日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS

OpenVMS Cluster 構成ガイド

AA--RNJ9C--TE

2005 年 4 月

OpenVMS Cluster の可用性,スケーラビリティ,システム管理の利便性は,構成,アプリケーション,およびオペレーティング環境に大きく依存しています。本書では,これらの利便性を最大限に生かせるような提案とガイドラインを提供します。

改訂/更新情報: 本書は『OpenVMS Cluster 構成ガイド』V7.3-2 の改訂版です。
ソフトウェア・バージョン: OpenVMS Alpha V8.2
OpenVMS I64 V8.2
OpenVMS VAX V7.3



日本ヒューレット・パッカード株式会社

© 2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.

本書の著作権はHewlett-Packard Development Company, L.P.が保有しており,本書中の解説および図,表はHewlett-Packard Development Company, L.P. の文書による許可なしに,その全体または一部を,いかなる場合にも再版あるいは複製することを禁じます。

また,本書に記載されている事項は,予告なく変更されることがありますので,あらかじめご承知おきください。万一,本書の記述に誤りがあった場合でも,日本ヒューレット・パッカードは一切その責任を負いかねます。

本書で解説するソフトウェア ( 対象ソフトウェア ) は,所定のライセンス契約が締結された場合に限り,その使用あるいは複製が許可されます。

日本ヒューレット・パッカードは,弊社または弊社の指定する会社から納入された機器以外の機器で対象ソフトウェアを使用した場合,その性能あるいは信頼性について一切責任を負いかねます。

Intel®,および Itanium® は,米国およびその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標または登録商標です。

Microsoft®, MS-DOS®, Windows®,および Windows NT® は,米国における Microsoft Corporation の登録商標です。

OSF,OSF/1,および Motif は,米国およびその他の国における The Open Group の商標です。

その他のすべての商標および登録商標は,それぞれの所有者が保有しています。

原典:Guidelines for OpenVMS Cluster Configurations
© 2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項