日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS

OpenVMS Cluster システム

AA-RNJAB-TE

2002 年 10 月

本書は,OpenVMS Cluster システムの構成および管理の手順とガイドラインについて説明します。特に示した場合を除き,本書で説明する手順とガイドラインは, VAX コンピュータと Alpha コンピュータの両方に適用されます。本書ではまた,クラスタに接続されているシステム間での高可用性の提供,構築ブロックの拡張,統一されたシステム管理についても説明します。

改訂/更新情報: 本書は,OpenVMS Alpha V7.3 および OpenVMS VAX V7.3 の『OpenVMS Cluster システム』の改訂版です。
ソフトウェア・バージョン: OpenVMS Alpha V7.3-1

OpenVMS VAX V7.3



日本ヒューレット・パッカード株式会社

© 2002 Hewlett-Packard Development Company, L.P.

本書の著作権はHewlett-Packard Development Company, L.P.が保有しており,本書中の解説および図,表はHewlett-Packard Development Company, L.P.の文書による許可なしに,その全体または一部を,いかなる場合にも再版あるいは複製することを禁じます。

また,本書に記載されている事項は,予告なく変更されることがありますので,あらかじめご承知おきください。万一,本書の記述に誤りがあった場合でも,日本ヒューレット・パッカードは一切その責任を負いかねます。

本書で解説するソフトウェア ( 対象ソフトウェア ) は,所定のライセンス契約が締結された場合に限り,その使用あるいは複製が許可されます。

日本ヒューレット・パッカードは,弊社または弊社の指定する会社から納入された機器以外の機器で対象ソフトウェアを使用した場合,その性能あるいは信頼性について一切責任を負いかねます。

Motif,OSF/1,UNIX は,米国およびその他の国の The Open Group の商標です。

その他のすべての商標および登録商標は,それぞれの所有者が保有しています。

原典:OpenVMS Cluster Systems
© 2002 Compaq Computer Corporation


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項