日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



HSJ50 または HSJ80 コントローラで CIPCA アダプタのパフォーマンスを強化するには,HSJ50 または HSJ80 で 4K CI パケットを使用可能にするのが効果的です。HSJ50 の場合は,ファームウェア・リビジョンのレベルがバージョン 5.0J-3 以降でなければなりません。HSJ80 の場合は,ファームウェア・リビジョンのレベルがバージョン ACS V8.5J 以降でなければなりません。

警告

ご使用の HSJ50 ファームウェアのバージョンが 5.0J - 3 以降でない場合, 4K CI パケットを使用しないでください。データが壊れる可能性があります。

4K CI パケットの使用を有効にするには,HSJ50 または HSJ80 コンソール・プロンプトに以下のコマンドを指定します。


CLI> SET THIS_CONTROLLER CI_4K_PACKET_CAPABILITY 

このコマンドの結果は HSJ50 をリブートすると有効になります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項