日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引


サーバ
    MOP
    MOP サーバのサーキット・サービスの有効化
    MOP とディスク・サーバ
    MSCP
    TMSCP #1
    TMSCP #2
    ダウンライン・ロードのために使用される
    テープ
    ディスク
    ブート
    ブート時の動作
    メモリと LAN アダプタの構成
再送
    ACK の紛失による
    HELLO データグラムによって発生する輻輳
    エラーの分析
    関係する問題
    輻輳条件下
    メッセージの紛失による
サテライト・ノード
    CLUSTER_CONFIG.COM プロシージャによって作成されるシステム・ファイル
    LAN ハードウェア・アドレス
        取得
        変更
    NETNODE_REMOTE.DAT のネットワーク・データの更新
    機能
    削除
    ダウンライン・ロード
    追加
    ネットワーク構成データの管理
    ネットワーク構成データの復元
    ネットワーク構成データの保守
    ブート #1
    ブート #2
    ブート #3
    ブート #4
        DECnet MOP ダウンライン・ロード・サービス
        LAN MOP ダウンライン・ロード・サービス
        アーキテクチャ間の
        会話型ブートストラップ操作
        クロスアーキテクチャ
        準備
        制御 #1
        制御 #2
        トラブルシューティング #1
        トラブルシューティング #2
        ブート・メカニズムとしての LANCP
    ページングとスワッピングのために使用されるローカル・ディスク
    リブート
    ローカル・ディスク・ラベルの変更
シーケンス番号
    データグラム・フラグの
システム管理
    AUTOGEN コマンド・プロシージャ
    SYSMAN ユーティリティ
    System Dump Analyzer
    オペレーティング環境
    製品
    日常作業のツール
    日常操作のためのツール
システム時刻
    クラスタ単位の設定
システム・パラメータ
    ACP_REBLDSYSD #1
    ACP_REBLDSYSD #2
    ALLOCLASS
    CHECK_CLUSTER
    CLUSTER_CREDITS
    CWCREPRC_ENABLE
    DISK_QUORUM
    DR_UNIT_BASE
    EXPECTED_VOTES #1
    EXPECTED_VOTES #2
    EXPECTED_VOTES #3
    EXPECTED_VOTES #4
    LOCKDIRWT #1
    LOCKDIRWT #2
    LRPSIZE
    LRPSIZE パラメータの調整
    MIN に設定された STARTUP_P1
    MODPARAMS.DAT ファイルでのパラメータの設定
    MODPARAMS.DAT ファイルと AGEN$ ファイルの更新
    MPDEV_AFB_INTVL
    MPDEV_D1 #1
    MPDEV_D1 #2
    MPDEV_ENABLE
    MPDEV_LCRETRIES
    MPDEV_POLLER
    MPDEV_REMOTE
    MSCP_BUFFER
    MSCP_CMD_TMO
    MSCP_CREDITS
    MSCP_LOAD #1
    MSCP_LOAD #2
    MSCP_SERVE_ALL #1
    MSCP_SERVE_ALL #2
    NISCS_CONV_BOOT #1
    NISCS_CONV_BOOT #2
    NISCS_CONV_BOOT #3
    NISCS_LAN_OVRHD
    NISCS_LOAD_PEA0 #1
    NISCS_LOAD_PEA0 #2
    NISCS_MAX_PKTSZ
    NISCS_MAX_PKTSZ パラメータの調整
    NISCS_PORT_SERV
    PASTDGBUF
    QDSKINTERVAL
    QDSKVOTES
    RECNXINTERVAL
    SCSBUFFCNT
    SCSMAXDG
    SCSMAXMSG
    SCSRESPCNT
    TAPE_ALLOCLASS #1
    TAPE_ALLOCLASS #2
    TIMVCFAIL
    TMSCP_LOAD #1
    TMSCP_LOAD #2
    TMSCP_SERVE_ALL
    VAXCLUSTER
    VOTES #1
    VOTES #2
    クォーラム
    クラスタの拡張のための調整
    クラスタ・パラメータ
    データの破壊を防止するための警告 #1
    データの破壊を防止するための警告 #2
    データの破損を防止するための警告
    フィードバック・オプションによる保持
シャドウ・セット
    MSCP サーバを介してアクセスされる
    仮想ユニット
    最大数
    定義
    分散
    ボリューム・シャドウイングも参照
状態
    SYS$LAVC_START_BUS サブルーチンから返される
状態遷移 #1
状態遷移 #2
スクライブ・プログラム
    トラフィック・データの取り込み
スター・カプラ
スタータ・プログラム
    再送されたパケットの取り込み
スタートアップ・コマンド・プロシージャ
    サイト固有の
    サテライトの制御
    調整
    テンプレート・ファイル
スタンドアロン・コンピュータ
    クラスタ・コンピュータへの変換
ストライプ・セット
    シャドウイングされた
スワップ・ファイル (SWAPFILE.SYS)
    CLUSTER_CONFIG.COM プロシージャによって作成される #1
    CLUSTER_CONFIG.COM プロシージャによって作成される #2
セキュリティ管理 #1
セキュリティ管理 #2
    会話型ブートストラップ操作の制御
    セキュリティ関連ファイル
    ネットワーク
    メンバシップの整合性
接続マネージャ
    概要
    状態遷移
送信チャネル
    選択
    選択および輻輳制御
ダンプ・ファイル
    管理
    大規模なクラスタでの
チャネル
    PEDRIVER によって確立および実装される
    定義
チャネルの形成
    BYE データグラム
    CCSTART データグラムによるオープン
    HELLO データグラム #1
    HELLO データグラム #2
    VACK データグラムによる完了 #1
    VACK データグラムによる完了 #2
    VERF データグラムによる確認
    VERF データグラムによる確認応答
    ハンドシェイク
    複数の
    問題
通信
    NISCA プロトコル・レベルのトラブルシューティング
    PEDRIVER
    SCS プロセッサ間
    再送に関する問題
    チャネルの形成に関する問題
    メカニズム
テープ
    TMSCP でサービスされる #1
    TMSCP でサービスされる #2
    TUDRIVER #1
    TUDRIVER #2
    管理
    共用
    クラスタ・アクセス可能 #1
    クラスタ・アクセス可能 #2
    サービス
    制限されたアクセス
    デュアル・パス #1
    デュアル・パス #2
    デュアル・ポート
    ノード割り当てクラス
    ローカル・テープへのクラスタ単位のアクセス
    割り当てクラスの設定
    割り当てクラスの割り当て
テープ・クラス・ドライバ #1
テープ・クラス・ドライバ #2
テープ・コントローラ
テープ・サーバ
    LAN 構成での TMSCP
データ可用性
    可用性を参照
データグラム
    ACK フラグ
    AUTHORIZE フラグ
    BYE
    CCSTART #1
    CCSTART #2
    CC ヘッダ
    DATA フラグ
    DX ヘッダ
    FDDI ヘッダ
    HELLO #1
    HELLO #2
    NISCA
    NISCA プロトコル・パケットの形式
    REXMT フラグ
    RSVP フラグ
    SEQ フラグ
    TR/CC フラグ
    TR フラグ
    TR ヘッダ
    VACK #1
    VACK #2
    VERF #1
    VERF #2
    イーサネット・ヘッダ
    再送に関する問題
    フラグ
    マルチキャスト
    予約フラグ #1
    予約フラグ #2
データの整合性
    接続マネージャ
ディザスタ・トレラント OpenVMS Cluster システム
ディスク
    I/O のボトルネックのトラブルシューティング
    MSCP でサービスされる #1
    MSCP でサービスされる #2
    管理
    共用 #1
    共用 #2
    共用 #3
        マウント #1
        マウント #2
    クォーラム
    クラスタ・アクセス可能 #1
    クラスタ・アクセス可能 #2
        共通プロシージャの格納
    構成
    再構築
    再構築操作
    システム
        OpenVMS Cluster でのシャドウイング
        クラスタ単位のマウント
        再構築 #1
        再構築 #2
        再構築の回避
        大規模なクラスタでの構成 #1
        大規模なクラスタでの構成 #2
        ダンプ・ファイルの制御
        ディスマウント
        ディレクトリ構造
        バックアップ
        複合アーキテクチャ #1
        複合アーキテクチャ #2
        複数の構成
        複製の作成
        利用率の高いファイルの移動
    制限されたアクセス
    データ
    ディスク・サーバの選択
    デュアル・パス #1
    デュアル・パス #2
    デュアル・パス #3
    デュアル・パス #4
        設定
    デュアル・ポート
    ノード割り当てクラス
    マウント
        MSCPMOUNT.COM ファイル
        クラスタ単位
    ラベルの変更
    ローカル
        クラスタ単位のアクセス
        設定
    割り当てクラスの割り当て
ディスク・クラス・ドライバ #1
ディスク・クラス・ドライバ #2
ディスク・クラス・ドライバ #3
ディスク・クラス・ドライバ #4
ディスク・コントローラ
ディスク・サーバ
    LAN アダプタの構成
    LAN 構成での MSCP
    機能
    選択
    トラブルシューティング
    メモリの構成
ディレクトリ
    システム
ディレクトリ構造
    共通システム・ディスク
デバイス
    IDE
        ポート割り当てクラス付きの名前
    PCI RAID
        ポート割り当てクラス付きの名前
    SCSI サポート
    インターコネクトの種類
    共用ディスク
    デュアル・パス
    デュアル・ポート
    フロッピー・ディスク
        ポート割り当てクラス付きの名前
    ポート・エラー・ログ・エントリ
デバイス・ドライバ
    ポート
    ロード
デバイス名
    RAID Array 210 および 230
    SCSI
    クラスタ
デバッグ
    サテライト・ブート


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項