日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



図 8-6 に示す MEMORY CHANNEL 構成には,以下の構成要素があります。

パート 説明
1 2 個の MEMORY CHANNEL ハブ

解説: 2 個のハブとノードとの複数の接続により,単一点障害の要因を排除しています。

2 3 個から 8 個の MEMORY CHANNEL ノード

解説: 定足数を満たすには,3 ノードを推奨します。1 本の MEMORY CHANNEL インターコネクトで,最高 8 個の OpenVMS Alpha ノードをサポートします。

代替法: 2 ノード構成では,ノードに障害が発生したときの定足数を満たすために,クォーラム・ディスクが必要です。

3 FWD (Fast-wide differential) SCSI バス

解説: データ転送速度を強化し (20 百万/秒),2 つの HSZ コントローラをサポートするため FWD SCSI バスを使用します。

4 2 つの HSZ コントローラ

解説: 2 つの HSZ コントローラでコントローラ障害時の冗長性を確保しています。2 つのコントローラにより,2 本のシングル・エンド SCSI バスの接続が実装され,さらに多くのストレージ領域を利用できます。

5 重要なシステム・ディスクとデータ・ディスク

解説: 重要なディスクはシャドウ化し,シャドウ・セット・メンバは異なる SCSI バスに配置して,単一点障害の要因を排除します。



8.9.2 長所

この構成には,以下のような長所があります。

  • 全ノードが全ストレージ領域に直接アクセスできる。

  • SCSI ストレージ領域では,経済的でパフォーマンスの高い商品ハードウェアを提供できる。

  • MEMORY CHANNEL インターコネクトが,経済的で高いパフォーマンスのノード間通信を提供する。SCSI インターコネクトは,経済的な商品ストレージ領域通信の提供により, MEMORY CHANNEL を補完する。



8.9.3 短所

この構成には,以下のような短所があります。

  • FWD (Fast-wide differential) SCSI バスが,単一点障害の要因になる。これを防ぐには,1 本に障害が発生しても他のバスにフェールオーバできるよう第 2 の FWD (Fast-wide differential) SCSI バスを追加する。この機能を使用するには,システムで OpenVMS バージョン 7.2 またはそれ以上を実行しておき,マルチパス・サポートを有効にしておく。



8.9.4 可用性の主な強化手法

図 8-6 の構成では,以下の手法により可用性を強化しています。

  • 冗長 MEMORY CHANNEL ハブと HSZ コントローラで,ハブが単一点障害の要因になったり,コントローラ障害が発生するのを防ぐ。

  • ボリューム・シャドウイングにより,重要なデータ・ディスクの複数のコピーが,別々の HSZ コントローラに用意される。

  • 全ノードが全ストレージ領域に対する共用の直接アクセスを備える。

  • 定足数を満たすため,最低 3 ノードを使用しており,ノードのどれかに障害が発生しても,OpenVMS Cluster は処理を続行できる。



8.10 サテライトを持つ OpenVMS Clusterにおける可用性

サテライトとは,システム・ディスクや他の OpenVMS Cluster ストレージ領域に直接アクセスできないシステムです。サテライトは通常,ワークステーションですが,クラスタ内の他のノードによっては,ストレージ領域のサービスを受ける OpenVMS Cluster ノードもサテライトとして使用できます。

サテライト・ノードの可用性はサーバ・ノードによって大きく異なるので,この章の始めに紹介した構成例ではサテライト・ノードを使用していません。ただし,サテライト/サーバ構成には大きな長所があり,サテライト・ノードを構成に組み込むことで多少の可用性を犠牲にする場合もあります。

図 8-7 は,サテライトを持つ OpenVMS Cluster システムの最適な構成です。 図 8-7 の後の項で,以下の構成を検討します。

  • 構成要素の解析

  • 長所と短所

  • 可用性の主な強化手法の実装

図 8-4図 8-5 に示すベース構成は, 図 8-7 に示すベース構成に代えることができます。言い換えると, 図 8-7 に示す FDDI セグメントとサテライト・セグメントは, 図 8-4図 8-5 に示す構成に容易に関連付けることができます。

図 8-7 サテライトを持つ OpenVMS Cluster




図 8-7 に示すこのサテライト/サーバ構成には,以下の構成要素があります。

パート 説明
1 ベース構成

ベース構成は,サテライトのサーバ機能を実行します。

2 3 個から 16 個の OpenVMS サーバ・ノード

解説: 定足数を満たすには,少なくとも 3 ノードを推奨します。 16 ノードを超えると管理がたいへん煩雑になります。

3 ベース・サーバ・ノードとサテライト間の FDDI リング

解説: FDDI リングは,Ethernet を使用すればネットワーク・キャパシティが向上しますが,速度は低下します。

代替法: FDDI リングの代わりに 2 本の Ethernet セグメントを使用する。

4 重要な各サテライトを 2 つの Ethernet アダプタに接続している,FDDI リングから伸びた 2 本の Ethernet セグメント。これら重要なサテライトには,それぞれ専用のシステム・ディスクがあります。

解説: 専用のブート・ディスクを備えることで,重要なサテライトの可用性を強化しています。

5 重要度の低いサテライトの場合,ブート・サーバは Ethernet セグメントに配置します。

解説: 重要度の低いサテライトに,専用のブート・ディスクは不要です。

6 サテライト数は 1 セグメント当たり 15 に制限。

解説: 1 セグメント上のサテライト数が 15 を超えると I/O の輻輳が発生することがあります。



8.10.2 長所

この構成には,以下のような長所があります。

  • 1 つの OpenVMS Cluster で多数のノードにサービスを提供できる。

  • 多数のノードを長距離間に展開できる。



8.10.3 短所

この構成には,以下のような短所があります。

  • シングル LAN アダプタのサテライトが原因の単一点障害により,アダプタに障害が発生するとクラスタ遷移が引き起される。

  • 高い可用性を備えたサテライトを実現するには,LAN 接続に経費がかかる。



8.10.4 可用性の主な強化手法

図 8-7 の構成では,以下の手法により可用性を強化しています。

  • 単一点障害の要因を構成から排除している。

  • FDDI インターコネクトには,ベース・サーバ構成からサテライト・ノードにサービスを提供するのに十分な帯域幅がある。

  • すべての共用ストレージ領域がベース構成から MSCP サービスを受ける。多数のノードのサービスが可能な構成になっている。



8.11 マルチサイト OpenVMS Cluster システム

マルチサイト OpenVMS Cluster 構成では,遠距離を隔てているサイトのノードに対応します。使用するテクノロジにもよりますが,サイト間の距離は,最大で約 240 km になります。サイト間は,FDDI,非同期転送モード (ATM),DS3 で結合され,大きな 1 つのクラスタを形成します。ほとんどの電話会社のサービス網から利用できる DS3 サービスと ATM サービスでは,マルチサイト・クラスタ用の長距離ポイント間通信が可能です。

図 8-8 は,マルチサイト OpenVMS Cluster システムの代表的な構成例です。 図 8-8 の後に,以下の構成を検討します。

  • 構成要素の解析

  • 長所

図 8-8 WAN リンクで結合されたマルチサイト OpenVMS Cluster 構成




図 8-8 で,可能な構成の組み合わせをすべて表しているわけではありませんが,マルチサイト OpenVMS Cluster には次の構成要素を組み込むことができます。

  • DECconcentrator または GIGAswitch クロスバー・スイッチに接続されたインターサイト・リンク (FDDI, ATM, または DS3) を持つ 2 個のデータ・センター。

  • 2 個のサイトが共用するアプリケーションと互換性を持つインターサイト・リンク・パフォーマンス。

  • 最大 96 個の Alpha ノードと VAX ノード (組み合わせ合計)。一般に, OpenVMS LAN クラスタと拡張 LAN (ELAN) クラスタに適用する規則は,マルチサイト・クラスタにも適用します。
    関連項目: LAN 構成のガイドラインについては, 第 4.12.6 項 を参照してください。 ELAN 構成のガイドラインについては, 第 10.7.8 項 を参照してください。



8.11.2 長所

マルチサイト OpenVMS Cluster システムには,以下の利点があります。

  • セカンダリ・サイトに少数のシステムをリモートに配置して,一元システム管理やプライマリ・サイトの他のリソースを活かすことができる。たとえば,メイン・オフィス・データ・センターを倉庫や小規模な製造サイトにリンクすることができる。また,その倉庫や小規模な製造サイトには,サイト固有のデバイスが直接関連付けられた少数のローカル・ノードを配置できる。あるいは,都市全体に広がるオフィス・パークにプライマリ・ビジネス・サイトからエンジニアリング・ワークステーションをインストールできる。

  • ハイ・キャパシティ・コンピュータ,テープ・ライブラリ,ディスク・アーカイブ,フォトタイプセッタなどのデバイスを複数のサイトで簡単に共用できる。

  • クラスタ内にある任意のサイトのアーカイブ媒体に対してバックアップが可能。一般的な例としては,マルチサイト OpenVMS Cluster のすべてのサイトのデータを, 1 個のサイトでディスクやテープにバックアップをとる方法がある。リモート・サイトのデータのバックアップは透過的に行われる (つまり,リモート・サイトでは仲介処理が不要)。

  • 一般に,マルチサイト OpenVMS Cluster は,LAN OpenVMS Cluster の可用性の長所をすべて備えています。それだけでなく,複数の遠距離サイトを結合することで,マルチサイト OpenVMS Cluster 構成におけるシステムやシステム要素の可用性をさまざまな方法で強化できます。

    • 論理ボリューム/データ可用性
      ボリューム・シャドウイングまたは RAID (Redundant arrays of independent disks) により,両サイトにメンバがある論理ボリュームを作成できます。サイトのどちらかが使用できなくなっても,反対のサイトからデータを利用できます。

    • サイト・フェールオーバ
      VOTES システム・パラメータを調整しておけば,他のサイトに障害が発生したり,他のサイトとの通信ができなくなっても自動的に継続する優先サイトを選択できます。

関連項目: マルチサイト・クラスタのその他の説明については,『OpenVMS Cluster システム』を参照してください。

8.12 ディザスタ・トレラントな OpenVMS Cluster 構成

ディザスタ・トレラントな OpenVMS Cluster 構成では,Volume Shadowing for OpenVMS,高速ネットワーク,特別管理ソフトウェアを使用します。

ディザスタ・トレラントな OpenVMS Cluster 構成では,2 地点のサイトにあるシステムを 1 つの管理可能な OpenVMS Cluster システムに結合できます。前項で説明したマルチサイト・クラスタと同じく,これらの物理的に離れているデータ・センターは, FDDI で結合するか,ATM,T3,E3 のうちどれか1つと FDDI の組み合わせにより結合します。

OpenVMS ディザスタ・トレラントな製品を,従来は BRS (Business Recovery Server) と称していましたが,BRS は,システム管理とソフトウェア・サービスのパッケージである Disaster Tolerant Cluster Services に包含されることになりました。Disaster Tolerant Cluster Services の詳細については,弊社のサービス担当者にお問い合わせください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項