日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



ポート・ドライバは特定のエラー条件を検出すると,それをログに記録しようとします。ポート・ドライバは,以下の状況で, OPA0 エラー・ブロードキャストと標準的なエラー・ログの両方を実行しようとします。

  • システム・ディスクがまだマウントされていない場合

  • システム・ディスクがマウントの確認を行っている場合

  • マウントの確認で,システム・ディスク・ドライブに不正なボリュームが含まれている場合

  • システム・ディスクのマウントの確認が時間切れになった場合

  • ローカル・コンピュータがクラスタに参加しているときに,クォーラムが失われた場合

この説明では,システム・デバイスとエラー・ログ・デバイスが 1 つで,同一であるものと仮定しています。

以下の表は,エラー・ログの方法とその信頼性を示しています。

方法 信頼性 説明
エラー・ログ・デバイスへの標準的なエラー・ロギング 状況によっては,エラー・ログ・デバイスにエラーを記録する操作が失敗することがある。これらの失敗は,エラー状況をログに記録しようとしたときに,エラー・ログ・デバイスにアクセスできないために発生することがある。 ポート・ドライバはクラスタで中心的な役割を果たすため,このような場合,エラー・ログ情報が紛失すると,問題を診断して修正するのが困難になる。
エラー状態に関する特定のメッセージを OPA0 にブロードキャストする (この操作は,ポート・ドライバがエラー状態をエラー・ログ・デバイスに記録することに加えて実行される)。 一部のエラー状態は,OPA0 エラー・ブロードキャストが実行される方法では報告されない可能性があるため,このエラー・レポート方法は完全に信頼性があるものではない。たとえば,ポート・ドライバが最初のエラー状態を OPA0 にブロードキャストできるようになる前に, 2 番目のエラー状態が検出されると,この状況が発生する。このような場合,最初のエラー状態がより重要なエラーであると考えられるため,そのエラーだけが OPA0 に報告される。 この第 2 の重複するエラー・ログ方式は,この方式を使用しなければ失われる可能性があるポート・デバイス・エラー状態に関する一部の情報を少なくとも収集することができる。

注意: 特定のエラー状態は,エラー・ログ・デバイスにアクセス可能であるかどうかとは無関係に,必ず OPA0 にブロードキャストされます。一般に,ポートが永久的または一時的にシャットダウンされるようなエラーは,この場合に該当します。

C.12.1 OPA0 エラー・メッセージ

各エラー状態に対して 1 つの OPA0 エラー・メッセージが常にログに記録されます。各エラー・メッセージのテキストは, Error Log ユーティリティを使用して,対応する標準のエラー・ログ・エントリを書式化することによって表示される要約テキストに類似しています (Error Log ユーティリティの要約メッセージとその説明については, 付録 C.11.7 項 を参照してください)。

表 C-8 は OPA0 エラー・メッセージを示しています。この表は,エラーの種類に応じて分類されています。多くの OPA0 エラー・メッセージには,リモート・ポート番号, CI パケット情報 (フラグ,ポート・オペレーション・コード,応答状態,ポート番号フィールドなど),特定の CI ポート・レジスタなど,オプション情報が一部含まれています。コードは,メッセージが OPA0 に常に記録されるのか,システム・デバイスにアクセスできない場合にだけ記録されるのかを指定します。

表 C-8 OPA0 メッセージ
エラー・メッセージ 常に記録またはアクセス不能時のみ
初期化時のソフトウェア・エラー
%Pxxn, Insufficient Non-Paged Pool for Initialization 常に記録
%Pxxn, Failed to Locate Port Micro-code Image 常に記録
%Pxxn, SCSSYSTEMID has NOT been set to a Non-Zero Value 常に記録
ハードウェア・エラー
%Pxxn, BIIC failure---BICSR/BER/CNF xxxxxx/xxxxxx/xxxxxx 常に記録
%Pxxn, Micro-code Verification Error 常に記録
%Pxxn, Port Transition Failure---CNF/PMC/PSR xxxxxx/xxxxxx/xxxxxx 常に記録
%Pxxn, Port Error Bit(s) Set---CNF/PMC/PSR xxxxxx/xxxxxx/xxxxxx 常に記録
%Pxxn, Port Power Down 常に記録
%Pxxn, Port Power Up 常に記録
%Pxxn, Unexpected Interrupt---CNF/PMC/PSR xxxxxx/xxxxxx/xxxxxx 常に記録
%Pxxn, CI Port Timeout 常に記録
%Pxxn, CI port ucode not at required rev level. ---RAM/PROM rev is xxxx/xxxx 常に記録
%Pxxn, CI port ucode not at current rev level.---RAM/PROM rev is xxxx/xxxx 常に記録
%Pxxn, CPU ucode not at required rev level for CI activity 常に記録
キュー・インターロック障害
%Pxxn, Message Free Queue Remove Failure 常に記録
%Pxxn, Datagram Free Queue Remove Failure 常に記録
%Pxxn, Response Queue Remove Failure 常に記録
%Pxxn, High Priority Command Queue Insert Failure 常に記録
%Pxxn, Low Priority Command Queue Insert Failure 常に記録
%Pxxn, Message Free Queue Insert Failure 常に記録
%Pxxn, Datagram Free Queue Insert Failure 常に記録
CI パケットによって通知されるエラー
%Pxxn, Unrecognized SCA Packet---FLAGS/OPC/STATUS/PORT xx/xx/xx/xx 常に記録
%Pxxn, Port has Closed Virtual Circuit---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Software Shutting Down Port 常に記録
%Pxxn, Software is Closing Virtual Circuit---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Received Connect Without Path-Block---FLAGS/OPC/STATUS/PORT xx/xx/xx/xx 常に記録
%Pxxn, Inappropriate SCA Control Message---FLAGS/OPC/STATUS/PORT xx/xx/xx/xx 常に記録
%Pxxn, No Path-Block During Virtual Circuit Close---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, HSC Error Logging Datagram Received Inaccessible---REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ
%Pxxn, Remote System Conflicts with Known System---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Virtual Circuit Timeout---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Parallel Path is Closing Virtual Circuit--- REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Insufficient Nonpaged Pool for Virtual Circuits 常に記録
ケーブルの状態変化通知
%Pxxn, Path #0. Has gone from GOOD to BAD---REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ
%Pxxn, Path #1. Has gone from GOOD to BAD---REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ
%Pxxn, Path #0. Has gone from BAD to GOOD---REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ
%Pxxn, Path #1. Has gone from BAD to GOOD---REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ
%Pxxn, Cables have gone from UNCROSSED to CROSSED---REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ
%Pxxn, Cables have gone from CROSSED to UNCROSSED---REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ
%Pxxn, Path #0. Loopback has gone from GOOD to BAD---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Path #1. Loopback has gone from GOOD to BAD---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Path #0. Loopback has gone from BAD to GOOD---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Path #1. Loopback has gone from BAD to GOOD---REMOTE PORT 1 xxx 常に記録
%Pxxn, Path #0. Has become working but CROSSED to Path #1.--- REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ
%Pxxn, Path #1. Has become working but CROSSED to Path #0.--- REMOTE PORT 1 xxx アクセス不能時のみ

1ポート・ドライバが影響を受けるコンピュータのリモート SCS ノード名を識別できる場合,ドライバは "REMOTE PORT xxx" というテキストを "REMOTE SYSTEM X..." に置き換える。ただし, X... はリモート・コンピュータでのシステム・パラメータ SCSNODE の値である。リモート SCS ノード名が提供されない場合は,ポート・ドライバは既存のメッセージ形式を使用する。

CI ポート・レジスタの略称:
CNF --- 構成レジスタ
PMC --- ポート保守/制御レジスタ
PSR --- ポート状態レジスタ

CI ポート・レジスタの詳細については,CI ハードウェアのマニュアルも参照。




CI ポートに関連する他の 2 つのメッセージは,OPA0 に表示されます。


%Pxxn, CI port is reinitializing (xxx retries left.) 
 
%Pxxn, CI port is going off line. 

最初のメッセージは,ポートのシャットダウンを要求している前のエラーが回復可能であり,ポートが再初期化されることを示しています。"xxx retries left" は,ポートを永久的にオフラインにする前に,実行できる再初期化の回数を指定します。ポートの再初期化 (電源障害からの回復以外の理由) のたびに,約 2 KB の非ページング・プールが失われます。

2 番目のメッセージは,前のエラーが回復不可能であり,ポートがオフラインのままになることを示しています。この場合,ポートを回復するには,コンピュータをリブートしなければなりません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項