日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引

付録 C
CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート

ここでは,CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) について解説します。これは, OpenVMS Alpha バージョン 6.2-1H2 で導入されたものであり,OpenVMS バージョン 7.0 を除き,以後のバージョンではすべてサポートされています。CIPCA アダプタは,Alpha サーバと OpenVMS Cluster の一定の構成をサポートしています。

この付録は,以下のように分かれています。



C.1 CIPCA の概要

CMD Technologies との協力で開発した CIPCA アダプタは,PCI バス付きの Alpha サーバや PCI バスおよび EISA バス付きの Alpha サーバを CI と接続するためのアダプタです。CIPCA アダプタには以下の特長と利点があります。

特長 利点
初期費用が少なくてすみ,構成の選択肢が多い 中程度のコンピューティング・パワーが必要なビジネス・ニーズであれば,CIPCA を利用してミッドレンジ Alpha サーバを既存の CI クラスタに組み込むことができます。
ハイエンド Alpha の速度とパワー 最高のコンピューティング・パワーが必要な場合は,PCI サブシステムと EISA I/O サブシステムを備えた AlphaServer 8200 システムと AlphaServer 8400 システムのどちらにも CIPCA を利用できます。
経済的な Alpha 移行パス 既存の CI VAXcluster に Alpha サーバを追加する場合,CIPCA を利用すれば,経費とパフォーマンスの関係を自由に設定して,複合アーキテクチャ・クラスタに移行できます。
CI の利点 CIPCA は,CI に接続します。CI には以下の利点があります。

  • 大規模プロセッサや I/O 集中型のアプリケーションに対応できる高速処理。

  • 大容量ストレージ領域の効率的な直接アクセス。

  • 通信時の最小限の CPU オーバヘッド。CI アダプタは,OpenVMS Cluster システムにおける通信タスクの大半を処理するインテリジェント・インタフェースである。

  • 各 CI アダプタを 2 組の CI ケーブルで接続し,冗長性と独立性を備えたデータ・パスによる高可用性。

  • ディスクとテープまでの複数のアクセス・パス。

図 C-1 は,Alpha と VAX の 2 つのサーバを備えた複合アーキテクチャ CI OpenVMS Cluster の例です。

図 C-1 複合アーキテクチャ OpenVMS Cluster における CIPCA


図 C-1 は,CIXCD (または CIBCA-B) アダプタ付きの VAX サーバを備えた CI OpenVMS Cluster に,CIPCA アダプタで Alpha サーバを接続できることを示しています。これにより,ハイエンド VAX システムだけで構成されていたクラスタに Alpha サーバを無理なく統合できます。

図 C-2 は,CIPCA でシステムを CI と接続したもう 1 つの構成例です。この例では,各 Alpha に 2 つの CIPCA アダプタがあり,これらのアダプタにより複数の CI スター・カプラと HSJ ストレージ・コントローラに接続や, I/O 負荷のバランス調整や OpenVMS シャドウ・セット・メンバの分離が可能になりました。また,Alpha システムは,PC クライアントと OpenVMS サテライトとの追加接続に必要な高速 FDDI インターコネクトにも接続できます。

図 C-2 Alpha OpenVMS Cluster における CIPCA


図 C-1図 C-2 は,CIPCA によって,CI のパフォーマンス,可用性,大規模ストレージ領域アクセスをさまざまなユーザが利用できるようになる様子を示しています。CI は高い最大スループットを備えています。 PCI 方式の CIPCA と XMI 方式の CIXCD のどちらも高度にインテリジェントなマイクロプロセッサ制御のアダプタであり,最小限の CPU オーバヘッドで済みます。

CI バスの高い有効スループットのおかげで,CI インターコネクトがボトルネックになることはまずありません。 図 C-2 に示すような大規模構成では,複数のアダプタと CI 接続により,すぐれた可用性とスループットを実現します。

図 C-1図 C-2 には示していませんが, SCSI インターコネクトで HSJ コントローラのペアの間にディスクを配置し,各 HSJ を CI に接続すれば可用性を強化できます。

C.2 技術仕様

CIPCA は,2 スロットのオプション・アダプタです。CIPCA モデルには,CIPCA-AA と CIPCA-BA の 2 機種があります。

CIPCA-AA が最初の機種です。PCI バックプレーン・スロットが 1 つ,そして EISA バックプレーン・スロットが 1 つ必要です。EISA スロットは,電源だけ (バス・シグナルを除く) を CIPCA に供給します。CIPCA-AA は PCI スロットの数が少ない旧システムに最適です。

CIPCA-BA には,PCI スロットが 2 つ必要であり,EISA スロットの数が少ない新システムが対象です。

CIPCA ドライバの名前は SYS$PCAdriver です。OpenVMS オペレーティング・システム・ソフトウェアに組み込まれています。

表 C-1 は,CIPCA のパフォーマンスを CIXCD アダプタと対比させて示したものです。

表 C-1 CIPCA と CIXCD のパフォーマンス
パフォーマンスの測定基準 CIPCA CIXCD
読み取り要求率 (I/Os) 4900 5500
読み取りデータ率 (MB/s) 10.6 10.5
書き込み要求率 (I/Os) 4900 4500
データ書き込み率 (MB/s) 9.8 5.8
複合要求率 (I/Os) 4800 5400
複合データ率 (MB/s) 10.8 9.2

CIPCA のインストールと操作については,CIPCA アダプタに添付されているハードウェア・マニュアル『CIPCA PCI-CI Adaoter User's Guide』を参照してください。

C.3 構成のサポートと制限事項

CIPCA アダプタは,PCI バス付きの AlphaServer,CI 接続の VAX ホスト・システム,ストレージ・コントローラ,CI スター・カプラ拡張機能によってサポートされています。

C.3.1 AlphaServer サポート

表 C-2 は,PCI バス付きの AlphaServer システムにおける CIPCA サポートを,各システムにサポートされている CIPCA 数の上限とともに示したものです。

表 C-2 CIPCA の AlphaServer サポート
システム 最大 CIPCA 数 備考
AlphaServer 8400 26 CIPCA アダプタと CIXCD アダプタを複合的に使用可能。上限は 26。OpenVMS バージョン 7.1 より前のバージョンでは,上限は 10。
AlphaServer 8200 26 OpenVMS バージョン 7.1 より前のバージョンでは,上限は 10。
AlphaServer 4000,4100 3 3 つの CIPCA を使用するとき,うち 1 つは CIPCA-AA とし,2 つを CIPCA-BA とすること。
AlphaServer 4000 と I/O 拡張モジュール 6 6 つの CIPCA を使用するとき,CIPCA-AA は上限 3。
AlphaServer 1200 2 OpenVMS バージョン 7.1-1H1 で最初にサポート。
AlphaServer 2100A 3  
AlphaServer 2000,2100 2 CIPCA-BA は 1 つのみ。



C.3.2 CI 接続のホスト・システムの互換性

CI 接続のホスト・システムの場合,CIXCD や CIBCA-B を使用する OpenVMS VAX ホストは, CIPCA や CIXCD を使用する OpenVMS Alpha サーバ・ホストと同じく,CIPCA をサポートしています。つまり,CIPCA アダプタを使用する Alpha サーバが,CIXCD アダプタや CIBCA-B CI アダプタを使用する VAX システムと同じ CI バス上に共存できることを表します。

OpenVMS Cluster システムでサポートされているシステムの最大数は 96 であり,この値は CIPCA を 1 つ以上使用しても影響を受けません。ただし,CI ノード数の上限は 16 です ( 付録 C.3.4 項 参照)。

C.3.3 ストレージ・コントローラのサポート

CIPCA アダプタは,HSC50 を除くすべての HSC/HSJ コントローラと同じ CI バス上で使用できます。 表 C-3 にあるように,コントローラによっては,特定のファームウェアとハードウェアが必要なことがあります。

表 C-3 CIPCA をサポートするためのコントローラの要件
コントローラ 要件
HSJ30,HSJ40 HSOF バージョン 2.5 (またはそれ以降) ファームウェア
HSC40,HSC70 リビジョン F (またはそれ以降) L109 モジュール
HSJ80 ACS V8.5J (またはそれ以降) ファームウェア



C.3.4 スター・カプラ拡張機能のサポート

どのスター・カプラにも CI スター・カプラ拡張機能 (CISCE) を接続でき,これによって接続キャパシティを 32 ポートまで増強できます。スター・カプラには CPU を最大 16 まで接続できます。これはポート数とは関係ありません。

C.3.5 構成上の制限事項

構成時には以下の制限事項があります。

EISA スロット・リンク・モジュール・リビジョン A01 付きの CIPCA-AA

EISA スロット・リンク・モジュール・リビジョン A01 付きの CIPCA-AA の場合,アービトレーション・タイムアウト・エラーを避けるため,以下に示す DIP スイッチ設定を使用してください。CI 負荷が高い場合,アービトレーション・タイムアウト・エラーにより,CI パス・エラーと CI 仮想回路閉鎖が発生することがあります。

CIPCA-AA リンク・モジュールにおけるDIP スイッチ設定では,クラスタ・サイズとノード・アドレスを指定します。以下の設定は,リンク・モジュール・リビジョン A01 の DIP スイッチの設定だけに適用します。

  • クラスタ・サイズを 16 に設定する場合,CI アダプタを,そのスター・カプラのノード・アドレス 15 に設定しないでください。

  • クラスタ・サイズを 32 に設定する場合,CI アダプタを,そのスター・カプラのノード・アドレス 31 に設定しないでください。また,CIPCA をノード・アドレス 0 に設定したり,CI アダプタをノード・アドレス 16 に設定しないでください。

以上の制限事項は,EISA スロット・リンク・モジュール・リビジョン B01 以上と, CIPCA-BA の PCI スロット・リンク・モジュールには適用しません。

4K CI パケットを使用するときの HSJ50 ファームウェアの要件

HSJ50 ファームウェアがバージョン 5.0J-3 以降でない限り,HSJ50 コントローラによる 4K CI パケットの使用を有効にしないでください。HSJ50 ファームウェアのバージョンがバージョン 5.0J-3 より前のままで,4K CI パケットを有効にすると,データが壊れることがあります。HSJ50 ファームウェアがこの要件に合わない場合は,弊社のサポート担当者にお問い合わせください。

C.4 インストールの要件

CIPCA アダプタをクラスタにインストールするときは,以下のバージョン別の要件に従ってください。

C.4.1 BAP (Bus Addressable Pool) サイズの管理

CIPCA,CIXCD,KFMSB の各アダプタはバス・アドレス指定可能なプール (BAP) を使用します。OpenVMS バージョン 7.1 以降,AUTOGEN で BAP の割り当てを管理するようになりました。オペレーティング・システムのインストールやアップグレードをした後は, FEEDBACK 修飾子を指定して AUTOGEN を実行してください。こうして AUTOGEN を実行すると,以下の 4 つのシステム・パラメータが設定されます。

  • NPAG_BAP_MIN

  • NPAG_BAP_MAX

  • NPAG_BAP_MIN_PA

  • NPAG_BAP_MAX_PA

BAP の割り当てサイズは,アダプタ・タイプ,アダプタ数,オペレーティング・システムのバージョンによって異なります。 表 C-4 に示すように,物理メモリのサイズにより,BAP が独立したままになるか,標準の非ページ対応動的メモリ (NPAGEDYN) とマージされるかが決まります。

表 C-4 アダプタ・タイプと OpenVMS バージョンによる BAP の割り当て
アダプタ バージョン 7.1 バージョン 7.2 独立した BAP またはマージされた BAP
CIPCA 4 MB 2 MB 物理メモリ >1 GB の場合,独立; それ以外はマージ
CIXCD 4 MB 2 MB 物理メモリ >4 GB の場合,独立; それ以外はマージ
KFMSB 8 MB 4 MB 物理メモリ >4 GB の場合,独立; それ以外はマージ

非ページ対応のプールにマージした BAP の場合,非ページ対応のプールの初期サイズと最大サイズ (DCL コマンド SHOW MEMORY/POOL/FULL で表示) は,SYSGEN パラメータ NPAGEDYN と NPAGEVIR の値と一致しませんが,SYSGEN パラメータ NPAG_BAP_MIN の値を NPAGEDYN に足すと,初期サイズになり,NPAG_BAP_MAX の値を NPAGEVIR に足すと,最大サイズになります。

OpenVMS システムには,これらの SYSGEN パラメータの合計値ほどのマージ・プールが不要なこともあります。システムを 2,3 日走らせた後,FEEDBACK 修飾子を指定して AUTOGEN を実行し,マージ済みの非ページ対応プールに割り当てられたメモリ・サイズを微調整してください。

C.4.2 OpenVMS バージョン 6.2-1H2 と OpenVMS バージョン 6.2-1H3 における AUTOCONFIGURE の制限事項

通常のインストール・ブートを実行すると,SYSMAN で無効になっていなければ, AUTOCONFIGURE は自動的に実行します。AUTOCONFIGURE は SYS$STARTUP: VMS$DEVICE_STARTUP.COM (SYS$SYSTEM:STARTUP.COM から呼び出し) から実行します。 OpenVMS バージョン 6.2-1H2 または OpenVMS バージョン 6.2-1H3 を実行するとき,ブート・シーケンスをカスタマイズしている場合,AUTOCONFIGURE が実行するか確認してください。実行しない場合は,SYSTARTUP_VMS.COM を終了する前にすべての CIPCA デバイスを再構成してください。

C.5 CIPCA エラー解析のための DECevent

エラー・ログ・ファイルで CIPCA エラーを調べるには,DECevent を使用します。 DCL コマンド ANALYZE/ERROR_LOG は,サポート CIPCA や他の新しいデバイスをサポートするためのアップデートがまだ済んでいません。このコマンドを使用すると,エラー・ログ・エントリが正しくフォーマットできないことがあります。

OpenVMS Alpha CD-ROM で提供される DECevent をインストールします。以下の DCL コマンドにより,DECevent を呼び出してダンプ・ファイルを解析します。

  • DIAGNOSE --- 現在のシステム・エラー・ログ・ファイルを解析します。

  • DIAGNOSE filename --- エラー・ログ・ファイル filename.sysを解析します。

DECevent の使用方法の詳細については,DCL HELP DIAGNOSE コマンドを実行して確認してください。



C.6 パフォーマンス対策

パフォーマンスを強化するには,それぞれの構成に応じた対策を行ってください。

CIPCA は,従来の非同期アービトレーション・アルゴリズムの代わりに,同期アービトレーションという最適化が強化された新しい CI アービトレーション・アルゴリズムを使用します。2 つのアルゴリズムは完全に互換性があります。CI が飽和状態の場合,新旧両方のアルゴリズムは等価であり,すべてのノードに対して公正なラウンド・ロビン方式のアクセスを提供します。ただし,トラフィックが少ない場合,新しいアルゴリズムには次のような利点があります。

  • 平均 CI アービトレーション時間が短縮されたことでパケット伝送待ち時間も短縮。

  • ノード間スループットが増加。

  • 帯域幅を無駄にし,同期アービトレーション・ノードだけの構成における待ち時間を増加させる CI 衝突を排除。

  • 同期アービトレーションと非同期アービトレーションの複合 CI ノードにより CI 衝突率を削減。削減量は,同期アービトレーション CI ノードが送信するフラクションにほぼ比例します。

同期アービトレーションのサポートは,HSJ コントローラ・ファミリでは潜在的な状態です。CIPCA コントローラと HSJ コントローラの両方を含む構成では,HSJ を有効にして同期アービトレーションを使用することをお勧めします。

上記の操作には以下の HSJ CLI コマンドを使用します。


CLI> SET THIS CI_ARB = SYNC 

このコマンドの結果は,HSJ をリブートすると有効になります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡