日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



ボリューム・シャドウイング (ディスク・ミラーリングとも呼ぶこともあります) は,データを複数のディスクに複製することで,高いデータ可用性を達成します。1 つのディスクで障害が発生しても,他のディスクがアプリケーションおよびユーザ I/O 要求のサービスを続行できます。

6.6.1 目的

Volume Shadowing for OpenVMS ソフトウェアは,シングル・ノードから大規模な OpenVMS Cluster システムに至るまで,すべての OpenVMS 構成にわたってデータ可用性を提供するので,最も必要とされる場所でデータ可用性を提供することができます。

Volume Shadowing for OpenVMS ソフトウェアは, RAID 1 (redundant arrays of independent disks) テクノロジを実装したものです。Volume Shadowing for OpenVMS は,ディスク・デバイス障害が発生しても,システムやアプリケーションの動作が中断されるのを防止します。複数のディスクにデータを複製することで,ボリューム・シャドウイングはメディアの劣化,通信パス障害,コントローラ障害やデバイス障害などによって,ストレージ・サブシステムがシステム全体をダウンさせるようなシングル・ポイント障害になるのを明瞭に防止します。

6.6.2 シャドウ・セット

図 6-9 に示すように,1 つ, 2 つ,または 3 つの互換性のあるディスク・ボリュームをマウントして,シャドウ・セットを作成できます。シャドウ・セット内の各ディスクをシャドウ・セット・メンバと呼びます。 Volume Shadowing for OpenVMS は,シャドウ・セット・デバイスを論理的に結合して, 仮想ユニットと呼ぶ 1 つの仮想デバイスとして表現します。つまり,仮想ユニットによって表されるシャドウ・セットの複数のメンバは,オペレーティング・システムやユーザにとって可用性の高い 1 つのディスクとして認識されます。

図 6-9 3 つのメンバで作成されるシャドウ・セット




アプリケーションやユーザは,シャドウイングされていない I/O 操作の場合と同じコマンドおよびプログラム言語構文やセマンティックを使用して,シャドウ・セットからデータを読み込んだり,シャドウ・セットにデータを書き込むことができます。システム管理者は,シャドウイングされていないディスクの場合と同じコマンドやユーティリティを使用して,シャドウ・セットの管理と監視を行います。唯一の相違点は,個々のデバイスではなく,仮想ユニットを介してアクセスされるという点です。

関連項目: シャドウイング製品の機能の詳細については,『Volume Shadowing for OpenVMS』を参照してください。

6.6.4 サポートされるデバイス

1 台のワークステーションまたは大規模なデータ・センタに対して,有効なシャドウイング構成は以下のとおりです。

  • すべての MSCP 準拠 DSA ドライブ

  • すべての DSSI デバイス

  • READL (read long) コマンドと WRITEL (write long) コマンドを実装し,SCSI ディスク・ドライバ (DKDRIVER) を使用するすべての StorageWorks SCSI ディスクとコントローラ,および一部のサード・パーティ SCSI デバイス
    制限事項: READL コマンドと WRITEL コマンドをサポートしない SCSI ディスクは,シャドウイング・データの修復 (ディスクの不正ブロック・エラー) 機能をサポートしないため,これらのディスクがシャドウイング・メンバになることはできません。サポートされない SCSI ディスクを使用すると,メンバはシャドウ・セットから削除される可能性があります。

データ・ディスクとシステム・ディスクをシャドウイングすることができます。したがって,システム・ディスクからブートされるシステムにとって,そのディスクがシングル・ポイント障害になることはありません (そのディスクで障害が発生しても,システム全体がダウンすることはありません)。システム・ディスクのシャドウイングは特に, 共通システム・ディスクを複数のコンピュータのブートで使用する OpenVMS Cluster システムで重要です。

Volume Shadowing for OpenVMS では,クォーラム・ディスクのシャドウイングはサポートされません。これは,ボリューム・シャドウイングでは OpenVMS 分散ロック・マネージャが使用されますが,ロックを有効にする前に,クォーラム・ディスクを利用しなければならないからです。

『Volume Shadowing for OpenVMS Software Product Description』 (SPD 27.29.xx) に定義されている有効なディスク構成に含まれていないシャドウ・セット・メンバの場所は特に制限されません。

6.6.5 シャドウ・セットの上限

スタンドアロンまたは OpenVMS Cluster システムで最大 500 のシャドウ・セット (それぞれに 1,2,または 3 メンバが存在) をマウントできます。サポートされるシャドウ・セットの数は,コントローラやデバイスの種類には無関係です。シャドウ・セットはパブリック・ボリュームまたはプライベート・ボリュームとしてマウントできます。

上限を変更する場合は,『Volume Shadowing for OpenVMS Software Product Description』 (SPD 27.29.xx) を参照してください。

6.6.6 シャドウイングされたディスクの分散

シャドウイングはコントローラに依存しない設計であるため,コントローラの接続や OpenVMS Cluster システム内での位置とは無関係に,シャドウ・セットを管理することができ,データ可用性を向上し,非常に柔軟性の高い構成を提供するのに役立ちます。

クラスタ単位のシャドウイングの場合,メンバは OpenVMS Cluster システム内のどこに配置してもかまわず,CI,Ethernet, DSSI,FDDI も含めて,サポートされる OpenVMS Cluster インターコネクトを介して MSCP サーバからサービスを受けることができます。たとえば,FDDI を使用する OpenVMS Cluster システムは,最大 40 キロメートル離れた場所に設置することができ,この結果,システムの可用性とディザスタ・トレランス機能をさらに向上できます。

図 6-10 は,シャドウ・セット・メンバ・ユニットを,異なるノードにあるローカル・コントローラとオンライン接続する方法を示しています。この図で,ディスク・ボリュームは ATABOY および ATAGRL のそれぞれにローカルです。 MSCP サーバは Ethernet を介してシャドウ・セット・メンバにアクセスする機能を提供します。ディスク・ボリュームは各ノードにローカルですが,ディスクは同じシャドウ・セットのメンバです。あるノードにローカルなメンバ・ユニットは,MSCP サーバを介してリモート・ノードからアクセスできます。

図 6-10 MSCP サーバを経由してアクセスされるシャドウ・セット


OpenVMS Cluster システムでマウントされるシャドウ・セットの場合,クラスタ内のあるノードでシャドウ・セットをマウントまたはディスマウントしても,システムの他のノードで実行されているアプリケーションやユーザ機能には影響ありません。たとえば,OpenVMS Cluster システムのあるノードから仮想ユニットをディスマウントしても,マウントされている他のノードでは,シャドウ・セットは動作を続行します。

シャドウ・セットに関するその他の注意事項:

  • 個々のディスク・ボリュームがアクティブ・シャドウ・セットのメンバとしてすでにマウントされている場合,ディスク・ボリュームを別のノードでスタンドアロン・ディスクとしてマウントすることはできません。

  • システム・ディスクはシャドウイングできます。シャドウイングされたシステム・ディスクからブートされるノードはすべて,以下の条件を満たさなければなりません。

    • Volume Shadowing for OpenVMS ライセンスが必要です。

    • システム・ディスク・シャドウ・セットの中で,ブート・デバイスと同じ物理メンバを指定しなければなりません。

    • シャドウイングを有効にするようにシャドウイング・システム・パラメータを設定し,システム・ディスク仮想ユニット番号を指定しなければなりません。

    • SYSTARUP_VMS.COM コマンド・プロシージャの早い段階で設定されたシステム・ディスク・シャドウに追加物理メンバをマウントしなければなりません。

    • シャドウ・セットで使用されるディスクをマウントしなければなりません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡