日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引

注意: クラスタ構成コマンド・プロシージャで MODPARAMS.DAT の値を設定または変更すると,新しい値は常にファイルの最後に追加されるため,以前の値は無効になります。場合によっては,ファイルを編集し,以前の値を指定している行を削除することもあります。

8.4.2 例

例 8-5 から 例 8-11 までは,CLUSTER_CONFIG.COM を使用して以下の操作を実行する方法を示しています。

  • コンピュータをディスク・サーバとして有効にします ( 例 8-5 )。

  • コンピュータの ALLOCLASS の値を変更します ( 例 8-6 )。

  • コンピュータをブート・サーバとして有効にします ( 例 8-7 )。

  • 共通システム・ディスクからブートされるサテライト・ノードの新しいハードウェア・アドレスを指定します ( 例 8-8 )。

  • コンピュータをテープ・サーバとして有効にします ( 例 8-9 )。

  • コンピュータの TAPE_ALLOCLASS の値を変更します ( 例 8-10 )。

  • スタンドアロン・コンピュータをクラスタ・ブート・サーバに変換します ( 例 8-11 )。

例 8-5 ローカル・コンピュータをディスク・サーバとして有効にするための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for URANUS. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 3
    CHANGE Menu 
 
       1. Enable URANUS as a disk server. 
       2. Disable URANUS as a disk server. 
       3. Enable URANUS as a boot server. 
       4. Disable URANUS as a boot server. 
       5. Enable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       6. Disable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       7. Enable a quorum disk on URANUS. 
       8. Disable a quorum disk on URANUS. 
       9. Change URANUS's satellite's Ethernet or FDDI hardware address. 
      10. Enable URANUS as a tape server. 
      11. Disable URANUS as a tape server. 
      12. Change URANUS's ALLOCLASS value. 
      13. Change URANUS's TAPE_ALLOCLASS value. 
      14. Change URANUS's shared SCSI port allocation class value. 
      15. Enable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
      16. Disable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
 
    Enter choice [1]: [Return]
Will URANUS serve HSC disks [Y]? [Return]
Enter a value for URANUS's ALLOCLASS parameter: 2
The configuration procedure has completed successfully. 
 
    URANUS has been enabled as a disk server. MSCP_LOAD has been 
    set to 1 in MODPARAMS.DAT. Please run AUTOGEN to reboot URANUS: 
 
           $ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT    
 
    If you have changed URANUS's ALLOCLASS value, you must reconfigure the 
    cluster, using the procedure described in the OpenVMS Cluster Systems manual.

例 8-6 ローカル・コンピュータの ALLOCLASS 値を変更するための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for URANUS. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 3
    CHANGE Menu 
 
       1. Enable URANUS as a disk server. 
       2. Disable URANUS as a disk server. 
       3. Enable URANUS as a boot server. 
       4. Disable URANUS as a boot server. 
       5. Enable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       6. Disable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       7. Enable a quorum disk on URANUS. 
       8. Disable a quorum disk on URANUS. 
       9. Change URANUS's satellite's Ethernet or FDDI hardware address. 
      10. Enable URANUS as a tape server. 
      11. Disable URANUS as a tape server. 
      12. Change URANUS's ALLOCLASS value. 
      13. Change URANUS's TAPE_ALLOCLASS value. 
      14. Change URANUS's shared SCSI port allocation class value. 
      15. Enable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
      16. Disable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
  
    Enter choice [1]: 12
Enter a value for URANUS's ALLOCLASS parameter [2]: 1
The configuration procedure has completed successfully 
 
    If you have changed URANUS's ALLOCLASS value, you must reconfigure the 
    cluster, using the procedure described in the OpenVMS Cluster Systems manual.

例 8-7 ローカル・コンピュータをブート・サーバとして有効にするための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for URANUS. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 3
    CHANGE Menu 
 
       1. Enable URANUS as a disk server. 
       2. Disable URANUS as a disk server. 
       3. Enable URANUS as a boot server. 
       4. Disable URANUS as a boot server. 
       5. Enable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       6. Disable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       7. Enable a quorum disk on URANUS. 
       8. Disable a quorum disk on URANUS. 
       9. Change URANUS's satellite's Ethernet or FDDI hardware address. 
      10. Enable URANUS as a tape server. 
      11. Disable URANUS as a tape server. 
      12. Change URANUS's ALLOCLASS value. 
      13. Change URANUS's TAPE_ALLOCLASS value. 
      14. Change URANUS's shared SCSI port allocation class value. 
      15. Enable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
      16. Disable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
  
 
  
    Enter choice [1]: 3
Verifying circuits in network database... 
Updating permanent network database... 
 
    In order to enable or disable DECnet MOP service in the volatile 
    network database, DECnet traffic must be interrupted temporarily. 
 
    Do you want to proceed [Y]? [Return]
Enter a value for URANUS's ALLOCLASS parameter [1]: [Return]
The configuration procedure has completed successfully. 
 
    URANUS has been enabled as a boot server. Disk serving and 
    Ethernet capabilities are enabled automatically. If URANUS was 
    not previously set up as a disk server, please run AUTOGEN to 
    reboot URANUS: 
 
           $ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT 
 
    If you have changed URANUS's ALLOCLASS value, you must reconfigure the 
    cluster, using the procedure described in the OpenVMS Cluster Systems 
manual.

例 8-8 サテライトのハードウェア・アドレスを変更するための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for URANUS. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 3
    CHANGE Menu 
 
       1. Enable URANUS as a disk server. 
       2. Disable URANUS as a disk server. 
       3. Enable URANUS as a boot server. 
       4. Disable URANUS as a boot server. 
       5. Enable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       6. Disable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       7. Enable a quorum disk on URANUS. 
       8. Disable a quorum disk on URANUS. 
       9. Change URANUS's satellite's Ethernet or FDDI hardware address. 
      10. Enable URANUS as a tape server. 
      11. Disable URANUS as a tape server. 
      12. Change URANUS's ALLOCLASS value. 
      13. Change URANUS's TAPE_ALLOCLASS value. 
      14. Change URANUS's shared SCSI port allocation class value. 
      15. Enable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
      16. Disable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
  
 
    Enter choice [1]: 9
What is the node's DECnet node name? ARIEL
What is the new hardware address [XX-XX-XX-XX-XX-XX]? 08-00-3B-05-37-78
Updating network database...
The configuration procedure has completed successfully.

例 8-9 ローカル・コンピュータをテープ・サーバとして有効にするための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for URANUS. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 3
    CHANGE Menu 
 
       1. Enable URANUS as a disk server. 
       2. Disable URANUS as a disk server. 
       3. Enable URANUS as a boot server. 
       4. Disable URANUS as a boot server. 
       5. Enable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       6. Disable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       7. Enable a quorum disk on URANUS. 
       8. Disable a quorum disk on URANUS. 
       9. Change URANUS's satellite's Ethernet or FDDI hardware address. 
      10. Enable URANUS as a tape server. 
      11. Disable URANUS as a tape server. 
      12. Change URANUS's ALLOCLASS value. 
      13. Change URANUS's TAPE_ALLOCLASS value. 
      14. Change URANUS's shared SCSI port allocation class value. 
      15. Enable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
      16. Disable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
 
    Enter choice [1]: 10
 
Enter a value for URANUS's TAPE_ALLOCLASS parameter [1]: [Return]
    URANUS has been enabled as a tape server. TMSCP_LOAD has been 
    set to 1 in MODPARAMS.DAT. Please run AUTOGEN to reboot URANUS: 
 
           $ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT    
 
    If you have changed URANUS's TAPE_ALLOCLASS value, you must reconfigure 
    the cluster, using the procedure described in the OpenVMS Cluster Systems 
    manual.

例 8-10 ローカル・コンピュータの TAPE_ALLOCLASS 値を変更するための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for URANUS. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 3
    CHANGE Menu 
 
       1. Enable URANUS as a disk server. 
       2. Disable URANUS as a disk server. 
       3. Enable URANUS as a boot server. 
       4. Disable URANUS as a boot server. 
       5. Enable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       6. Disable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       7. Enable a quorum disk on URANUS. 
       8. Disable a quorum disk on URANUS. 
       9. Change URANUS's satellite's Ethernet or FDDI hardware address. 
      10. Enable URANUS as a tape server. 
      11. Disable URANUS as a tape server. 
      12. Change URANUS's ALLOCLASS value. 
      13. Change URANUS's TAPE_ALLOCLASS value. 
      14. Change URANUS's shared SCSI port allocation class value. 
      15. Enable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
      16. Disable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
 
    Enter choice [1]: 13
 
Enter a value for URANUS's TAPE_ALLOCLASS parameter [1]: 2
 
    If you have changed URANUS's TAPE_ALLOCLASS value, you must reconfigure 
    the cluster, using the procedure described in the OpenVMS Cluster Systems 
    manual.) 

例 8-11 スタンドアロン・コンピュータをクラスタ・ブート・サーバに変換するための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for URANUS. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 3
    CHANGE Menu 
 
       1. Enable URANUS as a disk server. 
       2. Disable URANUS as a disk server. 
       3. Enable URANUS as a boot server. 
       4. Disable URANUS as a boot server. 
       5. Enable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       6. Disable the LAN for cluster communications on URANUS. 
       7. Enable a quorum disk on URANUS. 
       8. Disable a quorum disk on URANUS. 
       9. Change URANUS's satellite's Ethernet or FDDI hardware address. 
      10. Enable URANUS as a tape server. 
      11. Disable URANUS as a tape server. 
      12. Change URANUS's ALLOCLASS value. 
      13. Change URANUS's TAPE_ALLOCLASS value. 
      14. Change URANUS's shared SCSI port allocation class value. 
      15. Enable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
      16. Disable Memory Channel for cluster communications on Uranus. 
 
    
    Enter choice [1]: 3
    This procedure sets up this standalone node to join an existing 
    cluster or to form a new cluster. 
 
What is the node's DECnet node name? PLUTO
What is the node's DECnet address? 2.5
Will the Ethernet be used for cluster communications (Y/N)? Y
Enter this cluster's group number: 3378
Enter this cluster's password: 
Re-enter this cluster's password for verification: 
Will PLUTO be a boot server [Y]? [Return]
Verifying circuits in network database...
Enter a value for PLUTO's ALLOCLASS parameter: 1
Does this cluster contain a quorum disk [N]? [Return]
    AUTOGEN computes the SYSGEN parameters for your configuration 
    and then reboots the system with the new parameters.



8.5 システム・ディスクの複製の作成

実行中の Alpha コンピュータを Alpha 共通システム・ディスクに追加する操作や,実行中の VAX コンピュータを VAX 共通システム・ディスクに追加する操作を続行すると,最終的にディスクのストレージまたは I/O キャパシティが満杯になります。その場合,増加した負荷に対応するために 1 つ以上の共通システム・ディスクを追加できます。

メモ: システム・ディスクを VAX コンピュータと Alpha コンピュータの間で共用することはできません。Alpha システムを VAX システム・ディスクから作成することはできず, VAX システムを Alpha システム・ディスクから作成することもできません。

8.5.1 準備

CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM を使用して,追加システム・ディスクを設定します。 第 5 章 の説明に従ってクラスタ共通ファイルを調整した,以下の操作を実行します。

  1. 追加システム・ディスクとして使用できる適切なスクラッチ・ディスクを選択します。

  2. システム管理者としてログインします。

  3. CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM を起動して, CREATE オプションを選択します。



8.5.2 例

例 8-12 に示すように,クラスタ構成コマンド・プロシージャは以下の操作を実行します。

  1. 現在のシステム・ディスクと新しいシステム・ディスクのデバイス名を求めるプロンプトを表示します。

  2. 現在のシステム・ディスクを新しいシステム・ディスクにバックアップします。

  3. すべてのディレクトリ・ルート (SYS0 を除く) を新しいディスクから削除します。

  4. 新しいディスクをクラスタ単位でマウントします。

注意: プロシージャがディレクトリ・ファイルを削除している間, OpenVMS RMS エラー・メッセージが表示されます。これらのメッセージは無視してもかまいません。

例 8-12 会話型 CLUSTER_CONFIG.COM CREATE セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for JUPITR. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 4
    The CREATE function generates a duplicate system disk. 
 
            o It backs up the current system disk to the new system disk. 
 
            o It then removes from the new system disk all system roots. 
 
    WARNING - Do not proceed unless you have defined appropriate 
              logical names for cluster common files in your 
              site-specific startup procedures. For instructions, 
              see the OpenVMS Cluster Systems manual. 
 
              Do you want to continue [N]? YES
    This procedure will now ask you for the device name of JUPITR's system root. 
    The default device name (DISK$VAXVMSRL5:) is the logical volume name of 
    SYS$SYSDEVICE:. 
 
What is the device name of the current system disk [DISK$VAXVMSRL5:]? [Return]
What is the device name for the new system disk? $1$DJA16:
%DCL-I-ALLOC, _$1$DJA16: allocated 
%MOUNT-I-MOUNTED, SCRATCH mounted on _$1$DJA16: 
What is the unique label for the new system disk [JUPITR_SYS2]? [Return]
Backing up the current system disk to the new system disk... 
 
Deleting all system roots...
              Deleting directory tree SYS1... 
 
%DELETE-I-FILDEL, $1$DJA16:<SYS0>DECNET.DIR;1 deleted (2 blocks) 
   .
   .
   .
System root SYS1 deleted. 
 
              Deleting directory tree SYS2... 
 
%DELETE-I-FILDEL, $1$DJA16:<SYS1>DECNET.DIR;1 deleted (2 blocks) 
   .
   .
   .
System root SYS2 deleted. 
 
All the roots have been deleted. 
%MOUNT-I-MOUNTED, JUPITR_SYS2  mounted on _$1$DJA16: 
 
The second system disk has been created and mounted clusterwide. 
Satellites can now be added.



8.6 構成の後処理

ボーツ・メンバの追加や削除,あるいはクォーラム・ディスクの有効化や無効化など,一部の構成機能では,1 つ以上の追加操作が必要です。

これらの操作は 表 8-10 に示すとおりであり,クラスタ全体の整合性に影響します。 CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM を実行して構成を大きく変更した後,実行しなければならない操作については,表の説明を参照してください。

表 8-10 クラスタを再構成するのに必要な操作
クラスタ構成プロシージャを実行する目的 必要な後処理
ボーツ・メンバを追加または削除する。 第 8.6.1 項 の説明に従って,クラスタ内のすべてのノードの AUTOGEN パラメータ・ファイルと現在のシステム・パラメータ・ファイルを更新する。
クォーラム・ディスクを有効にする。 以下の操作を実行する。

  1. 第 8.6.1 項 の説明に従って,クラスタ内のすべてのクォーラム・ウォッチャの現在のシステム・パラメータ・ファイルと AUTOGEN パラメータ・ファイルを更新する。

  2. クォーラム・ディスク・ウォッチャとして有効に設定されているノードをリブートする ( 第 2.3.8 項 )。

関連項目: クォーラム・ディスクの追加の詳細については, 第 8.2.4 項 も参照。

クォーラム・ディスクを無効にする。 以下の操作を実行する。

警告: これらの操作は,OpenVMS Cluster システム全体をリブートできる状態になるまで実行してはならない。この操作ではクラスタのクォーラムが削減されるため,削除されるクォーラム・ディスクによって行われるボーツの結果,クラスタがパーティションに分割される可能性がある。

  1. 第 8.6.1 項 の説明に従って,クラスタ内のすべてのクォーラム・ウォッチャの現在のシステム・パラメータ・ファイルと AUTOGEN パラメータ・ファイルを更新する。

  2. クォーラム・ディスクを削除した結果,クォーラムが不足しないかどうか評価する。

    条件 操作
    クォーラムが不足しない場合 以下の操作を実行する。

    1. DCL コマンド SET CLUSTER/EXPECTED_VOTES を使用して,クォーラムの値を削減する。

    2. クォーラム・ディスク・ウォッチャとして無効に設定されたノードをリブートする (クォーラム・ディスク・ウォッチャについては, 第 2.3.8 項 を参照)。

    クォーラムが不足する場合 クラスタ全体をシャットダウンしてリブートする。
    関連項目: クラスタのシャットダウンについては, 第 8.6.2 項 を参照。

関連項目: クォーラム・ディスクの削除の詳細については, 第 8.3.2 項 も参照。

サテライト・ノードを追加する。 以下の操作を実行する。

  • 他のクラスタ・メンバで運用時ネットワーク・データベースを更新する ( 第 8.6.4 項 )。

  • 必要に応じて,サテライトのローカル・ディスク・ラベルを変更する ( 第 8.6.5 項 )。

クラスタ通信のために LAN を有効または無効に設定する。 現在のシステム・パラメータ・ファイルを更新し,LAN を有効または無効に設定したノードをリブートする ( 第 8.6.1 項 )。
割り当てクラス値を変更する。 適切な項を参照する。

  • HSC サブシステムで割り当てクラス値を変更する場合 ( 第 6.2.2.2 項 )。

  • HSJ サブシステムで割り当てクラス値を変更する場合 ( 第 6.2.2.3 項 )。

  • DSSI ISE サブシステムで割り当てクラス値を変更する場合 ( 第 6.2.2.5 項 )。

  • 現在のシステム・パラメータ・ファイルを更新し,クラスタ全体をリブートする場合 ( 第 8.6.1 項第 8.6.2 項 )。

クラスタ・グループ番号またはパスワードを変更する。 クラスタ全体をシャットダウンしてリブートする ( 第 8.6.2 項第 8.6.7 項 )。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項