日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



次の表は,ブリッジ・パラメータの設定がフェールオーバ・プロセスにどのように影響するかを示しています。

オプション 説明
LISTEN_TIME の値を小さくすると,ブリッジはトポロジの変化をより迅速に検出できる。 LISTEN_TIME パラメータの値を小さくする場合は,ブリッジ固有のガイドラインに従って, HELLO_INTERVAL ブリッジ・パラメータの値も小さくしなければならない。しかし, HELLO_INTERVAL パラメータの値を小さくすると,ネットワーク・トラフィックが増大するので,注意が必要である。
FORWARDING_DELAY の値を小さくすると,ブリッジは他の LAN セグメントに不要にパケットを転送するようになる可能性がある。 ブリッジ・ソフトウェアがブリッジの両端の LAN アドレスを判断するまで,不要な転送によって,両方の LAN セグメントでトラフィックが一時的に増大する可能性がある。

注意: 1 つの LAN ブリッジのパラメータを変更する場合,そのパラメータはすべてのブリッジで変更する必要があり,新しいルート・ブリッジを選択しても,パラメータの値が変化しないようにしなければなりません。ブリッジが使用する実際のパラメータ値は,ルート・ブリッジで指定されている値です。

3.5 MEMORY CHANNEL でインターコネクトされた OpenVMS Cluster システム

MEMORY CHANNEL は,PCI ベースの Alpha システム用の高性能のクラスタ・インターコネクト・テクノロジです。 MEMORY CHANNEL には,遅延時間が非常に短い,帯域幅が広い,ダイレクト・メモリ・アクセスが可能であるなどの利点があり, OpenVMS Cluster が 1 つの仮想システムとして動作できる機能を補足および強化します。MEMORY CHANNEL はノード間クラスタ通信のためにだけ使用されます。 Fibre Channel,SCSI,CI, DSSI など,ストレージ・トラフィック専用に使用される他のインターコネクトと組み合わせて使用します。

3.5.1 設計

MEMORY CHANNEL 接続をサポートするには,各ノードに次の 3 つのハードウェア・コンポーネントが必要です。

  • PCI-to MEMORY CHANNEL アダプタ

  • リンク・ケーブル (3 m または 10 フィートの長さ)

  • MEMORY CHANNEL ハブ内のポート (ケーブルで 2 つの PCI アダプタを接続する 2 ノード構成の場合は不要)



3.5.2 例

図 3-6 には,Fibre Channel ストレージへの共用アクセスが可能で,フェールオーバのために LAN でインターコネクトされた 2 ノード MEMORY CHANNEL クラスタが示されています。

図 3-6 2 ノード MEMORY CHANNEL OpenVMS Cluster 構成


図 3-7 には, MEMORY CHANNEL ハブと LAN インターコネクトで接続された 3 ノード MEMORY CHANNEL クラスタが示されています。3 台のノードは Fibre Channel ストレージに共用アクセスできます。LAN インターコネクトがあるため, MEMORY CHANNEL インターコネクトで障害が発生しても,フェールオーバが可能です。

図 3-7 3 ノード MEMORY CHANNEL OpenVMS Cluster 構成




OpenVMS Cluster システムでは,ストレージ・インターコネクトとして SCSI (Small Computer Systems Interface) がサポートされます。 SCSI インターコネクトは SCSI バスとも呼ばれ,1 台以上のコンピュータ,周辺デバイス,インターコネクト・コンポーネントをサポートする業界標準のインターコネクトです。

OpenVMS Alpha バージョン 6.2 以降,複数の Alpha コンピュータが同時に SCSI インターコネクトを介して SCSI ディスクにアクセスできるようになりました。ホスト間 OpenVMS Cluster 通信のために,ローカル・エリア・ネットワークなどの別のインターコネクトが必要です。

3.6.1 設計

OpenVMS Alpha バージョン 6.2-1H3 以降,OpenVMS Alpha ではストレージ・インターコネクトとして,共用 SCSI バス上で最大 3 台のノードがサポートされるようになりました。クォーラム・ディスクを SCSI バスで使用すると,2 ノード構成の可用性を向上できます。ホスト・ベースの RAID (ホスト・ベースのシャドウイングを含む) と MSCP サーバが共用 SCSI ストレージ・デバイスに対してサポートされます。

SCSI ハブ DWZZH-05 が提供されるようになったため, SCSI マルチホスト OpenVMS Cluster システムで 4 台のノードをサポートできるようになりました。4 台のノードをサポートするには,ハブの公平なアービトレーション機能を有効にしなければなりません。

これらの構成の詳細については,『OpenVMS Cluster 構成ガイド』を参照してください。

3.6.2 例

図 3-8 では,SCSI デバイスに共用アクセスするために SCSI インターコネクトを使用している OpenVMS Cluster 構成を示しています。ホスト間通信のために,別のインターコネクト (この例では LAN) が使用されることに注意してください。

図 3-8 共用 SCSI インターコネクトを使用する 3 ノード OpenVMS Cluster 構成




OpenVMS Cluster システムでは,ストレージ・インターコネクトとして FC インターコネクトがサポートされます。Fibre Channel は ANSI 標準のネットワーク/ストレージ・インターコネクトであり,高速伝送機能や,長距離のインターコネクトなど,他のインターコネクトより優れた数多くの機能を備えています。ノード間通信のために第 2 のインターコネクトが必要です。

3.7.1 設計

OpenVMS Alpha では,最新の『Compaq StorageWorks Heterogeneous Open SAN Design Reference Guide』および Data Replication Manager (DRM) のユーザ・マニュアルに説明があるように, Fibre Channel SAN 構成がサポートされるようになりました。この構成では,最大 500 メートルのマルチモード・ファイバと,最大 100 キロメートルのシングルモード・ファイバのマルチスイッチ Fibre Channel ファブリックをサポートします。さらに,DRM 構成では,Open Systems Gateway および波長分割多重化装置を使って,長距離のサイト間リンク (ISL) が可能となります。 OpenVMS は,非 OpenVMS システムに対し,ファブリックと HSG ストレージの共用をサポートします。

OpenVMS は,StorageWorks のマニュアルに記述されている数のホスト,スイッチ,およびストレージ・コントローラをサポートしています。一般に,ホストおよびストレージ・コントローラの上限は,使用できるファブリック接続の数によります。

ホスト・ベースの RAID (ホスト・ベースのシャドウイングを含む) と MSCP サーバが共用 Fibre Channel ストレージ・デバイスに対してサポートされます。これらの構成では,マルチパス・サポートが提供されます。

これらの構成の詳細については,『OpenVMS Cluster 構成ガイド』を参照してください。

3.7.2 例

図 3-9 では,ホストをストレージ・サブシステムに接続する 2 つの独立した Fibre Channel インターコネクトを含むマルチホスト構成を示しています。ノード間通信のために別のインターコネクトが使用されていることに注意してください。

図 3-9 Fibre Channel インターコネクトを使用する 4 ノード OpenVMS Cluster 構成



目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡