日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引


スケーラビリティ
    CI OpenVMS Cluster システムにおける
    DSSI OpenVMS Cluster システムにおける
    I/O
    MEMORY CHANNEL OpenVMS Cluster システムにおける
    OpenVMS Clusterの設計
    SCSI OpenVMS Cluster システムにおける
    拡張次元
    サテライトを備えた OpenVMS Cluster システムにおける
    処理とストレージ
    実現手法
    代替キャパシティ
    定義
    プロセッサのキャパシティ
    要件
スター・カプラ
    キャパシティの制限
    スケーリング
スター・カプラ・エクスパンダ
ストライピング
    ディスク・ストライピングを参照
ストレージ
    CI 方式
    DSSI 方式
    アクセス
    スケーリング
    パフォーマンス・オプティマイザ
    ホスト方式
    ローカル・アダプタ
ストレージ・デバイス
    定義
ストレージ域拡張ソフトウェア
ストレージ・コントローラ
    Fibre Channel
        デュアル・ポート
    マルチポート
ストレージ・デバイス
    インターコネクトへの接続
    可用性の必要要件の決定
    設置必要要件
    必要容量の見積もり
ストレージの必要要件
    OpenVMS オペレーティング・システムの
    アーカイブ
    サード・パーティ製品
    サイト固有のユーティリティ
    増加量
    データベース
    ページ・ファイル,スワップ・ファイル,ダンプ・ファイル
    ユーザ作成プログラム
    ユーザ・データ
    ユーザ・レベル
    容量
    レイヤ製品
ストレージ領域
    共用,直接アクセス
スループット
    CI
    Ethernet
    FDDI
    MEMORY CHANNEL
    SCSI
成長の要件
セキュリティ要件
接地
    SCSI 要件
    トラブルシューティング
設置面積の必要要件
    ストレージ・デバイス
接続マネージャ
    OpenVMS Cluster での役割
相互依存
    緩和
ソフトウェア
    可用性の強化手法 #1
    可用性の強化手法 #2
ターミナル・サーバ
    可用性
ターミネータ
    SCSI 用
帯域幅
    拡張 LAN における
タイマ
    ポーリング
単一点障害の要因
    緩和
    サーバとディスク
通信サービス
    OpenVMS Cluster システムにおける ATM
    OpenVMS Cluster システムにおける DS3
テープ・デバイス
    Fibre Channel
        命名
    テープ・ライブラリ・ロボット
データ
    OpenVMS Cluster 環境にアクセス
    可用性
    冗長化
データベース
    ストレージの必要要件
データベース・システム
データ保管ソリューション
ディザスタ・トレラントな OpenVMS Cluster 構成
ディスク
    RF シリーズ
    SCSI
        SCSI のアクセス
        概念
        構成上の要件
    可用性 #1
    可用性 #2
    可用性 #3
    キャッシュ #1
    キャッシュ #2
    データ
        シャドウィング
    半導体
    パフォーマンス・オプティマイザ
    必要量の見積もり
    ページとスワップ
ディスク・サーバ
    フェールオーバ
ディスク・ストライピング
    RAID を参照
ディスク・テクノロジ
    RAID も参照
ディファレンシャル・シグナル通知
    SCSI の
デバイス ID
    Fibre Channel
        WWID #1
        WWID #2
        ストレージ・アダプタ
        ストレージ・アダプタ名
        ストレージ・デバイス
        テープ・デバイス
    HSZ 割り当てクラス
    SCSI ディスクも参照
    SCSI の構成
    ノード割り当てクラス
    ポート割り当てクラス
    マルチパス
        パラレル SCSI
トラブルシューティング
    SCSI 構成
ドライバ
    DKDRIVER #1
    DKDRIVER #2
    DUDRIVER #1
    DUDRIVER #2
    Ethernet E*driver
    FDDI F*driver
    FG*driver
    MCDRIVER #1
    MCDRIVER #2
    PADRIVER
    PBDRIVER
    PEDRIVER #1
    PEDRIVER #2
    PG*DRIVER
    PIDRIVER
    PK*DRIVER
    PMDRIVER #1
    PMDRIVER #2
    PMDRIVER #3
    PNDRIVER #1
    PNDRIVER #2
    TUDRIVER
    ポート
内部バス
ネットワーキング・ソフトウェア
ノード
    OpenVMS Cluster システムにおける
ノード・カウント
    制限
ノード割り当てクラス
    割り当てクラスを参照
ハードウェア
    BA350/BA353 StorageWorks エンクロージャ
    DWZZx コンバータ
    HSZ40 コントローラ
    SCSI OpenVMS Cluster システムでの
    アドオン SCSI アダプタ
    可用性の強化手法
    構成要素
    スケーラビリティの手法
ハードウェア要件
    Fibre Channel テープ・デバイス
半導体ディスク #1
半導体ディスク #2
媒体チェンジャ・デバイス
バス
    内部
バックアップ
    可用性のための
    重要性
    冗長化
バッチ・キュー
    可用性の仕組み
    クラスタ全体での共用可能
パケット・サイズ
    拡張 LAN における
パス
    現在の #1
    現在の #2
        ポーリング
    複数の
        選択
        優先順位
    プライマリ
    ポーリング
パス識別子
    Fibre Channel #1
    Fibre Channel #2
    Fibre Channel マルチパス
    デバイス ID も参照
    パラレル SCSI
パス選択
    テープ・ドライブのマウント
パス名
    パス識別子を参照
パフォーマンス
    SCSI ストレージ
    アプリケーション
    システム
    データ転送速度
パフォーマンスの要件
パラメータ
    システム・パラメータを参照
ビジネス・アプリケーション
ビジネス要件
    可用性
    決定
    将来の成長率
    スケーラビリティ
    セキュリティ
    物理的な制約
    予算


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項