日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



8.6.1 パラメータ・ファイルの更新

クラスタ構成コマンド・プロシージャ (CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM) を使用すると,実行されているノードの AUTOGEN パラメータ・ファイルのパラメータを変更できます。

ボーツ・クラスタ・メンバを追加または削除する場合や,クォーラム・ディスクを有効または無効に設定する場合など,他のすべてのクラスタ・メンバの AUTOGEN ファイルも更新しなければならないことがあります。

以下の表に示すいずれかの方法を使用します。

方法 説明
MODPARAMS.DAT ファイルを更新する。 すべてのクラスタ・メンバの [SYS x.SYSEXE] ディレクトリの MODPARAMS.DAT を編集し, EXPECTED_VOTES システム・パラメータの値を適切に調整する。

たとえば,ボーツ・メンバを追加する場合や,クォーラム・ディスクを有効にする場合は,新しいメンバに割り当てられるボーツ数 (通常は 1) だけ,値を加算しなければならない。ボーツ数 1 のボーツ・メンバを追加し,そのコンピュータでボーツ数 1 のクォーラム・ディスクを有効にする場合は,値を 2 だけ加算しなければならない。

AGEN$ ファイルを更新する。 適切な AGEN$ インクルード・ファイルでパラメータ設定を更新する。

  • サテライトの場合は, SYS$MANAGER:AGEN$NEW_SATELLITE_DEFAULTS.DAT を編集する。

  • サテライト以外の場合は, SYS$MANAGER:AGEN$NEW_NODE_DEFAULTS.DAT. を編集する。

関連項目: これらのファイルについては, 第 8.2.2 項 を参照。

現在のシステム・パラメータ・ファイル (VAXVMSSYS.PAR または ALPHAVMSSYS.PAR) も更新して,次のリブート時に変更が有効になるようにしなければなりません。

以下の表で説明するいずれかの方法を使用します。

方法 説明
SYSMAN ユーティリティ 以下の操作を実行する。

  1. システム管理者としてログインする。

  2. SYSMAN ユーティリティを実行して,クラスタのすべてのノードで EXPECTED_VOTES システム・パラメータを更新する。以下の例を参照。
    $ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
    
    %SYSMAN-I-ENV, current command environment:
    Clusterwide on local cluster
    Username SYSTEM will be used on nonlocal nodes
    SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
    SYSMAN> PARAM USE CURRENT
    SYSMAN> PARAM SET EXPECTED_VOTES 2
    SYSMAN> PARAM WRITE CURRENT
    SYSMAN> EXIT

AUTOGEN ユーティリティ 以下の操作を実行する。

  1. システム管理者としてログインする。

  2. AUTOGEN ユーティリティを実行して,クラスタのすべてのノードで EXPECTED_VOTES システム・パラメータを更新する。以下の例を参照。
    $ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
    
    %SYSMAN-I-ENV, current command environment:
    Clusterwide on local cluster
    Username SYSTEM will be used on nonlocal nodes
    SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
    SYSMAN> DO @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA SETPARAMS
    SYSMAN> EXIT

SHUTDOWN または REBOOT オプションは 指定しない

ヒント: この後,ノードをシャットダウンする場合は,上記の DO @SYS$UPDATE:AUTOGEN コマンド行で, SETPARAMS の代わりに SHUTDOWN または REBOOT を指定できる。

どちらの方法でも,Alpha コンピュータの場合はコンピュータの ALPHAVMSSYS.PAR ファイル,VAX コンピュータの場合は VAXVMSSYS.PAR ファイルの値が更新されます。これらの変更を有効にするには, 第 8.6.2 項 の説明に従ってクラスタをシャットダウンするか,または 第 8.6.3 項 の説明に従ってノードをシャットダウンします。

8.6.2 クラスタのシャットダウン

SYSMAN ユーティリティを使用すると,クラスタ内の 1 つのノードからクラスタ全体をシャットダウンできます。通常のシャットダウンを実行するには,以下の操作を実行します。

  1. クラスタ内の任意のノードでシステム管理者のアカウントにログインします。

  2. SYSMAN ユーティリティを実行し, SET ENVIRONMENT/CLUSTER コマンドを指定します。 SHUTDOWN NODE コマンドに /CLUSTER_SHUTDOWN 修飾子を忘れずに指定してください。以下の例を参照してください。


$ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
%SYSMAN-I-ENV, current command environment:
  Clusterwide on local cluster
  Username SYSTEM will be used on nonlocal nodes
SYSMAN> SHUTDOWN NODE/CLUSTER_SHUTDOWN/MINUTES_TO_SHUTDOWN=5 -
_SYSMAN> /AUTOMATIC_REBOOT/REASON="Cluster Reconfiguration"
%SYSMAN-I-SHUTDOWN, SHUTDOWN request sent to node 
%SYSMAN-I-SHUTDOWN, SHUTDOWN request sent to node 
SYSMAN> 
 
SHUTDOWN message on JUPITR from user SYSTEM at JUPITR Batch   11:02:10 
JUPITR will shut down in 5 minutes; back up shortly via automatic reboot. 
Please log off node JUPITR. 
Cluster Reconfiguration 
SHUTDOWN message on JUPITR from user SYSTEM at JUPITR Batch   11:02:10 
PLUTO will shut down in 5 minutes; back up shortly via automatic reboot. 
Please log off node PLUTO. 
Cluster Reconfiguration

詳細については, 第 10.7 節 を参照してください。

8.6.3 1 つのノードのシャットダウン

OpenVMS Cluster 内で 1 つのノードを停止するには, SYSMAN SHUTDOWN NODE コマンドと適切な SET ENVIRONMENT コマンドを組み合わせて使用するか, SHUTDOWN コマンド・プロシージャを使用します。以下の表では,これらの方法について説明しています。

方法 説明
SYSMAN ユーティリティ 以下の操作を実行する。

  1. OpenVMS Cluster の任意のノードでシステム管理者のアカウントにログインする。

  2. SYSMAN ユーティリティを実行してノードをシャットダウンする。以下の例を参照。
    $ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
    
    SYSMAN> SET ENVIRONMENT/NODE=JUPITR
    Individual nodes: JUPITR
    Username SYSTEM will be used on nonlocal nodes

    SYSMAN> SHUTDOWN NODE/REASON="Maintenance" -
    _SYSMAN> /MINUTES_TO_SHUTDOWN=5

    ヒント: クラスタ内の複数のノードをシャットダウンするには, SET ENVIRONMENT/NODE コマンドに複数のノード名をカンマで区切って入力する。以下のコマンドは JUPITR ノードと SATURN ノードをシャットダウンする。

    SYSMAN> SET ENVIRONMENT/NODE=(JUPITR,SATURN)
    

SHUTDOWN コマンド・プロシージャ 以下の操作を実行する。

  1. シャットダウンするノードでシステム管理者のアカウントにログインする。

  2. SHUTDOWN コマンド・プロシージャを起動する。以下の例を参照。
    $ @SYS$SYSTEM:SHUTDOWN
    

詳細については, 第 10.7 節 を参照してください。

8.6.4 ネットワーク・データの更新

サテライトを追加する場合は,使用するクラスタ構成コマンド・プロシージャ (CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM) で,ブート・サーバのパーマネント・リモート・ノード・ネットワーク・データベースと運用時リモート・ノード・ネットワーク・データベース (NETNODE_REMOTE.DAT) が更新されます。しかし,他のクラスタ・メンバの運用時データベースは自動的に更新されません。

クラスタ全体で新しいデータを共用するには,他のすべてのクラスタ・メンバで運用時データベースを更新しなければなりません。システム管理者としてログインし,SYSMAN ユーティリティを起動し,SYSMAN> プロンプトに対して以下のコマンドを入力します。


$ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
%SYSMAN-I-ENV, current command environment: 
        Clusterwide on local cluster 
        Username SYSTEM        will be used on nonlocal nodes
SYSMAN> SET PROFILE/PRIVILEGES=(OPER,SYSPRV)
SYSMAN> DO MCR NCP SET KNOWN NODES ALL
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node X...
   .
   .
   .
SYSMAN> EXIT
$ 

NETNODE_REMOTE.DAT ファイルは, SYS$COMMON:[SYSEXE] ディレクトリに格納されていなければなりません。

8.6.5 サテライトのローカル・ディスク・ラベルの変更

サテライト・ノードのローカル・ページ・ディスクとスワップ・ディスクのボリューム・ラベルを変更する場合は,サテライトをクラスタに追加した後,以下の操作を行います。

ステップ 操作
1 システム管理者としてログインし,以下の形式で DCL コマンドを入力する。
SET VOLUME/LABEL=volume-label device-spec[:]

注意: SET VOLUME コマンドを実行するには,ボリュームのインデックス・ファイルに対して書き込みアクセス権 (W) が必要である。ボリュームの所有者でない場合は,システム利用者識別コード (UIC) または SYSPRV 特権が必要である。

2 新しいラベルを反映するように,ブート・サーバのシステム・ディスクで [SYS n.SYSEXE]SATELLITE_PAGE.COM プロシージャを更新する。



8.6.6 割り当てクラス値の変更

HSC,HSJ,DSSI ISE サブシステムで割り当てクラス値を変更しなければならない場合は,クラスタ全体をシャットダウンした状態で変更しなければなりません。

関連項目: 割り当てクラス値を変更する場合は,以下の項を参照してください。

  • コンピュータ・システムの割り当てクラス値を変更する場合は, 第 6.2.2.1 項 を参照してください。

  • HSC サブシステムの割り当てクラス値を変更するには, 第 6.2.2.2 項 を参照してください。

  • HSJ サブシステムの割り当てクラス値を変更するには, 第 6.2.2.3 項 を参照してください。

  • HSD サブシステムの割り当てクラス値を変更するには, 第 6.2.2.4 項 を参照してください。

  • DSSI サブシステムの割り当てクラス値を変更するには, 第 6.2.2.5 項 を参照してください。



8.6.7 リブート

以下の表では,サテライトおよびストレージ・サブシステムのブート操作について説明しています。

構成に含まれるサブシステム 必要な操作
HSC および HSJ サブシステム すべての HSC サブシステムと HSJ サブシステムを設定し,リブートした後,各コンピュータをリブートする。
サテライト・ノード サテライトをリブートする前に,ブート・サーバをリブートする。

複数のメッセージが新たに表示されることがある。たとえば, CLUSTER_CONFIG.COM の CHANGE 機能を使用して, LAN を介したクラスタ通信を有効にすると, LAN OpenVMS Cluster セキュリティ・データベースがロードされていることを示すメッセージが表示される。

関連項目: サテライトのブートの詳細については, 第 9.3 節 も参照。

DSSI ISE サブシステム すべての DSSI ISE サブシステムを設定した後,システムをリブートする。

ディスクをサービスするすべてのコンピュータで, MSCP サーバがロードされていることを示すメッセージが表示されます。

構成の設計どおりにすべてのディスクがサービスされているかどうか確認するには,ディスクをサービスしているノードのシステム・プロンプト ($) に対して, SHOW DEVICE/SERVED コマンドを入力します。たとえば,以下の表示は DSSI 構成を示しています。


$ SHOW DEVICE/SERVED


Device:  Status  Total Size  Current  Max  Hosts 
$1$DIA0   Avail     1954050        0    0      0 
$1$DIA2   Avail     1800020        0    0      0 

警告: ミニマム・スタートアップ (システム・パラメータ STARTUP_P1 を MIN に設定した状態) を使用して,ノードを既存の OpenVMS Cluster にブートすると,多くのプロセス (たとえば CACHE_SERVER,CLUSTER_SERVER,CONFIGURE) が起動されません。OpenVMS Cluster システムでこのようなノードを稼動する場合は,これらのプロセスを手動で起動するようにしてください。これらのプロセスを起動しないでノードを実行すると,クラスタが正常に機能しなくなります。

関連項目: これらのプロセスを手動で起動する方法については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

8.6.8 ローカル・ディスクに OpenVMS がインストールされている構成のサテライトのリブート

サテライト・ノードは,システム障害や電源障害から復旧したときに,自動的にリブートされるように設定できます。

リブートの動作はシステムごとに異なります。多くのシステムにはコンソール変数が用意されていて,デフォルトでどのデバイスからブートするかを指定できます。しかし,一部のシステムでは,ブート可能なデバイスを自動的に検出するブート・スニッファがあらかじめ定義されています。以下の表はリブートの条件を示しています。

条件 追加条件 結果
自動リブートのためのブート・デバイスを指定することが認められていない (つまり,ブート・スニッファが定義されている) 場合 オペレーティング・システムがシステムのローカル・ディスクにインストールされている。 サテライト MOP のロードを要求するのではなく,ローカル・ディスクからブートされる。この状況を回避するには,自動リブートが行われる操作 (たとえば, REBOOT オプションを指定した SYS$SYSTEM:SHUTDOWN.COM の実行や,サテライトをクラスタに追加するための CLUSTER_CONFIG.COM の使用など) を許可する前に,以下のいずれかの方法を実行しなければならない。

  • ローカル・ディスクでディレクトリ・ファイル
    ddcu:[000000]SYS0.DIR の名前を ddcu:[000000]SYS x.DIR に変更する (ただし,SYS x は SYS0,SYSE,SYSF 以外のルートである)。その後,以下に示すように,DCL コマンド SET FILE/REMOVE を入力して,ブート・イメージ SYSBOOT.EXE の以前のディレクトリ・エントリを削除する。
    $ RENAME DUA0:[000000]SYS0.DIR DUA0:[000000]SYS1.DIR
    
    $ SET FILE/REMOVE DUA0:[SYSEXE]SYSBOOT.EXE

    +VAX システムで,この後ローカル・ディスクから VAX コンピュータをリブートするには,コンソール・モード・プロンプト (>>>) に対して, B/ x0000000 の形式でコマンドを入力する。以下の例を参照。

    >>> B/10000000
    

  • ローカル・ディスクを無効にする。操作方法については,各コンピュータのインストールおよび操作ガイドを参照。サテライトのローカル・ディスクがページングおよびスワッピングのために使用されている場合,この方法は使用できない。


+VAX 固有



AUTOGEN には,フィードバックと呼ぶ機能があります。この機能は,通常のシステム操作で収集されたデータを調べ,フィードバック・オプション付きで AUTOGEN を実行するときに,収集されたデータをもとにシステム・パラメータを調整します。たとえば,ディスク要求を処理するためにバッファ領域が解放されるのを待っているディスク・サーバの各インスタンスがシステムによって記録されます。この情報をもとに,AUTOGEN は十分な領域が割り当てられるように,ディスク・サーバのバッファ・プールのサイズを自動的に設定できます。

『OpenVMS システム管理者マニュアル』の説明に従って, SYS$UPDATE:AUTOGEN.COM を手動で実行します。

8.7.1 利点

コンピュータが最初にクラスタに追加されるときに,適切な構成になっているようにするには,初期ブート・シーケンスの一部として自動的にフィードバック付きで AUTOGEN を実行することができます。この操作を行うには,コンピュータが実際に使用できるようになる前に,追加のリブートが必要になりますが,コンピュータのパフォーマンスをかなり向上できます。

AUTOGEN を実行するときは,なるべくフィードバック・オプションを使用することをお勧めします。フィードバック・オプションを使用しないと,特に複雑な構成で,AUTOGEN がリソースの利用パターンを予測するのが困難になります。クラスタに含まれるコンピュータとディスクの台数や,実行されているアプリケーションの種類などのさまざまな要素によって,最適なパフォーマンスを実現するためにシステム・パラメータを調整する必要があります。

また,SYSGEN ユーティリティを使用してシステム・パラメータを変更するよりも,フィードバック・オプションを使用して AUTOGEN を実行する方法をお勧めします。これは, AUTOGEN が以下の操作を行うからです。

  • MODPARAMS.DAT ファイルと AGEN$ ファイルで変更されたパラメータを使用します (MODPARAMS.DAT に記録された変更は, OpenVMS オペレーティング・システムを更新するときに失われます)。

  • 変更を反映するように,他のシステム・パラメータを再構成します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項