日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



複数のサイトを接続する FDDI-to-WAN ブリッジとリンクが一時的に利用できなくなった場合は,以下のような状況になります。

  • サイト間リンク障害は,1 個所または複数の個所で発生することがあり,その場合は,サイト間接続が復元されるまで利用できなくなります。

  • サイト間リンクビット・エラー (と ATM セル・ロス) と非可用性は,次の要素に影響があります。

    • システムの応答性

    • システム・スループット (または帯域幅)

    • 仮想回路 (VC) 閉止率

    • OpenVMS Cluster 遷移とサイト・フェールオーバ時間

多くの通信事業者は,パスの多様性,保護の切り替え,その他,サイト間リンクの可用性を大幅に増加するオプションなど,可用性強化オプションを用意しています。

D.3.6 仕様

この項では,WAN 通信サービスにおける通信とパフォーマンスの要件について説明します。

WAN サービス・サプライヤとの交渉上の便宜を考え,この項では,電気通信事業者が広く使用している WAN 仕様の用語と定義を使用します。これらの要件と目標値は, Bellcore Communications Research の仕様と,OpenVMS Cluster のエラーによる影響を弊社で解析した結果の組み合わせから抽出したものです。

表 D-2 で説明する用語は, 表 D-3 で使用した Bellcore と OpenVMS Cluster の要件と目標値の説明に使用されます。

表 D-3 で指定した ATM/SONET - OC3 と DS3 サービス・エラー・パフォーマンス (品質) のBellcore 要件と OpenVMS Cluster 要件は,サービス・サプライヤのサービス品質,可用性,ダウン・タイム,サービス割り込み頻度の目標値がシステムにどう影響するかを評価するときに使用します。

注意

OpenVMS Cluster システムがアプリケーションの応答時間の要件を満たしているかを確認するには, 表 D-3 で定めた Bellcore と OpenVMS Cluster の要件および目標値を超える WAN 要件を達成する必要があります。

表 D-2 Bellcore と OpenVMS Cluster の要件と目標値の用語
仕様 要件 目標
Bellcore Communications Research Bellcoreの仕様は,Bellcore Technical Reference TR--TSY--000499 TSGR: Common Requirements にまとめられた推奨の"一般的なエラー・パフォーマンス要件と目標値"です。これらの仕様は,WAN サプライヤがサービス保証として採用しています。FCC でも,これらを通信事業者間のタリフ・サービスとして採用しています。ただし,サプライヤによっては,顧客の要求に応じてさらに高品質なサービス提供を契約をする場合もあります。

他の国々では,Bellcore 仕様とパラメータに匹敵する仕様とパラメータを用意しています。

これらは推奨最低値です。Bellcore では,これらの目標値を TSGR: Common Requirements マニュアルの"目標値" と呼んでいます。
OpenVMS Cluster HP が構成を認定するには, 表 D-3 のOpenVMS Cluster 要件列に示す値以上の値にパラメータが応じる必要があります。

目標値を達成していない値があると,インターコネクト・エラー回復遅延と, OpenVMS Cluster の状態遷移とサイト・フェールオーバのどちらか,または両方の原因になる VC 閉止により,OpenVMS Cluster で満足なパフォーマンスが得られなくなります。

これらの値が目標値以上であれば,インターコネクト・ビット・エラー関連の回復遅延があっても OpenVMS Cluster の平均スループットが極端に悪化するのを防ぐことができます。また,OpenVMS Cluster の応答時間は,全般的に満足できる値になります。

要件が満たされないと, 1 時間当たり複数回のアプリケーション一時停止が発生します。 1

OpenVMS Cluster 操作を最適化するには,すべてのパラメータが OpenVMS Cluster の目標値以上の値を満足するものとします。

これらの目標値以上の値が満足されている場合は,インターコネクト・ビット・エラーとビット・エラー回復遅延があっても,OpenVMS Cluster の平均スループットが極端に悪化するのを防ぐことができます。

アプリケーションの短時間の一時停止が 毎日2,3 回発生するかもしれませんが,OpenVMS Cluster の応答時間は,全般的に満足できる値になります。 2


1ビット・エラーによるパケット・ロスのため,アプリケーションの一時停止はほぼ毎時間発生します (OpenVMS Cluster 要件の説明と同様)。
2一時停止の原因は,1 個所以上の NISCA 伝送仮想回路上の損失パケットによる仮想回路の再送タイムアウトです。1 回の一時停止は, 200〜300 ミリ秒から 2〜3 秒続きます。

表 D-3 OpenVMS Cluster DS3 と SONET OC3 エラー・パフォーマンスの要件
パラメータ Bellcore の要件 Bellcore の目標値 OpenVMS Cluster の要件1 OpenVMS Cluster の目標値1 単位
エラー秒 (% ES) <1.0% <0.4% <1.0% <0.028% % ES/24 hr
  次のように,ES パラメータは,エラー秒でも表すことができます。
  <864 <345 <864 <24 ES per 24-hr period
バースト・エラー秒 (BES) 2 <= 4 -- <= 4 Bellcore の目標値 BES/day
ビット・エラー率 (BER) 3 1 x 10 -9 2 x 10 -10 1 x 10 -9 6 x 10 -12 Errored bits/bit
DS3 チャンネルの使用不可状態 なし <= 97 @ 250 マイル,24 @<= 25 マイルまで直線的に低下 なし Bellcore の目標値 Min/yr
SONET チャンネルの使用不可状態 なし <= 105 @ 250 マイル,21 @<= 50 マイル直線的に低下 なし Bellcore の目標値 Min/yr
チャンネルの使用不可イベント 4 なし なし なし 1 から 2 Event/year

1アプリケーション要件は,OpenVMS Cluster 要件列に表示した値よりも厳しくなる場合があります。
2多数の日数の平均値。
3測定期間中に発生したバースト・エラー秒を含まず。
41 年に発生したチャンネル・ダウンタイム期間の平均回数。このパラメータは,チャンネルが使用できなくなる頻度を指定するときに使用します。

テーブル・キー

  • 可用性---意図した通りの動作を伝送チャンネルが実行した長期のまとまった時間,または時間をパーセントで表した値。可用性を非可用やダウンタイムで表すこともしばしばあります。

  • BER (ビット・エラー率)---"BER は,測定時間内に伝送された合計ビット数に対するエラー内のビット数の割合であり,測定時間内のバースト・エラー秒(下記定義参照) は含みません。バースト・エラー秒内では,ビット・エラーの回数もビット数もカウントしません。"

  • BES (バースト・エラー秒)---"バースト・エラー秒は,最低 100 件のエラーを含むエラー秒を指します。"

  • チャンネル---SONET リンクや DS3 リンク向けの Bellcore『 TSGR: Common Requirements』マニュアルで使用するリンク用語です。

  • ダウン・タイム---指定した期間 (例,1 年) 内に,伝送チャンネルが使用できない長期間の平均時間 (例,分)。

    "...チャンネルの非可用やダウン・タイムは,10 秒間[またはそれ以上の]SES (重大なエラー秒) が連続すると,それをもって開始とし,10 秒間非 SES が発生すると,それをもって終了とします。"非可用時間は,10--SES シーケンスの最初の SES からカウントします。"非可用時間の最後は,[非-SES] シーケンスの最初の無障害の 1 秒までカウントします。"

  • ES (エラー秒)---"エラー秒は,最低 1 つのエラーがある 1 秒を指します。"

  • SES (重大なエラー秒)---"...SES は,BER が10-3を超えた秒を指します。"




一般に,マルチサイト OpenVMS Cluster の管理には,LAN で接続した OpenVMS Cluster の場合と同じツールおよび技法を使用します。以下の項では,新たな注意事項と,推奨システム管理ツールおよび技法について説明します。

以下の表は,マルチサイト OpenVMS Cluster システムに固有のシステム管理上の注意事項です。

問題点 対処方法
マルチサイト構成では,以下の障害モードの発生する確率が高くなります。

  • サイト間通信リンク障害による OpenVMS Cluster クォーラム・ロス。

  • 停電やその他ブレークダウンによるサイト・ロスが発生すると,そのサイトの全システムに影響が出る。

ボーツについては,サイト間通信に障害が発生したり,他のサイトが利用できなくなっても 1 つの優先サイトで定足数を維持し,処理を続行できるだけの十分なボーツを割り当ててください。また,最も重要なサイトを一次サイトとして選択してください。重要度の低いシステムやサテライトが少ないサイトには,十分なボーツを割り当てる必要はありません。
以上のような障害が発生してもローカル・リソースを引き続き利用できるか,ただちに回復することを期待しますが,必ずしもそうなるとはかぎりません。 以下のオプションがユーザの期待に対応できる可能性があります。

  • 管理とユーザの要求については,障害の確率効果を考慮して設定し,クォーラム・ロスやその他の問題でシステムが応答しない場合は,リモート・サイトで対応できるようにユーザをトレーニングしてください。

  • 管理ポリシーと,これらの障害モードの特定と処理に必要な操作手順を決定してください。この手順には,サイト処理の続行に必要なクォーラムの手動での調節も含みます。



D.4.1 手法とツール

以下のシステム管理手法とツールでは,リモート・ノードとローカル・ノード両方を管理できます。

  • リバース LAT モードによる DECserver でサイト間リンクを使用する場合,リモート・サイト・コンソール・アクセスには 2 つのオプションがあります。

    • 以下のツールは,リモート・コンソールの接続に使用します。

      • SET HOST/LAT コマンド

      • POLYCENTER Console Manager

      • OpenVMS Cluster Console System (VCS)

      • HP のシステム管理,および,ソフトウェアパッケージ Disaster Tolerant Cluster Services for OpenVMS

    • リモート・システム・コンソールのダイアル・アップにはモデムを使用します。

  • リモート・サイト・コンソール・アクセスの代替方法として,各サイトにシステム管理者を配置する方法があります。

  • OpenVMS Cluster システム内のすべてのノードでデバイスとプロセッサの制御コマンドを有効にするには,OpenVMS オペレーティング・システムに組み込まれているシステム管理ユーティリティ (SYSMAN) を使用します。



D.4.2 データのシャドウイング

Volume Shadowing for OpenVMS では,複数サイトでデータ・ボリュームをシャドウイングできます。システム・ディスクは,サイト内のボリューム・シャドウイングまたは RAID セットとします。ただし,システム・ディスク・シャドウ・セット・メンバをマルチサイトで使用する場合には注意が必要です。障害後に,リモート・システム・ディスク・シャドウ・セット・メンバをブートしなければならないことがあるのに対して,システム・ディスクが FDDI ブートをサポートしていなければこの操作ができないためです。

詳細情報と最新情報については,『Volume Shadowing for OpenVMS Software Product Description』 (SPD 27.29.xx) と『StorageWorks RAID for OpenVMS Software Product Description』 (SPD 46.49.xx) を参照してください。

D.4.3 パフォーマンスの監視

マルチサイト OpenVMS Cluster システムのパフォーマンスは,以下のように監視します。

  • 仮想回路 (VC) パケット・ロスとラウンド・トリップ時間の値は,SDA (System Dump Analyzer) で監視します。手順については,『OpenVMS Cluster システム』を参照してください。

  • サイト間リンクのビット・エラー率 (BER) とパケット・ロスは,ネットワーク管理ツールで監視します。GIGAswitch や WAN T3/SONET オプション・カードの管理情報をアクセスしたり,警告しきい値を設定するには,POLYCENTER NetView や DECmcc などのツールを使用します。必要に応じて,GIGAswitch,WAN T3/SONET カード, POLYCENTER,DECmcc ドキュメントを参照してください。


索引 目次

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項