日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



必要な準備が完了した後,クラスタ構成プロシージャを起動して, OpenVMS Cluster システムを構成できます。システム管理者・アカウントにログインし,デフォルトが SYS$MANAGER であることを確認します。その後,以下に示すように DCL コマンド・プロンプトに対してプロシージャを起動します。


$ @CLUSTER_CONFIG_LAN

または


$ @CLUSTER_CONFIG

警告: 複数のセッションを同時に起動しないでください。クラスタ構成セッションは一度に 1 つだけ実行できます。

どちらのプロシージャも,起動されると,以下の情報およびメニューを表示します (この時点での CLUSTER_CONFIG_LAN.COM と CLUSTER_CONFIG.COM の相違点は,表示されるコマンド・プロシージャ名だけです)。選択したメニュー・オプションに応じて,各プロシージャで会話しながら構成情報が求められます ( 表 8-3 の説明に従って,応答をあらかじめ準備しておいてください)。


                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster member's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for JUPITR. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: 
   .
   .
   .

この章では,クラスタ構成プロシージャを実行する方法を示すために,多くのサンプル・セッションを用意しています。 CLUSTER_CONFIG_LAN.COM プロシージャと CLUSTER_CONFIG.COM プロシージャは Alpha システムと VAX システムの両方で同じように機能しますが,使用するコンピュータ・システムの種類に応じて,表示される質問や形式が少し異なることがあります。

8.2 コンピュータの追加

ほとんどの場合,OpenVMS Cluster のアクティブ・コンピュータで CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM を起動し,ADD 機能を選択して,コンピュータを OpenVMS Cluster のメンバとして有効にします。しかし,状況によっては,コンピュータを追加するために追加ステップを実行しなければならないことがあります。必要な操作を判断するには, 表 8-4 の説明を参照してください。

表 8-4 OpenVMS Cluster にコンピュータを追加するための準備
場合 操作
OpenVMS Cluster に最初のサテライト・ノードを追加する場合。 以下の操作を実行する。

  1. クラスタ・ブート・サーバとして有効にするコンピュータにログインする。

  2. クラスタ構成プロシージャを起動し, 第 8.4 節 の説明に従って CHANGE 機能を実行し,ローカル・コンピュータをブート・サーバとして有効にする。

  3. CHANGE 機能が終了した後,ADD 機能を実行してサテライトをクラスタに追加する。

クラスタが DECdtm サービスを使用する場合。 クラスタにコンピュータを追加したときに,そのコンピュータのトランザクション・ログを作成しなければならない。トランザクション・ログの作成方法については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』の DECdtm サービスの章を参照。
クラスタ共通システム・ディスクからブートされる CI で接続されたコンピュータを追加する場合。 コンピュータをクラスタにブートする前に,そのコンピュータの新しいデフォルト・ブートストラップ・コマンド・プロシージャを作成しなければならない。この方法については,各コンピュータのインストール/操作ガイドを参照。
複数の共通システム・ディスクを使用するクラスタにコンピュータを追加する場合。 コンピュータが追加される各システム・ディスクに対して異なるデバイス名を使用しなければならない。この理由から,クラスタ構成プロシージャはデフォルト・デバイス名として,ローカル・システムの SYS$SYSDEVICE: の論理ボリューム名 (たとえば DISK$MARS_SYS1) を表示する。

異なるデバイス名を使用すると,システム・ディスクに同じ名前のルートが含まれる場合でも,追加する各コンピュータが固有のルート・ディレクトリ指定を持つようになる。たとえば, DISK$MARS_SYS1:[SYS10] と DISK$MARS_SYS2:[SYS10]。

ボーツ・メンバをクラスタに追加する場合。 ADD 機能が終了した後, 第 8.6 節 の説明に従ってクラスタを再構成しなければならない。

警告: ADD 機能が完了する前に,ローカル・コンピュータまたは新しいコンピュータで障害が発生した場合は,正常な状態に復旧した後,REMOVE オプションを使用して不正なデータを消去し,ADD オプションを再起動しなければなりません。 REMOVE オプションについては, 第 8.3 節 を参照してください。

8.2.1 会話型ブートストラップ操作の制御

クラスタ構成コマンド・プロシージャを使用してサテライトをクラスタに追加する場合,サテライトに対して会話型ブートストラップ操作を許可するかどうかがプロシージャから質問されます (デフォルトは No)。

デフォルトを選択すると,サテライトのシステム・パラメータ・ファイルの NISCS_CONV_BOOT システム・パラメータは 0 に設定されたままになり,会話型ブートストラップ操作は無効になります。パラメータ・ファイル (Alpha システムの場合は ALPHAVMSSYS.PAR,VAX システムの場合は VAXVMSSYS.PAR) は,ブート・サーバのシステム・ディスクのサテライトのルート・ディレクトリにあります (device:[SYSx.SYSEXE])。このパラメータを 1 に設定すれば,いつでも特定のサテライトに対して会話型ブートストラップ操作を有効にできます。

例:

デバイス $1$DJA11 のルート 10 からブートされる OpenVMS VAX サテライトに対してこのような操作を有効にするには,以下の操作を実行します。

ステップ 操作
1 ブート・サーバでシステム管理者としてログインする。
2 +VAX システムでは, System Generation ユーティリティ (SYSGEN) を起動し,以下のコマンドを入力する。
$ RUN SYS$SYSTEM:SYSGEN

SYSGEN> USE $1$DJA11:[SYS10.SYSEXE]VAXVMSSYS.PAR
SYSGEN> SET NISCS_CONV_BOOT 1
SYSGEN> WRITE $1$DJA11:[SYS10.SYSEXE]VAXVMSSYS.PAR
SYSGEN> EXIT
$
  ++Alpha サテライトでは,同じコマンドを入力するが,VAXVMSSYS.PAR の代わりに ALPHAVMSSYS.PAR と入力する。
3 サテライトの MODPARAMS.DAT ファイルを編集し, NISCS_CONV_BOOT を 1 に設定する。

+VAX 固有
++Alpha 固有



ノードまたはサテライトを OpenVMS Cluster に追加する場合,クラスタ構成コマンド・プロシージャは以下のいずれかの行を MODPARAMS.DAT ファイルに追加します。

追加されるノード 追加される行
サテライト・ノード 以下の行が MODPARAMS.DAT ファイルに追加される。
AGEN$INCLUDE_PARAMS SYS$MANAGER:AGEN$NEW_SATELLITE_DEFAULTS.DAT

サテライト・ノード以外のノード 以下の行が MODPARAMS.DAT ファイルに追加される。
AGEN$INCLUDE_PARAMS SYS$MANAGER:AGEN$NEW_NODE_DEFAULTS.DAT

AGEN$NEW_SATELLITE_DEFAULTS.DAT ファイルと AGEN$NEW_NODE_DEFAULTS.DAT ファイルには,クラスタ内のすべてのサテライト・ノードまたはサテライト・ノード以外のノードに共通の AUTOGEN パラメータの設定が格納されます。これらのファイルを使用すると,共通のシステム・パラメータをどちらか一方のファイルまたは両方のファイルに格納して管理することができるため,システム管理が単純になります。共通パラメータを追加または変更する場合,クラスタのすべてのノードで MODPARAMS.DAT ファイルを変更する必要はありません。

初期状態では,これらのファイルにはパラメータ設定は格納されていません。 AGEN$NEW_SATELLITE_DEFAULTS.DAT ファイルと AGEN$NEW_NODE_DEFAULTS.DAT ファイルを必要に応じて変更して,システム・パラメータを追加または変更します。たとえば,AGEN$NEW_SATELLITE_DEFAULTS.DAT ファイルを編集し,MIN_GBLPAGECNT パラメータを 5000 に設定することができます。AUTOGEN は, MIN_GBLPAGECNT パラメータをはじめ, AGEN$NEW_SATELLITE_DEFAULTS.DAT ファイルに格納されている他のすべてのパラメータの設定をクラスタ内のすべてのサテライト・ノードに共通に適用します。

AUTOGEN は,最初に実行されるときと,その後実行されるたびに, AGEN$NEW_SATELLITE_DEFAULTS.DAT ファイルまたは AGEN$NEW_NODE_DEFAULTS.DAT ファイルのパラメータ設定を使用します。

8.2.3 例

例 8-1例 8-2例 8-3 では,JUPITR で CLUSTER_CONFIG.COM を使用して, DECnet for OpenVMS を実行しているブート・サーバ, DECnet-Plus を実行しているブート・サーバ,サテライト・ノードをそれぞれ追加する方法を示しています。

例 8-1 コンピュータをブート・サーバとして追加するための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for JUPITR. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: [Return]
 
    The ADD function adds a new node to the cluster. 
 
    If the node being added is a voting member, EXPECTED_VOTES in all 
    other cluster members' MODPARAMS.DAT must be adjusted. You must then 
    reconfigure the cluster, using the procedure described in the 
    OpenVMS Cluster Systems manual. 
 
    If the new node is a satellite, the network databases on JUPITR are updated. 
    The network databases on all other cluster members must be updated. 
 
    For instructions, see the OpenVMS Cluster Systems manual.
 
 
What is the node's DECnet node name? SATURN
What is the node's DECnet address? 2.3
Will SATURN be a satellite [Y]? N
Will SATURN be a boot server [Y]? [Return]
 
    This procedure will now ask you for the device name of SATURN's system root. 
    The default device name (DISK$VAXVMSRL5:) is the logical volume name of 
    SYS$SYSDEVICE:. 
What is the device name for SATURN's system root [DISK$VAXVMSRL5:]? [Return]
What is the name of the new system root [SYSA]? [Return]
Creating directory tree SYSA... 
%CREATE-I-CREATED, $1$DJA11:<SYSA> created 
%CREATE-I-CREATED, $1$DJA11:<SYSA.SYSEXE> created 
   .
   .
   .
System root SYSA created. 
Enter a value for SATURN's ALLOCLASS parameter: 1
Does this cluster contain a quorum disk [N]? Y
What is the device name of the quorum disk? $1$DJA12
Updating network database... 
Size of page file for SATURN [10000 blocks]? 50000
Size of swap file for SATURN [8000 blocks]? 20000
Will a local (non-HSC) disk on SATURN be used for paging and swapping? N
     If you specify a device other than DISK$VAXVMSRL5: for SATURN's 
     page and swap files, this procedure will create PAGEFILE_SATURN.SYS 
     and SWAPFILE_SATURN.SYS in the <SYSEXE> directory on the device you 
     specify.
What is the device name for the page and swap files [DISK$VAXVMSRL5:]? [Return]
%SYSGEN-I-CREATED, $1$DJA11:<SYSA.SYSEXE>PAGEFILE.SYS;1 created
%SYSGEN-I-CREATED, $1$DJA11:<SYSA.SYSEXE>SWAPFILE.SYS;1 created
The configuration procedure has completed successfully. 
     SATURN has been configured to join the cluster. 
 
     Before booting SATURN, you must create a new default bootstrap 
     command procedure for SATURN. See your processor-specific 
     installation and operations guide for instructions. 
 
     The first time SATURN boots, NET$CONFIGURE.COM and 
     AUTOGEN.COM will run automatically. 
 
     The following parameters have been set for SATURN: 
 
                   VOTES = 1 
                   QDSKVOTES = 1 
 
     After SATURN has booted into the cluster, you must increment 
     the value for EXPECTED_VOTES in every cluster member's 
     MODPARAMS.DAT. You must then reconfigure the cluster, using the 
     procedure described in the OpenVMS Cluster Systems manual.

例 8-2 DECnet-Plus を実行するコンピュータを追加するための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change an OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for JUPITR. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: [Return]
    The ADD function adds a new node to the cluster. 
 
    If the node being added is a voting member, EXPECTED_VOTES in all 
    other cluster members' MODPARAMS.DAT must be adjusted, and the 
    cluster must be rebooted. 
 
    If the new node is a satellite, the network databases on JUPITR are 
    updated. The network databases on all other cluster members must be 
    updated. 
 
    For instructions, see the OpenVMS Cluster Systems manual. 
 
    For additional networking information, please refer to the 
    DECnet-Plus Network Management manual.
                                                                       
 
What is the node's DECnet fullname? OMNI:.DISCOVERY.SATURN
What is the SCS node name for this node? SATURN
Do you want to define a DECnet synonym [Y]? Y
What is the synonym name for this node [SATURN]? SATURN
What is the MOP service client name for this node [SATURN]? VENUS
What is the node's DECnet Phase IV address? 17.129
Will SATURN be a satellite [Y]? N
Will SATURN be a boot server [Y]? [Return]
    This procedure will now ask you for the device name of SATURN's system root. 
    The default device name (DISK$VAXVMSRL5:) is the logical volume name of 
    SYS$SYSDEVICE:. 
What is the device name for SATURN's system root [DISK$VAXVMSRL5:]? [Return]
What is the name of the new system root [SYSA]? [Return]
Creating directory tree SYSA... 
%CREATE-I-CREATED, $1$DJA11:<SYSA> created 
%CREATE-I-CREATED, $1$DJA11:<SYSA.SYSEXE> created 
   .
   .
   .
System root SYSA created. 
Enter a value for SATURN's ALLOCLASS parameter: 1
Does this cluster contain a quorum disk [N]? Y
What is the device name of the quorum disk? $1$DJA12
Updating network database... 
Size of page file for SATURN [10000 blocks]? 50000
Size of swap file for SATURN [8000 blocks]? 20000
Will a local (non-HSC) disk on SATURN be used for paging and swapping? N
     If you specify a device other than DISK$VAXVMSRL5: for SATURN's 
     page and swap files, this procedure will create PAGEFILE_SATURN.SYS 
     and SWAPFILE_SATURN.SYS in the <SYSEXE> directory on the device you 
     specify.
What is the device name for the page and swap files [DISK$VAXVMSRL5:]? [Return]
%SYSGEN-I-CREATED, $1$DJA11:<SYSA.SYSEXE>PAGEFILE.SYS;1 created
%SYSGEN-I-CREATED, $1$DJA11:<SYSA.SYSEXE>SWAPFILE.SYS;1 created
The configuration procedure has completed successfully. 
     SATURN has been configured to join the cluster. 
 
     Before booting SATURN, you must create a new default bootstrap 
     command procedure for SATURN. See your processor-specific 
     installation and operations guide for instructions. 
 
     The first time SATURN boots, NETCONFIG.COM and 
     AUTOGEN.COM will run automatically. 
 
     The following parameters have been set for SATURN: 
 
                   VOTES = 1 
                   QDSKVOTES = 1 
 
     After SATURN has booted into the cluster, you must increment 
     the value for EXPECTED_VOTES in every cluster member's 
     MODPARAMS.DAT. You must then reconfigure the cluster, using the 
     procedure described in the OpenVMS Cluster Systems manual.

例 8-3 ローカル・ページ・ファイルとスワップ・ファイルを保有する VAX サテライトを追加するための会話型 CLUSTER_CONFIG.COM セッションの例

$ @CLUSTER_CONFIG.COM
                 Cluster Configuration Procedure 
 
    Use CLUSTER_CONFIG.COM to set up or change a OpenVMS Cluster configuration. 
    To ensure that you have the required privileges, invoke this procedure 
    from the system manager's account. 
 
    Enter ? for help at any prompt. 
 
            1. ADD a node to the cluster. 
            2. REMOVE a node from the cluster. 
            3. CHANGE a cluster node's characteristics. 
            4. CREATE a second system disk for JUPITR. 
            5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
            6. DELETE a root from a system disk. 
 
    Enter choice [1]: [Return]
    The ADD function adds a new node to the cluster. 
 
    If the node being added is a voting member, EXPECTED_VOTES in all 
    other cluster members' MODPARAMS.DAT must be adjusted, and the 
    cluster must be rebooted. 
 
    If the new node is a satellite, the network databases on JUPITR are 
    updated. The network databases on all other cluster members must be 
    updated. 
 
    For instructions, see the OpenVMS Cluster Systems manual.
 
What is the node's DECnet node name? EUROPA
What is the node's DECnet address? 2.21
Will EUROPA be a satellite [Y]? [Return]
Verifying circuits in network database...
    This procedure will now ask you for the device name of EUROPA's system root. 
    The default device name (DISK$VAXVMSRL5:) is the logical volume name of 
    SYS$SYSDEVICE:. 
What is the device name for EUROPA'S system root [DISK$VAXVMSRL5:]? [Return]
What is the name of the new system root [SYS10]? [Return]
Allow conversational bootstraps on EUROPA [NO]? [Return]
The following workstation windowing options are available: 
 
     1. No workstation software 
     2. VWS Workstation Software 
     3. DECwindows Workstation Software 
 
Enter choice [1]: 3
 
Creating directory tree SYS10... 
%CREATE-I-CREATED, $1$DJA11:<SYS10> created 
%CREATE-I-CREATED, $1$DJA11:<SYS10.SYSEXE> created 
   .
   .
   .
System root SYS10 created. 
Will EUROPA be a disk server [N]? [Return]
What is EUROPA's Ethernet hardware address? 08-00-2B-03-51-75 
Updating network database... 
Size of pagefile for EUROPA [10000 blocks]? 20000
Size of swap file for EUROPA [8000 blocks]? 12000
Will a local disk on EUROPA be used for paging and swapping? YES
Creating temporary page file in order to boot EUROPA for the first time... 
%SYSGEN-I-CREATED, $1$DJA11:<SYS10.SYSEXE>PAGEFILE.SYS;1 created 
 
    This procedure will now wait until EUROPA joins the cluster. 
 
    Once EUROPA joins the cluster, this procedure will ask you 
    to specify a local disk on EUROPA for paging and swapping. 
 
    Please boot EUROPA now. 
 
Waiting for EUROPA to boot...
   .
   .
   .
(User enters boot command at satellite's console-mode prompt (>>>).) 
   .
   .
   .
The local disks on EUROPA are: 
 
Device             Device       Error     Volume    Free    Trans  Mnt 
Name               Status       Count     Label     Blocks  Count  Cnt 
EUROPA$DUA0:       Online           0 
EUROPA$DUA1:       Online           0 
 
Which disk can be used for paging and swapping? EUROPA$DUA0:
May this procedure INITIALIZE EUROPA$DUA0: [YES]? NO
Mounting EUROPA$DUA0:...
PAGEFILE.SYS already exists on EUROPA$DUA0:
***************************************
Directory EUROPA$DUA0:[SYS0.SYSEXE]
PAGEFILE.SYS;1      23600/23600
Total of 1 file, 23600/23600 blocks.
***************************************
What is the file specification for the page file on
EUROPA$DUA0: [ <SYS0.SYSEXE>PAGEFILE.SYS ]? [Return]
%CREATE-I-EXISTS, EUROPA$DUA0:<SYS0.SYSEXE> already exists 
This procedure will use the existing pagefile, 
EUROPA$DUA0:<SYS0.SYSEXE>PAGEFILE.SYS;. 
 
SWAPFILE.SYS already exists on EUROPA$DUA0: 
 
*************************************** 
 
Directory EUROPA$DUA0:[SYS0.SYSEXE] 
 
SWAPFILE.SYS;1      12000/12000 
 
Total of 1 file, 12000/12000 blocks. 
 
*************************************** 
 
What is the file specification for the swap file on 
EUROPA$DUA0: [ <SYS0.SYSEXE>SWAPFILE.SYS ]? [Return]
This procedure will use the existing swapfile, 
EUROPA$DUA0:<SYS0.SYSEXE>SWAPFILE.SYS;. 
 
     AUTOGEN will now reconfigure and reboot EUROPA automatically. 
     These operations will complete in a few minutes, and a 
     completion message will be displayed at your terminal. 
 
The configuration procedure has completed successfully.


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項