日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章:OpenVMS Cluster の概念
第 3 章:OpenVMS Cluster インターコネクト構成
第 4 章:OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章:共用環境の準備
第 6 章:クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章:クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章:OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章:大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章:OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A :クラスタ・システム・パラメータ
付録 B :共通ファイルの作成
付録 C :クラスタのトラブルシューティング
付録 D :LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E :LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F :NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G :NISCA トランスポート・プロトコル・チャネル選択および輻輳制御
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引

まえがき



はじめに

本書では,OpenVMS Cluster システムのシステム管理について説明します。 OpenVMS Cluster ソフトウェアには, VAX コンピュータ用と Alpha コンピュータ用があり,ソフトウェアの購入,ライセンスの登録,インストールは, VAX と Alpha で別々に行わなければなりませんが, 2 つのアーキテクチャの違いは主に,使用するハードウェアにあります。特に,OpenVMS Cluster における VAX コンピュータと Alpha コンピュータのシステム管理は同じです。例外については,そのつど示しています。

本書の対象読者

本書は,OpenVMS Cluster システムの設定と管理を行う責任者を対象にしています。クラスタ管理の手引きとして本書を使用する場合は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』で説明しているシステム管理の概念と手順を十分理解しておく必要があります。

本書の構成

本書は,10 の章と 7 つの付録で構成されています。

第 1 章 では, OpenVMS Cluster システムの概要を示します。

第 2 章 では,OpenVMS Cluster のメンバシップと整合性を維持管理するのに不可欠なソフトウェアの概念について説明します。

第 3 章 では,さまざまな OpenVMS Cluster 構成と相互接続 (インターコネクト) の方法について説明します。

第 4 章 では,OpenVMS Cluster システムの設定方法とシステム・ファイルの調整方法について説明します。

第 5 章 では,OpenVMS Cluster システムのノード間でリソースを共用できる環境を設定する方法について説明します。

第 6 章 では,ディスクとテープの管理の概念および手順について説明し,データを使用できなくなる状況が発生するのを予防するために,Volume Shadowing for OpenVMS を使用する方法について説明します。

第 7 章 では,キュー管理の概念と手順について説明します。

第 8 章 では,必要な準備が完了した後, OpenVMS Cluster システムを構築する方法と,クラスタを再構成および保守する方法について説明します。

第 9 章 では,大規模な OpenVMS Cluster システムの構成と構築,サテライト・ノードのブート,異なるアーキテクチャ間でのブートのガイドラインを示します。

第 10 章 では, OpenVMS Cluster システムの日常の保守について説明します。

付録 A では, OpenVMS Cluster システムのパラメータの一覧とその定義を示します。

付録 B では,クラスタ共通利用者登録ファイルの作成のガイドラインについて説明します。

付録 C では,トラブルが発生したときの対処法をまとめます。

付録 D では, LAN を制御するための 3 つのサンプル・プログラムを示し,ローカル・エリア OpenVMS Cluster ネットワーク障害分析プログラムの使い方について説明します。

付録 E では,ローカル・エリア OpenVMS Cluster サンプル・プログラムで使用されているサブルーチン・パッケージについて説明します。

付録 F では, NISCA トランスポート・プロトコルに関連するネットワークの問題への対処法について説明します。

付録 G では,作業負荷の分散とネットワーク・トポロジが OpenVMS Cluster システムのパフォーマンスにどのような影響を与えるかについて説明し, PEDRIVER による転送チャネル選択について説明します。

関連資料

本書は,1 巻で完結するリファレンス・マニュアルではありません。ユーティリティおよびコマンドの詳細については,『OpenVMS システム管理者マニュアル』,『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』,および『OpenVMS DCL ディクショナリ』で説明されています。

本書で説明されているトピックについての補足情報は,下記のドキュメントを参照してください。

  • 『OpenVMS Cluster 構成ガイド』

  • 『OpenVMS Alpha パーティショニングおよび Galaxy ガイド』

  • 『Guide to OpenVMS File Applications』

  • 『OpenVMS Guide to System Security』

  • 『OpenVMS Alpha System Dump Analyzer Utility Manual』

  • 『VMS System Dump Analyzer Utility Manual』

  • 『OpenVMS I/O User's Reference Manual』

  • 『OpenVMS License Management Utility Manual』

  • 『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』

  • 『OpenVMS システム管理者マニュアル』

  • 『A Comparison of System Management on OpenVMS AXP and OpenVMS VAX』 ( このマニュアルはアーカイブ・マニュアルとして  OpenVMS Documentation CD-ROM に含まれています。)

  • 『OpenVMS System Services Reference Manual』

  • 『Volume Shadowing for OpenVMS 説明書』

  • 『 OpenVMS Cluster Software Software Product Description 』 (SPD 29.78.xx)

  • 『DECnet for OpenVMS Network Management Utilities』

  • 『DECnet for OpenVMS Networking Manual』

  • DECnet--Plus ( 以前の名称は DECnet/OSI) ドキュメント・セット

  • TCP/IP Services for OpenVMS ドキュメント・セット

OpenVMS の製品およびサービスについての付加情報は,下記の弊社 Web サイトをご覧ください。

//www.hpe.com/jp/openvms

または

http://www.hp.com/go/openvms/

本書で使用する表記法

本書では次の表記法を使用しています。

表記法 意味
Ctrl/ x Ctrl/ x という表記は,Ctrl キーを押しながら別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
PF1 x PF1 x という表記は,PF1 に定義されたキーを押してから,別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
[Return] 例の中で,キー名が四角で囲まれている場合には,キーボード上でそのキーを押すことを示します。テキストの中では,キー名は四角で囲まれていません。

HTML 形式のドキュメントでは,キー名は四角ではなく,括弧で囲まれています。

... 例の中の水平方向の反復記号は,次のいずれかを示します。

  • 文中のオプションの引数が省略されている。

  • 前出の 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。

.
.
.
垂直方向の反復記号は,コードの例やコマンド形式の中の項目が省略されていることを示します。このように項目が省略されるのは,その項目が説明している内容にとって重要ではないからです。
( ) コマンドの形式の説明において,括弧は,複数のオプションを選択した場合に,選択したオプションを括弧で囲まなければならないことを示しています。
[ ] コマンドの形式の説明において,大括弧で囲まれた要素は任意のオプションです。オプションをすべて選択しても,いずれか1つを選択しても,あるいは1つも選択しなくても構いません。ただし,OpenVMS ファイル指定のディレクトリ名の構文や,割り当て文の部分文字列指定の構文の中では,大括弧に囲まれた要素は省略できません。
[|] コマンド形式の説明では,括弧内の要素を分けている垂直棒線はオプションを 1 つまたは複数選択するか,または何も選択しないことを意味します。
{ } コマンドの形式の説明において,中括弧で囲まれた要素は必須オプションです。いずれか 1 つのオプションを指定しなければなりません。
太字 太字のテキストは,新しい用語,引数,属性,要件を示しています。また、変数を示す場合にも使用されています。
italic text イタリック体のテキストは,重要な情報を示します。また,システム・メッセージ (たとえば内部エラー number),コマンド・ライン(たとえば /PRODUCER= name),コマンド・パラメータ(たとえば device-name) などの変数を示す場合にも使用されます。
UPPERCASE TEXT 英大文字のテキストは,コマンド,ルーチン名,ファイル名,ファイル保護コード名,システム特権の短縮形を示します。
Monospace type モノスペース・タイプの文字は,コード例および会話型の画面表示を示します。

C プログラミング言語では,テキスト中のモノスペース・タイプの文字は,キーワード,別々にコンパイルされた外部関数およびファイルの名前,構文の要約,または例に示される変数または識別子への参照などを示します。

-- コマンド形式の記述の最後,コマンド・ライン,コード・ラインにおいて,ハイフンは,要求に対する引数がその後の行に続くことを示します。
数字 特に明記しない限り,本文中の数字はすべて10 進数です。 10 進数以外 (2 進数,8 進数,16 進数) は,その旨を明記してあります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項