日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



クラスタ内の他のノードが,システム・ディスクをサービスできるこのシステムに依存している場合,システム・ディスクをサービスするためにビット 2 を設定することが重要です。このように設定しておくと,障害が発生したシステムに接続されているリモート・システム・ディスクに対して I/O を完了しようとするときに発生する可能性のある,わかりにくい競合の問題を予防できます。

以下の一連のイベントは,システム・ディスクのサービスが禁止されているときに (つまり,ビット 2 がセットされていないとき),競合の問題がどのように発生するかについて説明しています。

  • システムをリブートすると,MSCP_SERVE_ALL の設定はサービスを禁止するように変更されます。

  • サービスするシステムでクラッシュが発生します。

  • サーバ・システムのシステム・ディスクに対して I/O を実行していたクライアント・システムは,そのシステム・ディスクのリソースに対してロックを保有しています。

  • クライアント・システムはマウント確認を開始します。

  • サービスを提供するシステムはブートしようとしますが,クライアント・システムによってシステム・ディスクに対してロックが保有されているため,ブートできません。

  • MVTIMEOUT システム・パラメータによって設定された時間が経過した後,クライアントのマウント確認プロセスが時間切れになり,クライアント・システムはロックを解放します。ロックが解放されるまでの時間は数時間に及ぶことがあります。

  • サービスを提供するシステムはリブートできるようになります。



これらのシステム・パラメータを設定するには,以下のいずれかの方法を使用します。

  • コンピュータの MODPARAMS.DAT ファイルにこれらのパラメータの適切な値を指定し,AUTOGEN を実行します。

  • CLUSTER_CONFIG.COM または CLUSTER_CONFIG_LAN.COM プロシージャを実行し, CHANGE オプションを選択して,ディスクとテープに対してこれらの操作を実行します。

このいずれかの方法を使用すると,サービスを提供するコンピュータがリブートされるときに,サービスされるデバイスがアクセス可能になります。さらにサーバは,後でシステムに追加された適切などのデバイスも自動的にサービスします。たとえば,新しいドライブが HSC サブシステムに接続されると,デバイスは動的に構成されます。

注意: SCSI 保持コマンド修飾子は TMSCP サーバでサポートされていません。保持操作はテープをサービスするノードから実行しなければなりません。

6.4 MSCP I/O 負荷のバランス調整

MSCP I/O 負荷バランス調整機能には,以下の利点があります。

  • I/O 応答が速くなります。

  • OpenVMS Cluster のメンバ間で作業負荷のバランスをとることができます。

OpenVMS Cluster ソフトウェアでは,静的と動的の 2 種類の MSCP I/O 負荷バランス調整が提供されます。静的負荷バランス調整は,VAX システムと Alpha システムの両方で行われます。動的負荷バランス調整は VAX システムでのみ行われます。2 種類の負荷バランス調整はどちらも,サーバ・システムの負荷キャパシティをもとに行われます。

6.4.1 負荷キャパシティ

VAX システムと Alpha システムの負荷キャパシティの見積りは,弊社があらかじめ決めているものです。 これらの負荷キャパシティの値は, MSCP 静的負荷バランス調整と動的負荷バランス調整で使用可能なサービス・キャパシティを計算するときに使用されます。MSCP_LOAD パラメータに異なる負荷キャパシティを指定すれば,これらのデフォルト設定を変更できます。

MSCP サーバの負荷キャパシティの値 (デフォルト値または MSCP_LOAD によって指定した値) は,負荷バランス調整機能で使用される見積り値です。これらの値がシステムの実際の MSCP サービス・キャパシティを変更することはありません。

システムの MSCP サービス・キャパシティは,そのパワー, LAN アダプタのパフォーマンス,他の処理負荷の影響など,多くの要素に依存します。使用可能なサービス・キャパシティは, 第 6.4.3 項 の説明に従って各 MSCP サーバで計算されますが,この値は単に,クライアント・システム (たとえばサテライト) がサービスされるディスクにアクセスするときに,どのサーバ・システムを使用するかを選択するときの処理を調整するためにだけ使用されます。

6.4.2 FDDI を使用する場合の負荷キャパシティの増加

Ethernet の代わりに FDDI を使用する場合,スループットははるかに高くなります。この高いスループットを活用できるように, MSCP_LOAD パラメータを使用して,サーバの負荷キャパシティのデフォルト設定を変更することをお勧めします。最初は 4 の倍数から始めてください。たとえば,FDDI によってディスクに接続されている Alpha システムの負荷キャパシティは,1 秒間に 1360 の I/O (4x340) に設定できます。使用している構成および実行しているソフトウェアに応じて,この値は大きくしたり,小さくすることができます。

6.4.3 使用可能なサービス・キャパシティ

負荷キャパシティの値は,使用可能なサービス・キャパシティを計算するために,各 MSCP サーバで使用されます。

使用可能なサービス・キャパシティは以下の方法で計算されます。

ステップ 計算
1 各 MSCP サーバは,送信されてきた読み込み要求と書き込み要求の数を数え,定期的にこの値を 1 秒間の要求数に変換する。
2 各 MSCP サーバは,負荷キャパシティから 1 秒間の要求数を減算して,使用可能なサービス・キャパシティを求める。



6.4.4 静的負荷バランス調整

MSCP サーバは,使用可能なサービス・キャパシティを MSCP クラス・ドライバ (DUDRIVER) に定期的に送信します。ディスクがマウントされるか,またはディスクで障害が発生すると, DUDRIVER は使用可能なサービス・キャパシティが最大のサーバをそのディスクに割り当てます (TMSCP サーバはこのマウント機能を実行しません)。この初期割り当てを静的負荷バランス調整と呼びます。

6.4.5 動的負荷バランス調整 (VAX のみ)

動的負荷バランス調整は VAX システムでのみ実行されます。 MSCP サーバの動作は 5 秒ごとに確認されます。サーバに対する動作が過剰になると,サービス負荷は自動的にクラスタ内の他のサーバに移動されます。

6.4.6 特殊な目的での MSCP I/O 負荷バランス調整の無効化

一部の構成では,クラスタ内の 1 つ以上のシステムをプライマリ I/O サーバとして指定し,他のシステムで I/O トラフィックを制限しなければならないことがあります。この目標を達成するには,MSCP サーバで使用されるデフォルトの負荷キャパシティの値を無効にします。たとえば,クラスタが 2 台の Alpha システムと 1 台の VAX 6000-400 システムで構成され,VAX システムに対して MSCP でサービスされる I/O トラフィックを削減したい場合は,たとえば 50 などの小さな MSCP_LOAD の値を VAX に割り当てることができます。2 台の Alpha システムは,それぞれ負荷キャパシティ値が 340 で起動され, VAX システムは負荷キャパシティ値が 50 で起動されるため, MSCP によってサービスされるサテライトは,大部分の I/O トラフィックを Alpha システムに送信するようになります。

6.5 Mount ユーティリティによるクラスタ・ディスクの管理

ローカルに接続されているディスクをクラスタ内の他のノードからアクセスできるようにするには,ディスクが接続されているコンピュータに MSCP サーバ・ソフトウェアをロードしなければなりません ( 第 6.3.1 項 を参照)。さらに,Mount ユーティリティと適切な修飾子 (/CLUSTER,/SYSTEM,/GROUP のいずれか) を使用して,各ディスクをマウントしなければなりません。複数のディスクのマウントは,コマンド・プロシージャを使用して自動化できます。 SYS$EXAMPLES ディレクトリに格納されているサンプル・コマンド・プロシージャ MSCPMOUNT.COM を参照してください。

Mount ユーティリティには,再マウント操作でディスクを自動的に再構築するかどうかを指定する他の修飾子もあります。データ・ディスクとシステム・ディスクとでは,適切な再構築手法は異なります。

ここでは,これらの目的で Mount ユーティリティを使用する方法について説明します。

6.5.1 クラスタ・ディスクのマウント

すべてのコンピュータ間で共用されるディスクをマウントするには,以下の表に示す方法で MOUNT コマンドを指定します。

マウントする場合 設定
システム・スタートアップ時
ディスクが 1 台のシステムに接続されていて,クラスタ内の他のすべてのノードから使用できるように設定する場合 ディスクがマウントされるコンピュータで MOUNT/CLUSTER device-name を使用する。このコマンドが実行された時点でクラスタ内でアクティブであるすべてのコンピュータで,ディスクがマウントされる。最初に,ディスクはローカルでマウントされる。次に,マウント操作が正常終了すると,ディスクはクラスタ内の他のノードでマウントされる。
コンピュータにディスクが直接接続されていない場合 コンピュータでアクセスしなければならない各ディスクに対して,そのコンピュータで MOUNT/SYSTEM device-name を使用する。ディスクは 1 台のシステムに接続することができ, HS x コントローラによってアクセスされる共用ディスクに接続することもできる。マウント操作が正常終了すると,ディスクはクラスタに参加しているコンピュータでマウントされる。
システムが稼動されているとき
ディスクを追加する場合 ディスクがマウントされるコンピュータで MOUNT/CLUSTER device-name を使用する。このコマンドが実行された時点でクラスタ内でアクティブなすべてのコンピュータで,ディスクがマウントされる。最初に,ディスクはローカルでマウントされる。次に,マウント操作が正常終了すると,ディスクはクラスタ内の他のノードでマウントされる。

クラスタ内のシステムがブート (またはシャットダウン) される順序とは無関係に,可能な場合必ずディスクがマウントされるようにするには,上記の表の説明に従って,スタートアップ・コマンド・プロシージャで MOUNT/CLUSTER および MOUNT/SYSTEM を使用しなければなりません。

注意: システム・ディスクまたはグループ・ディスクだけは,クラスタ全体またはクラスタ・メンバの一部でマウントできます。 /SYSTEM 修飾子または /GROUP 修飾子を指定せずに MOUNT/CLUSTER を入力すると,/SYSTEM であるものと解釈されます。また,/SYSTEM 修飾子または /GROUP 修飾子を使用してマウントされる各クラスタ・ディスクには,固有のボリューム・ラベルを付けなければなりません。

6.5.2 共用ディスクのマウントの例

3 メンバ・クラスタ内のすべてのコンピュータが COMPANYDOCS というディスクを共用したいとしましょう。ディスクを共用するには,以下の例に示すように,3 台のコンピュータのいずれかが MOUNT/CLUSTER コマンドを使用して COMPANYDOCS をマウントできます。


$ MOUNT/CLUSTER/NOASSIST $1$DUA4: COMPANYDOCS

3 台のコンピュータのうち,2 台だけがディスクを共用するように設定する場合は,以下の例に示すように,2 台のコンピュータがどちらも同じ MOUNT コマンドを使用してディスクをマウントしなければなりません。


$ MOUNT/SYSTEM/NOASSIST $1$DUA4: COMPANYDOCS

スタートアップ時にディスクをマウントするには,スタートアップ時に起動される共通のコマンド・プロシージャまたはコンピュータ固有のスタートアップ・コマンド・ファイルに MOUNT コマンドを指定します。

注意: /NOASSIST 修飾子は,ディスクのマウントを複数回実行するように設計されているコマンド・プロシージャで使用されます。ディスクは一時的にオフラインになったり,その他の何らかの理由でマウントできなくなることがあります。数回マウント操作を実行した後,ディスクをマウントできない場合,プロシージャは処理を続行します。デフォルト設定である /ASSIST 修飾子を使用すると,ディスクをただちにマウントできないときに,コマンド・プロシージャは処理を停止し,オペレータに問い合わせます。

6.5.3 コマンド・プロシージャによるクラスタ・ディスクのマウント

クラスタ・ディスクを構成するには,ディスクをマウントするためのコマンド・プロシージャを作成します。サイト固有の SYSTARTUP プロシージャから起動される別のコマンド・プロシージャ・ファイルに,クラスタ・ディスクをマウントするコマンドを指定することもできます。クラスタ環境に応じて,以下のいずれかの方法でコマンド・プロシージャを設定できます。

  • 共通プロシージャのコピーを作成し,それを別のファイルとして保存することで,クラスタ内の各コンピュータ固有のファイルを作成できます。

  • 共用ディスクに,コンピュータに依存しない共通のファイルを作成できます。

どちらの方法の場合も,各コンピュータはサイト固有の SYSTARTUP プロシージャから共通プロシージャを起動できます。

例: システムの SYS$EXAMPLES ディレクトリに格納されている MSCPMOUNT.COM ファイルは,クラスタ・ディスクをマウントするために一般に使用されるコマンドが格納されているサンプル・コマンド・プロシージャです。この例には,プロシージャの各段階を説明するコメントが含まれています。

6.5.4 ディスクの再構築操作

ファイルが作成または拡張されるときに,ディスク I/O 操作をできるだけ少なくし,パフォーマンスを向上するために, OpenVMS ファイル・システムではあらかじめ割り当てられたファイル・ヘッダとディスク・ブロックのキャッシュが管理されています。

ディスクが不正にディスマウントされると (たとえば,システム障害が発生した場合や, SYS$SYSTEM:SHUTDOWN.COM を実行せずにクラスタから削除された場合),あらかじめ割り当てられているこの領域が一時的に使用できなくなります。ディスクが再びマウントされると, MOUNT はディスクをスキャンしてこの領域を回復します。この処理をディスクの再構築操作と呼びます。

6.5.5 クラスタ・ディスクの再構築

クラスタに接続されていないコンピュータでは,あらかじめ割り当てられた領域を回復するための MOUNT スキャン操作は,単にブート処理を長引かせるだけです。しかし, OpenVMS Cluster システムでは,この操作はクラスタ内のすべてのユーザ・プロセスの応答時間を長引かせる可能性があります。特定のディスクに対してスキャンが実行されている間,そのディスクに対する大部分の動作は実行できません。

注意: 特に,ディスクに多くのファイルが含まれている場合や,ユーザ数が多い場合,ディスク上のファイルに読み込みまたは書き込みを実行しようとしているユーザ・プロセスで数分以上の遅延が発生することがあります。

再構築操作は,OpenVMS Cluster のコンピュータのスタートアップでディスクへのアクセスを遅らせる可能性があるため,クラスタ・ディスクのマウント・プロシージャでは,なるべく /NOREBUILD 修飾子を使用することをお勧めします。 MOUNT/NOREBUILD を指定すると,失われた領域を回復するためにディスクがスキャンされることがないので,コンピュータがディスクをマウントするときに発生する遅延時間を最低限に抑えることができます。

関連項目: システム・ディスクの再構築の詳細については, 第 6.5.6 項 を参照してください。ディスクの再構築およびシステム・ディスクのスループットを向上する方法の詳細については, 第 9.5.1 項 を参照してください。

6.5.6 システム・ディスクの再構築

ほとんどのシステムの動作はシステム・ディスクへのアクセスを必要とするため,システム・ディスクの再構築は特に重要です。システム・ディスクの再構築が実行されている場合,そのディスクを使用するどのコンピュータでも,動作はほとんど実行されません。

他のディスクと異なり,システム・ディスクはブート・シーケンスの初期の段階で自動的にマウントされます。 再構築が必要で,システム・パラメータ ACP_REBLDSYSD の値が 1 の場合は,システム・ディスクはブート・シーケンスで再構築されます (ACP_REBLDSYSD システム・パラメータのデフォルト設定は 1 であり,この値はシステム・ディスクを再構築しなければならないことを指定します)。以下の例外があります。

設定 説明
サテライトでは,ACP_REBLDSYSD パラメータを 0 に設定しなければならない。 このように設定すると,ブート・シーケンスの初期の段階でシステム・ディスクがマウントされるときに,サテライトがシステム・ディスクを再構築しないようにすることができ,サテライトがクラスタに参加するときに,このような再構築によって発生する遅延時間を回避することができる。
ブート・サーバでは,ACP_REBLDSYSD をデフォルト値の 1 に設定しなければならず,ブート・サーバでディスクをマウントするプロシージャでは, /REBUILD 修飾子を使用しなければならない。 このようにすると,ブート・サーバのリブートの時間が長くなる可能性があるが,予想しないシャットダウンが発生した後,システム・ディスクの領域が確実に使用可能になる。

クラスタが起動され,実行された後,システム管理者は失われたディスク領域を回復するために, SET VOLUME/REBUILD コマンドを実行するバッチ・プロシージャをキューに登録することができます。このようなプロシージャは,ディスクへのアクセスがブロックされてもユーザが不便を感じない時刻 (たとえば毎日午前 0 時から午前 6 時の間) に実行できます。 SET VOLUME/REBUILD コマンドは,再構築が必要であるかどうかを判断するので,プロシージャでは,通常マウントされる各ディスクに対してコマンドを実行できます。

推奨: これらのプロシージャを以下のコンピュータで実行すれば,プロシージャの実行時間を短縮し,ディスク・アクセスで発生する遅延時間を短縮することができます。

  • 強力なコンピュータ

  • 再構築されるボリュームに対して直接アクセスできるコンピュータ

さらに,それぞれ異なるディスク・セットを再構築するプロシージャを 2 つ以上同時に実行することもできます。

警告: ディスクをマウントするときに,以下の条件のいずれか一方または両方が満たされる場合は,定期的に SET VOLUME/REBUILD コマンドを含むプロシージャを実行して,ディスクを再構築することが重要です。

  • ディスクが MOUNT/NOREBUILD コマンドによってマウントされる場合

  • ACP_REBLDSYSD システム・パラメータが 0 に設定される場合

ディスク・ボリュームを再構築しないと,使用可能な領域が失われ,アプリケーションがファイルを作成および拡張することができなくなることがあります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項