日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



分散ロック・マネージャには,以下の機能があります。

  • 以下のリソースも含めて,クラスタ単位の共用リソースへのアクセスの同期をとります。

    • デバイス

    • ファイル

    • ファイル内のレコード

    • データベースやメモリなどのユーザ定義リソース


    各リソースは,OpenVMS Cluster のコンピュータによってクラスタ単位で管理されます。

  • $ENQ システム・サービスと $DEQ システム・サービスを実装して,リソース名のロックとアンロックを可能にすることで,クラスタ単位でリソースへのアクセスの同期をとります。
    関連項目: システム・サービスの詳細については,『OpenVMS System Services Reference Manual』を参照してください。

  • ロックされているリソースへのアクセスを求めるプロセス要求をキューに登録します。このキューイング機能により,特定のリソースが使用可能な状態になるまで,プロセスを待ち状態にすることができます。この結果,協調動作するプロセスは,ファイルやレコードなどの共用オブジェクトへのアクセスの同期をとることができます。

  • OpenVMS Cluster コンピュータで障害が発生したときに,そのコンピュータが保有しているすべてのロックを解放します。この結果,残りのコンピュータで処理を続行することができます。

  • クラスタ単位のデッドロックの検出をサポートします。



2.6.2 ロック・マネージャのシステム管理

ロック・マネージャは完全に自動化されており,通常,特別なシステム管理は必要ありません。しかし, LOCKDIRWT システム・パラメータを使用すれば,ロック・リソース階層構造の制御をクラスタ全体でどのように分散するかを調整することができます。

ロック・リソース階層構造を制御するノードをリソース・マスタと呼びます。各リソース階層構造で異なるノードをマスタとして設定できます。

ほとんどの構成では,大型コンピュータとブート・ノードの LOCKDIRWT が 1 に設定されていて,サテライト・ノードの LOCKDIRWT が 0 に設定されている場合,これらの大型コンピュータやブート・ノードは最適な状態で動作します。これらの値は CLUSTER_CONFIG.COM プロシージャによって自動的に設定されます。

場合によっては,リソース階層構造のマスタ・ノードを制御するために,クラスタ全体で LOCKDIRWT の値を変更しなければならないことがあります。以下のリストは, LOCKDIRWT システム・パラメータの値がリソース階層構造のマスタの設定にどのように影響するかを示しています。

  • 複数のノードが 1 つのリソース階層構造でロックを保有している場合,実際のロック・レートとは無関係に, LOCKDIRWT の値が最大のノードが階層構造のマスタになります。

  • LOCKDIRWT の値が同一の複数のノードが 1 つのリソースに対してロックを保有している場合,その階層構造でロック・レートが最大のノードが階層構造のマスタになります。

  • 1 つのノードだけがリソース階層構造でロックを保有している場合,LOCKDIRWT の値とは無関係に,そのノードが階層構造のマスタになります。

このように,LOCKDIRWT システム・パラメータの値を適切に設定すれば,優先順位をもとに,リソース階層構造のマスタに関するポリシーを設定できます。また, LOCKDIRWT システム・パラメータに対して等しい値を使用すれば,動作をもとにリソース階層構造のマスタに関するポリシーを設定できます。必要に応じて,優先順位ベースのマスタ設定と動作ベースのマスタ設定の組み合わせを使用することもできます。

2.6.3 大規模ロック・アプリケーション

Enqueue プロセス上限 (ENQLM) は SYSUAF.DAT ファイルに設定される値であり,プロセスが所有できるロックの数を制御します。この値は,大規模データベースやその他のサーバ・アプリケーションの要件に応じて調整することができます。

OpenVMS バージョン 7.1 以前では,上限は 32767 でした。その後,大規模データベースや他のサーバ・アプリケーションの効率的な操作を可能にするために,この上限は削除されました。したがって,プロセスはアーキテクチャ上の最大値である 16,776,959 まで,ロックを保有できるようになりました。SYSUAF.DAT で ENQLM の値を 32767 に設定すれば (Authorize ユーティリティを使用),ロックの上限は自動的に最大値の 16,776,959 ロックに拡張されます。 SYSUAF Enqlm クォータが 32767 に設定されたプロセスから初期化された場合,$CREPRC は大きなクォータをターゲット・プロセスに渡すことができます。

関連項目: 分散ロック・マネージャとリソース階層構造の詳細については,『OpenVMS Programming Concepts Manual』を参照してください。Enqueue Quota の詳細については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

2.7 リソースの共用

OpenVMS Cluster システムでは,リソースの共用は分散ファイル・システム,RMS,分散ロック・マネージャによって有効になります。

2.7.1 分散ファイル・システム

OpenVMS Cluster の 分散ファイル・システムは,すべてのコンピュータがマス・ストレージとファイルを共用できるようにします。分散ファイル・システムは,スタンドアロン・コンピュータで提供されているものと同じディスク,テープ,ファイルへのアクセス機能を OpenVMS Cluster 全体にわたって提供します。

2.7.2 RMS と分散ロック・マネージャ

分散ファイル・システムと OpenVMS レコード管理サービス (RMS) は,分散ロック・マネージャを使用して,クラスタ単位のファイル・アクセスを調整します。RMS ファイルはレコード・レベルまで共用できます。

ディスクやテープはどれでも, OpenVMS Cluster システム全体から利用できるように設定できます。ストレージ・デバイスは以下のいずれでもかまいません。

  • HSC,HSJ,HSD,HSG,HSZ,DSSI,SCSI サブシステムに接続されているデバイス

  • OpenVMS Cluster にサービスされているローカル・デバイス

クラスタ・アクセス可能デバイスはすべて,各コンピュータに接続されているかのように見えます。

2.8 ディスクの可用性

ローカルに接続されているディスクは,MSCP サーバによって OpenVMS Cluster 全体でサービスすることができます。

2.8.1 MSCP サーバ

MSCP サーバは,以下のディスクも含めて,ローカルに接続されているディスクをクラスタ全体で使用できるようにします。

  • SDI を使用している OpenVMS Cluster メンバにローカルに接続されている DSA ディスク

  • 複合インターコネクトを使用している OpenVMS Cluster 内の HSC および HSJ ディスク

  • 複合インターコネクトを使用している OpenVMS Cluster 内の ISE および HSD ディスク

  • SCSI および HSZ ディスク

  • FC および HSG ディスク

  • OpenVMS Cluster 内にあるブート・サーバとディスク・サーバのディスク

ディスク・クラス・ドライバ (DUDRIVER) と組み合わせて, MSCP サーバはコンピュータで MSCP プロトコルのストレージ・サーバの部分を実装します。これにより,コンピュータはストレージ・コントローラとして機能できるようになります。MSCP プロトコルは,弊社が設計した特定のマス・ストレージ・コントローラ/デバイス・ファミリに対して,送受信されるメッセージの形式とタイミングの規則を定義しています。 MSCP サーバは,リモート・クラスタ・ノードから送信された MSCP I/O 要求をデコードし,サービスします。

注意: ローカルに接続されているディスク上のファイルにコンピュータがアクセスする場合,MSCP サーバは使用されません。

2.8.2 デバイスのサービス

サービスされるようにデバイスを設定しておけば,以下のことが可能になります。

  • クラスタのどのメンバも,そのデバイスに対して I/O 要求を出すことができます。

  • ローカル・コンピュータは,リモートの OpenVMS Cluster コンピュータから送信された MSCP I/O 要求をデコードして,サービスを提供することができます。



2.8.3 MSCP サーバの有効化

MSCP サーバは,MSCP_LOAD および MSCP_SERVE_ALL システム・パラメータによって制御されます。これらのパラメータの初期値は,OpenVMS インストール・プロシージャ ( 第 8.4 節 を参照) または CLUSTER_CONFIG.COM プロシージャ ( 第 8 章 を参照) で出力される質問への応答によって設定されます。

これらのパラメータのデフォルト値は以下のとおりです。

  • MSCP はサテライトにロードされません。

  • MSCP はブート・サーバおよびディスク・サーバ・ノードにロードされます。

関連項目: MSCP サーバに対するシステム・パラメータの設定の詳細については, 第 6.3 節 を参照してください。

2.9 テープの可用性

ローカルに接続されているテープは,TMSCP サーバによって OpenVMS Cluster 全体で利用できるようになります。

2.9.1 TMSCP サーバ

TMSCP サーバは,以下のテープも含めて,ローカルに接続されているテープをクラスタ全体で使用できるようにします。

  • HSC および HSJ テープ

  • ISE および HSD テープ

  • SCSI テープ

TMSCP サーバは TMSCP プロトコルを実装します。このプロトコルは,TMSCP テープ用のコントローラと通信するときに使用されます。テープ・クラス・ドライバ (TUDRIVER) と組み合わせて, TMSCP プロトコルはプロセッサで実装され,これにより,プロセッサはストレージ・コントローラとして機能できるようになります。

プロセッサは,ローカルに接続されているテープへの I/O 要求を出し,クラスタ内の他のノードから I/O 要求を受け付けます。このようにして,TMSCP サーバはローカルに接続されているテープをクラスタ内のすべてのノードから利用できるようにします。また,TMSCP サーバは HSC テープと DSSI ISE テープを OpenVMS Cluster サテライトからアクセスできるようにもします。

2.9.2 TMSCP サーバの有効化

TMSCP サーバは TMSCP_LOAD システム・パラメータによって制御されます。このパラメータの初期値は, OpenVMS インストール・プロシージャ ( 第 4.2.3 項 を参照) または CLUSTER_CONFIG.COM プロシージャ ( 第 8.4 節 を参照) で出力される質問への応答によって設定されます。 TMSCP_LOAD パラメータのデフォルト設定では, TMSCP サーバはロードされず,テープに対するサービスは提供されません。



2.10 キューの可用性

分散ジョブ・コントローラは,以下の機能を提供するために,クラスタ全体でキューを利用できるようにします。

機能 説明
OpenVMS Cluster のコンピュータのユーザは, OpenVMS Cluster 内の任意のコンピュータで実行されているキューにバッチ・ジョブとプリント・ジョブを登録できる。 ジョブが実行されているコンピュータから,必要なマス・ストレージ・ボリュームと周辺デバイスにアクセス可能であれば,ユーザはクラスタ内のどのキューにもジョブを登録できる。
バッチ処理とプリント処理の作業負荷を OpenVMS Cluster ノードに分散する。 システム管理者は,コンピュータ間で処理の負荷を分散する汎用バッチ・キューと汎用プリント・キューを設定できる。分散ジョブ・コントローラは,キューに対するジョブの数 (jobs-to-queue) の上限が最低の実行キュー,または使用可能な次のプリンタにバッチ・ジョブとプリント・ジョブを渡す。

ジョブ・コントローラは分散ロック・マネージャを使用して, OpenVMS Cluster 内の他のコンピュータに,処理するバッチ・キュー・ジョブとプリント・キュー・ジョブを確認するように通知します。

2.10.1 キューの制御

キューを制御するには,1 つまたは複数のキュー・マネージャを使用して,キューとジョブに関する情報が格納されているクラスタ単位のキュー・データベースを管理します。

関連項目: OpenVMS Cluster キューの設定の詳細については, 第 7 章 を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項