日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引

表 A-2 は,どのような場合も調整が必要ないシステム・パラメータを示しています。これらのパラメータは,システムのデバッグで使用するためにだけ提供されているものです。弊社のサポート担当から特に指示された場合を除き,これらのパラメータを変更しないでください。これらのパラメータを誤って調整すると,クラスタ障害が発生することがあります。

表 A-2 OpenVMS でのみ使用するために確保されているクラスタ・システム・パラメータ
パラメータ 説明
++MC_SERVICES_P1 (動的) このパラメータの値は,MEMORY CHANNEL で接続されているすべてのノードで同じでなければならない。
++MC_SERVICES_P5 (動的) このパラメータは,デフォルト値の 8000000 から変更してはならない。このパラメータの値は,MEMORY CHANNEL で接続されているすべてのノードで同じでなければならない。
++MC_SERVICES_P8 (静的) このパラメータは,デフォルト値の 0 から変更してはならない。このパラメータの値は,MEMORY CHANNEL で接続されているすべてのノードで同じでなければならない。
++MPDEV_D1 マルチパス・システム・パラメータ。
PAMAXPORT PAMAXPORT は,各 CI および DSSI でポーリングされる最大ポート番号を指定する。CI および DSSI ポート・ドライバは,新たに初期化されたポートを検出するためや,これまで応答していたリモート・ポートの障害やこれらのポートの不在を検出するためにポーリングを行う。

ポート番号がこのパラメータ値より大きいポートの存在は検出されない。したがって,このパラメータは,システムに接続されている CI または DSSI で使用されている最大ポート番号に等しいか,それより大きい値に設定しなければならない。

ハードウェア構成に含まれるポートの数が 16 未満の場合は,このパラメータ値を小さくすることで,ポーリングの回数を削減することができる。たとえば,ポート番号 0〜4 の 5 つのポートが割り当てられている最大構成の CI または DSSI の場合,PAMAXPORT を 4 に設定することができる。

システムで CI または DSSI デバイスが構成されていない場合,このパラメータは無視される。

このパラメータのデフォルト値は 15 である (0〜15 の可能なすべてのポートがポーリングされる)。各クラスタ・コンピュータでこのパラメータを同じ値に設定することを推奨する。

PANOPOLL このパラメータが 1 に設定されている場合,CI および DSSI によるポートのポーリングが無効になる (デフォルト値は 0)。PANOPOLL が設定されている場合,別のコンピュータがシャットダウンされていたり,電源がオフになっていることを迅速に検出することができず,新たにブートされたコンピュータも検出できない。デバッグのために,あるコンピュータをクラスタの他の部分から分離して起動したいときは,このパラメータを使用すると便利である。

PANOPOLL を 1 に設定すると,DSSI またはスター・カプラからシステムを切断した場合と同じように機能する。このパラメータは LAN を介した OpenVMS Cluster 通信に影響しない。

デフォルト値は 0 であり,これは標準的な設定で,HSC コントローラからブートする場合や,システムが OpenVMS Cluster に参加する場合は,この設定が必要である。システムで CI または DSSI デバイスが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

PANUMPOLL 各ポーリング間隔でポーリングされる CI および DSSI ポートの数を設定する。 PANUMPOLL の標準設定は 16 である。

それほど強力でない CPU を搭載している以前のシステムでは,システムが IPL 8 で費やす連続時間に敏感なアプリケーションで,このパラメータを使用すると便利なことがある。PANUMPOLL を小さくすると,各ポーリング間隔で IPL 8 で費やされる時間を短縮することができ,一方,ポーリング間隔を長くすると,新しいポートや障害のあるポートを検出するのに必要な時間が長くなる。

システムで CI または DSSI デバイスが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

PAPOLLINTERVAL 新たにブートされたコンピュータ,壊れているポート間仮想サーキット,障害のあるリモート・コンピュータを,CI ポート・ドライバがポーリングするために使用するポーリング間隔を秒数で指定する。

このパラメータの値を小さくするすると,ポーリング・オーバヘッドが拡大するが,仮想サーキット障害への応答性は高くなる。このパラメータは,各クラスタ・コンピュータで同じ値に設定しなければならない。

PAPOOLINTERVAL ポート割り当て障害が発生した後,ポート・ドライバが使用可能な非ページング・プールを確認する間隔を秒数で指定する。

このパラメータを小さい値にすると,プール割り当て障害への応答が迅速になるが,システム・オーバヘッドが高くなる。

システムで CI または DSSI デバイスが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

PASANITY PASANITY は,IPL 8 またはそれ以上で 100 秒間ハング状態になっているシステムをリモート・システムが検出できるように, CI および DSSI ポート・サニティ・タイマが有効に設定されるかどうかを制御する。また,ローカル・システムで仮想サーキットのチェックが有効に設定されるかどうかも制御する。 TIMVCFAIL パラメータは時間 (1〜99 秒) を制御する。

PASANITY は通常,1 に設定され,XDELTA を使用してデバッグする場合や,100 秒以上 CPU を停止する場合にだけ, 0 に設定しなければならない。

PASANITY は半動的である。PASANITY の値を変更すると, CI または DSSI ポートを次回再初期化するときに,新しい値が有効になる。

システムで CI または DSSI デバイスが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

PASTDGBUF 各 CI または DSSI ポート・ドライバの構成ポーラのために,キューに初期登録されるデータグラム受信バッファの数。初期値は必要に応じてシステム操作時に拡張される。

システムで CI または DSSI デバイスが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

PASTIMOUT 時間ベースの管理操作を実行するために,CI ポート・ドライバが起動される基本的な間隔。スタート・ハンドシェイク・データグラムに対する応答が受信されなかったときに,時間切れが宣言されるまでの時間でもある。

システムで CI または DSSI デバイスが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

PRCPOLINTERVAL 接続マネージャや MSCP ディスクなどの SCS アプリケーションを他のコンピュータから検索するために使用されるポーリング間隔を秒数で指定する。各コンピュータは各間隔で最大 1 回ずつポーリングされる。

このパラメータの値を小さくすると,ポーリング・オーバヘッドが高くなるが,新しいコンピュータやサーバが検出されるまでの時間を短縮できる。

SCSMAXMSG 1 つの連続したメッセージに含まれるシステム・アプリケーション・データの最大バイト数。1 つのメッセージが消費する物理メモリ・サイズは,SCSMAXMSG の値にバッファ管理のオーバヘッドを加算した値である。

システムで SCS ポートが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

SCSMAXDG 1 つのデータグラムに含まれるアプリケーション・データの最大バイト数を指定する。

システムで SCS ポートが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

SCSFLOWCUSH 新しい受信バッファをリモート SCS に通知するために,SCS が開始する受信バッファの下限値を指定する。各接続に対して,SCS は使用可能な受信バッファの数を追跡する。SCS は,この値を接続のリモート側の SCS に通信する。しかし,新しい受信バッファが追加されるたびに,SCS がこの操作を実行する必要はない。このような場合,受信バッファの数が SCSFLOWCUSH の値以下であれば,SCS は新しい受信バッファをリモート SCS に通知する。

システムで SCS ポートが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。


++Alpha 固有


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡