザ定義文字の作成や管理には, Character Manager (CMGR) ユーティリティを使用します。) これらの文字をユーザ定義文字(UDC)と呼びます。ユーザはユーザ定義文字を使用することにより, 日本語 OpenVMS の標準文字セットではサポートされない一部の漢字文字を使用することができます。漢字コードセットの詳細は,『日本語 OpenVMS 概説書』を参照してください。

1.5 環境



弊社製の漢字ターミナルおよびプリンタのほとんどすべては,文字パターンのロード可能シーケンスを取り扱うことができ,ユーザ定義文字を表示または印字できます。

Character Manager (CMGR) ユーティリティを使用する場合,ユーザが文字パターンを編集する漢字ターミナルは,動的再定義可能文字セット (DRCS)をサポートしていなければなりません。 DRCSについての詳しい説明は,『 VT382 Programmer Reference Manual 』を参照してください。

表 1-1 は,漢字フォント・システムのサポートの度合によって分類した漢字ターミナルとプリンタを示しています。

表 1-1 漢字ターミナルおよびプリンタでのユーザ定義文字のサポート
    ユーザ定義文字の表示/印刷
デバイス フォント・
エディタ
プリローディング オンデマンド・
ローディング
漢字プリント・
シンビオント
漢字ターミナル        
VT282ビデオ・ターミナル Yes Yes Yes N/A
VT284グラフィック・ターミナル Yes Yes Yes N/A
VT286カラー・グラフィック・
ターミナル
Yes Yes Yes N/A
VT382ビデオ・ターミナル Yes Yes Yes N/A
漢字プリンタ        
LA86グラフィック・プリンタ N/A Yes No Yes
LA88グラフィック・プリンタ N/A Yes No Yes
LA90グラフィック・プリンタ N/A Yes No Yes
LA280ライン・プリンタ N/A Yes No Yes
LA380ライン・プリンタ N/A Yes No Yes
LN03レーザ・プリンタ N/A Yes No No
DEClaser 2300レーザ・プリンタ N/A Yes No No



1.5.2 OpenVMS Cluster環境での操作

複数のシステム・ディスクを持つ OpenVMS システムで構成されている OpenVMS Cluster 環境では,各 OpenVMS Cluster ノードは独自のシステム・フォント・データベースを持っています。したがって,1つのシステム・フォント・データベースを操作しても,他のシステム・フォント・データベースに影響を与えません。

このような不均質な OpenVMS Cluster環境でシステム・フォント・データベース間の互換性を維持するのは,そのOpenVMS Clusterシステムのシステム管理者の責任となります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項