日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



クラスタ登録ファイル SYS$COMMON:[SYSEXE]CLUSTER_AUTHORIZE.DAT には,クラスタ・グループ番号と (スクランブル形式の) クラスタ・パスワードが格納されます。 CLUSTER_AUTHORIZE.DAT ファイルは,SYSPRV 特権を持つユーザだけがアクセスできます。

通常の状況では,CLUSTER_AUTHORIZE.DAT ファイル内のレコードを会話方式で変更する必要はありません。しかし,セキュリティがおかされている疑いがある場合は,クラスタ・パスワードを変更しなければなりません。その場合には,SYSMAN ユーティリティを使用して,パスワードを変更します。

クラスタ・パスワードを変更するには,以下の操作を実行します。

ステップ 操作
1 SYSMAN ユーティリティを起動する。
2 システム管理者としてブート・サーバにログインする。
3 以下のコマンドを入力する。
$ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN

SYSMAN>
4 SYSMAN> プロンプトに対して,以下のいずれかの CONFIGURATION コマンドを入力する。

  • CONFIGURATION SET CLUSTER_AUTHORIZATION

    ディレクトリ SYS$COMMON:[SYSEXE] でクラスタ登録ファイル CLUSTER_AUTHORIZE.DAT を更新する (このファイルが存在しない場合は,SET コマンドが作成する)。このコマンドには以下の修飾子を指定できる。

    • /GROUP_NUMBER --- クラスタ・グループ番号を指定する。グループ番号は 1〜4095 または 61440〜65535 の範囲でなければならない。

    • /PASSWORD --- クラスタ・パスワードを指定する。パスワードは 1〜31 文字の長さであり,英数字,ドル記号 ($),アンダスコア (_) を使用できる。

  • CONFIGURATION SHOW CLUSTER_AUTHORIZATION

    クラスタ・グループ番号を表示する。

  • HELP CONFIGURATION SET CLUSTER_AUTHORIZATION

    コマンドの機能を説明する。

5 構成に複数のシステム・ディスクが含まれている場合は,各ディスクに CLUSTER_AUTHORIZE.DAT のコピーが必要である。SYSMAN ユーティリティを実行して,すべてのコピーを更新しなければならない。
警告: グループ番号またはパスワードを変更する場合は,クラスタ全体をリブートしなければならない。操作方法については, 第 8.6 節 を参照。



10.9.2 例

例 10-4 は,SYSMAN ユーティリティを使用してクラスタ・パスワードを変更する方法を示しています。

例 10-4 クラスタ・パスワードを変更するための SYSMAN セッションの例

$ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
%SYSMAN-I-ENV, current command environment: 
        Clusterwide on local cluster 
        Username SYSTEM        will be used on nonlocal nodes
SYSMAN> SET PROFILE/PRIVILEGES=SYSPRV
SYSMAN> CONFIGURATION SET CLUSTER_AUTHORIZATION/PASSWORD=NEWPASSWORD
%SYSMAN-I-CAFOLDGROUP, existing group will not be changed
%SYSMAN-I-CAFREBOOT, cluster authorization file updated
 The entire cluster should be rebooted.
SYSMAN> EXIT
$



10.10 LAN 構成の最大パケット・サイズの調整

LAN 構成の最大パケット・サイズは, NISCS_MAX_PKTSZ システム・パラメータを使用して調整できます。

10.10.1 LAN の場合のシステム・パラメータの設定

OpenVMS バージョン 7.3 から,オペレーティング・システム (PEdriver) は,システムに接続されているすべての仮想サーキットの最大パケット・サイズを自動的に検出します。システムのインターコネクトの最大パケット・サイズが,デフォルトのパケット・サイズ設定よりも小さい場合, PEdriver はデフォルトのパケット・サイズを自動的に縮小します。

OpenVMS の前のバージョン (VAX ではバージョン 6.0 〜 7.2,Alpha ではバージョン 1.5 〜 7.2-1) では, NISCS_MAX_PKTSZ パラメータの値を,イーサネット・クラスタの場合は 1498 に, FDDI クラスタの場合は 4468 に設定しなければなりませんでした。

10.10.2 NISCS_MAX_PKTSZ の使用方法

このパラメータの現在値,デフォルト値,最小値,および最大値を取得するには,次のコマンドを実行します。


$ MC SYSGEN SHOW NISCS_MAX_PKTSZ 

NISCS_MAX_PKTSZ を使用してパケット・サイズを縮小すると,メモリ消費を少なくすることができます。しかし,パケット・サイズを縮小すると,ある量のデータを送信するのにより多くのパケットが必要になるため,ブロック・データ転送により CPU 使用率が増大することもあります。ロック・メッセージ・パケットは最小値よりも小さいため, NISCS_MAX_PKTSZ の設定はロック機能の性能には影響しません。

すべての LAN パスで最小のパケット・サイズの LAN パスにあわせた共通のパケット・サイズを使うように, NISCS_MAX_PKTSZ を用いることもできます。共通のパケット・サイズを使用すれば,低速でパケット・サイズの小さいネットワークにフェールダウンした時に,パケット・サイズの縮小による VC 封鎖を回避することができます。

ワークステーションなどのメモリに制約があるシステムで,巨大パケットを使用する FDDI またはギガビット・イーサネットのような大きいサイズのパケットを使うネットワーク・パスへのアダプタがある場合, NISCS_MAX_PKTSZ パラメータの値を縮小して,メモリを大切に使ってください。

10.10.3 パラメータ・ファイルの編集

NISCS_MAX_PKTSZ パラメータの値を変更する場合は,変更されたパケット・サイズを AUTOGEN が計算で反映できるように,SYS$SPECIFIC:[SYSEXE]MODPARAMS.DAT ファイルを編集します。

10.11 プロセス・クォータの判断

Alpha システムでは,SYSUAF.DAT に登録されているプロセス・クォータのデフォルト値が,VAX システムの SYSUAF.DAT のデフォルト値より大きな値であることがよくあります。このような場合,OpenVMS Cluster の Alpha システムまたは VAX システムで実行される可能性のあるプロセスに対して,値をどのように設定すればよいでしょうか。デュアル・アーキテクチャ OpenVMS Cluster 構成でプロセスが生成されるときに,クォータがプロセスにどのように割り当てられるかを理解しておけば,この作業を管理するのに役立ちます。

10.11.1 クォータ値

新しいプロセスで使用されるクォータは, OpenVMS LOGINOUT ソフトウェアによって決定されます。 LOGINOUT は,OpenVMS Alpha システムと OpenVMS VAX システムで同じように動作します。ユーザがログインし,プロセスが起動されると,LOGINOUT は以下の 2 つの値のうち,大きい方の値を使用します。

  • プロセスの SYSUAF.DAT レコードに定義されているクォータの値

  • OpenVMS Cluster のホスト・ノードで,対応する PQL_Mquota システム・パラメータの 現在の値

例: LOGINOUT は,アカウントの ASTLM プロセス上限の値 (共通の SYSUAF.DAT に定義されている値) を, OpenVMS Cluster 内のホスト Alpha システムまたはホスト VAX システムの PQL_MASTLM システム・パラメータの値と比較します。

10.11.2 PQL パラメータ

PQL_M の M という英字は,minimum を表します。 PQL_Mquota システム・パラメータは,クォータの最小値を設定します。以下の編集後の SYSMAN 表示の Current と Default というカラムで,ほとんどの場合,各 PQL_Mquota パラメータの現在の値が,システムで定義されているデフォルト値より大きくなっていることに注意してください。以下の表示は Alpha の場合の例です。 VAX システムの場合の同様の SYSMAN 表示では,Unit カラムに "Pagelets" の代わりに "Pages" が表示されます。


SYSMAN> PARAMETER SHOW/PQL


%SYSMAN-I-USEACTNOD, a USE ACTIVE has been defaulted on node DASHER 
Node DASHER:   Parameters in use: ACTIVE 
Parameter Name         Current   Default   Minimum   Maximum Unit  Dynamic 
--------------         -------   -------   -------   ------- ----  ------- 
PQL_MASTLM                 120         4        -1        -1 Ast         D 
PQL_MBIOLM                 100         4        -1        -1 I/O         D 
PQL_MBYTLM              100000      1024        -1        -1 Bytes       D 
PQL_MCPULM                   0         0        -1        -1 10Ms        D 
PQL_MDIOLM                 100         4        -1        -1 I/O         D 
PQL_MFILLM                 100         2        -1        -1 Files       D 
PQL_MPGFLQUOTA           65536      2048        -1        -1 Pagelets    D 
PQL_MPRCLM                  10         0        -1        -1 Processes   D 
PQL_MTQELM                   0         0        -1        -1 Timers      D 
PQL_MWSDEFAULT            2000      2000        -1        -1 Pagelets     
PQL_MWSQUOTA              4000      4000        -1        -1 Pagelets    D 
PQL_MWSEXTENT             8192      4000        -1        -1 Pagelets    D 
PQL_MENQLM                 300         4        -1        -1 Locks       D 
PQL_MJTQUOTA                 0         0        -1        -1 Bytes       D 

この表示で,多くの PQL_Mquota パラメータの値は,デフォルト値から現在の値に増えています。通常,システムでフィードバック付きの AUTOGEN が定期的に実行されると,このような状況が発生します。もちろん,MODPARAMS.DAT または SYSMAN で値を変更することにより, PQL_Mquota の値が変化する場合もあります。 VAX コンピュータと Alpha コンピュータの両方を含む OpenVMS Cluster で,共通の SYSUAF.DAT を使用することを検討している場合は, PQL_Mquota パラメータが動的に変化する性質を持っていることを忘れないようにしてください。

10.11.3 例

以下の表は,OpenVMS Cluster システムの VAX コンピュータと Alpha コンピュータで一般的に使用される SYSUAF.DAT シナリオとその結果を示しています。

表 10-5 共通の SYSUAF.DAT シナリオと予測される結果
値を設定するレベル プロセスが起動される場所 結果
Alpha レベル Alpha ノード 適切であると思われる値で実行される。
  VAX ノード LOGINOUT は,Alpha 形式の SYSUAF.DAT から各クォータに対して大きい方の値を検出するため,VAX システムで定義されているシステム固有の PQL_M quota の値を使用しない。このため,OpenVMS Cluster 内の VAX プロセスは不適切に高いリソースを使用することがある。
VAX レベル VAX ノード 適切であると思われる値で実行される。
  Alpha ノード LOGINOUT は,SYSUAF に定義されている小さい方の VAX レベルの値を無視し,Alpha システムの各クォータの現在の PQL_M quota の値を使用する。この方法を選択した場合は, PQL_M quota システム・パラメータの現在の値を監視する。Alpha システムで,MODPARAMS.DAT の適切な PQL_M quota の値を必要に応じて大きくする。

OpenVMS Cluster 環境で共通の SYSUAF.DAT に対して使用する値を判断する場合,OpenVMS Alpha システムの SYSUAF.DAT に通常割り当てる,高いプロセス・クォータ値を試しに使用してみることができます。VAX システムに大きな空きメモリ・リソースがある場合,OpenVMS Cluster のホスト VAX ノードで生成されるプロセスに対して, Alpha レベルの高いプロセス・クォータを使用しても問題ありません。

VAX システムと Alpha システムのプロセスにとって適切な値を判断するには,試行錯誤を繰り返します。各プロセスにとって適切な上限値とクォータ値を判断する場合,以下の要素を考慮する必要があります。

  • 使用可能なメモリの容量

  • CPU の処理パワー

  • アプリケーションの平均作業負荷

  • アプリケーションの最大作業負荷



10.12 クラスタ・クォーラムの復元

OpenVMS Cluster システムを使用している間,コンピュータがクラスタに追加されたり,削除されることがあります。たとえば,クラスタの処理能力を拡張するためにコンピュータをクラスタに追加しなければならないことがあり,ハードウェア・エラーや致命的なソフトウェア・エラーが発生したためにコンピュータをシャットダウンしなければならないこともあります。接続管理ソフトウェアは,これらのクラスタの状態の変化を調整し,クラスタの動作を制御します。

あるコンピュータがシャットダウンされると,接続マネージャの支援のもとに,残りのコンピュータは,シャットダウンされるコンピュータを削除して,クラスタを再構成します。コンピュータで障害が発生しても,クラスタのボーツ (投票) の総数がクラスタのクォーラム値より大きい限り,操作を続行できます。クラスタのボーツの総数がクラスタ・クォーラム値より小さくなると,クラスタはすべてのプロセスの実行を中止します。

10.12.1 ボーツの復元

プロセスの実行を再開するには,クラスタのボーツの総数がクラスタ・クォーラム値に等しいか,それ以上の値になるように復元しなければなりません。多くの場合,コンピュータがクラスタに追加されたり,いったん削除されたコンピュータが再び追加されると,必要なボーツが追加されます。しかし,コンピュータがクラスタに追加されるのを待ち,ボーツの値を大きくするという方法は,必ずしも簡単または便利な解決方法ではありません。たとえば,別の解決方法として,すべてのコンピュータをいったんシャットダウンして,クォーラム値を小さくしてすべてのコンピュータをリブートする方法があります。

コンピュータで障害が発生した後,Show Cluster ユーティリティを実行して,VOTES, EXPECTED_VOTES,CL_VOTES, CL_QUORUM フィールドの値を確認しなければならないことがあります (これらのフィールドの詳細については,『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください)。 VOTES フィールドと EXPECTED_VOTES フィールドには,各クラスタ・メンバの設定が表示されます。CL_VOTES フィールドと CL_QUORUM フィールドには,クラスタのボーツの総数と現在のクラスタ・クォーラム値が表示されます。

これらの値を確認するには,以下のコマンドを入力します。


$ SHOW CLUSTER/CONTINUOUS
COMMAND> ADD CLUSTER

注意: SHOW CLUSTER コマンドを会話方式で入力する場合は, SHOW CLUSTER コマンドの一部として /CONTINUOUS 修飾子を指定しなければなりません。この修飾子を指定しないと, SHOW CLUSTER コマンドは DCL コマンド SHOW CLUSTER から返されるクラスタ状態情報を表示し,DCL コマンド・レベルに戻ります。

Show Cluster ユーティリティからの表示で,CL_VOTES の値が CL_QUORUM の値に等しい場合は,残りのボーツ・メンバで障害が発生したとき,クラスタは操作を続行できません。これらのコンピュータのいずれかがシャットダウンされると,クラスタ内のすべてのプロセスの動作が停止します。

10.12.2 クラスタ・クォーラム値の削減

クラスタのプロセスの動作が中断されないようにするには, 表 10-6 の説明に従ってクラスタ・クォーラム値を小さくします。

表 10-6 クラスタ・クォーラムの値の削減
手法 説明
DCL コマンド SET CLUSTER/EXPECTED_VOTES を使用して,クラスタ・クォーラムを指定した値に調整する。 値を指定しなかった場合は,オペレーティング・システムが適切な値を計算する。コマンドを 1 台のコンピュータで入力すると,新しい値はクラスタ全体に伝達される。コマンドを入力すると,オペレーティング・システムが新しい値を報告する。

推奨: 通常,SET CLUSTER/EXPECTED_VOTES コマンドは,コンピュータがかなり長い時間クラスタから削除される場合にだけ使用する (このコマンドの詳細については,『OpenVMS DCL ディクショナリ』を参照)。

例: たとえば,クラスタ・クォーラムが 2 に設定されるように,期待されるボーツを変更する場合は,以下のコマンドを入力する。

$ SET CLUSTER/EXPECTED_VOTES=3

この結果,計算されるクォーラム値は,(3 + 2)/2 = 2 になる。

注意: SET CLUSTER/EXPECTED_VOTES コマンドにどのような値を指定しても,現在のボーツ数より大きい値にクォーラムを増やすことはできず,現在のボーツ数の半分以下の値にクォーラムを減少させることもできない。

以前,クラスタ・メンバであったコンピュータをクラスタに再び追加できる状態になったら,すべてのコンピュータの MODPARAMS.DAT で EXPECTED_VOTES システム・パラメータを元の値にリセットし, 第 8.6 節 の説明に従ってクラスタを再構成しなければならない。 SET CLUSTER/EXPECTED_VOTES コマンドを使用してクラスタ・クォーラムを大きくする必要はない。コンピュータがクラスタに再び追加される場合は,クォーラム値が自動的に増大されるからである。

IPC Q コマンドを使用して,クォーラムを再計算する。 Q コマンドの詳細については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照。
クラスタ関連のシャットダウン・オプションのいずれかを選択する。 シャットダウン・オプションの詳細については, 第 10.7 節 を参照。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項