日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



OpenVMS Cluster システムで共有 FC ディスクでブートするための追加ノードを構成するためには, OpenVMS I64 Boot Manager (BOOT_OPTIONS.COM) を実行する必要があります。

シングル・システムあるいはスタンドアロン・システムでクラスタ機能を有効に設定した後,次の手順で,共有 FC ディスクでブートする I64 ノードを追加することができます。

  1. ターゲット・ノードで HP OpenVMS Version 8.2 Installation Disk をブートします。

  2. OpenVMS Installation Menu から,オプション 7 "Execute DCL commands and procedures" を選択します。

  3. 第 7.7.3 項 の説明に従います。 OpenVMS ブート・フラグを入力するよう求められたら,正しいシステム・ルートを設定していることを確認してください。

    注意

    OpenVMS I64 Boot Manager (BOOT_OPTIONS.COM) ユーティリティは共有 FC ディスクのマウントを必要とします。クラスタに共有 FC ディスクがマウントされていない場合は,このユーティリティが /NOWRITE オプションでマウントしようとします。共有 FC ディスクがすでにクラスタにマウントされている場合は,ユーザの介入が必要です。このユーティリティについての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』を参照してください。



7.9.2 オンライン再構成

ホストで OpenVMS を実行中に FC インターコネクトは再構成できます。具体的には,次の機能があります。

  • FC スイッチと HSG の追加,移動,削除

  • HSG 仮想ディスク装置の追加,移動,削除

  • HSG 仮想ディスク装置のデバイス識別子や LUN 値の変更

  • FC ケーブルの切断と再接続。再接続の対象には,同じアダプタ,異なるアダプタ,スイッチ・ポート,HSG ポートがあります。

ほとんどの FC 再構成は,OpenVMS で自動的に認識できません。 FC 再構成を安全に実行し,その初期データ構造を新しい状態に合わせて OpenVMS で確実に調整するには,次のように操作します。

  1. 再構成に必要なすべてのディスクのマウントを解除します。

  2. 再構成を実行します。

  3. Fibre Channel に接続されている各ホストに,以下のコマンドを入力します。


    SYSMAN> IO SCSI_PATH_VERIFY 
    SYSMAN> IO AUTOCONFIGURE 
    

SCSI_PATH_VERIFY コマンドの目的は,システムの IO データベース内の各 FC パスを調べて,関連付けられているデバイスが変更されていないか確認することです。デバイスの変更が見つかると,FC パスの接続は IO データベースで解除されます。これで,IO AUTOCONFIGURE コマンドにより,パスは新しいデバイスに合わせて再構成できます。

注意

現在のリリースでは, SCSI_PATH_VERIFY コマンドは FC ディスク装置にのみ使用できます。 HSG コマンド・コンソール LUN (CCL) などの汎用 FC デバイスには使用できません。 ( 汎用 FC デバイスとは, $1$GGAnnnnn のような名前を持つデバイスです。したがって,OpenVMS により,HSG の CCL を特定のデバイス識別子で構成したら,そのデバイス識別子は変更しないでください。



Fibre Channel ホスト・バス・アダプタが (Fibre Channel スイッチ経由で) HSG コントローラに接続された場合,その HSG コントローラは HSG 接続テーブルにエントリを作成します。各ホスト・バス・アダプタ,およびそのアダプタが接続される各 HSG ポートに対しては個々の接続が存在します (詳細は,HSG CLI コマンドの SHOW CONNECTIONS を参照)。

HSG 接続が存在する場合,『HSG Array Controller ACS Configuration and CLI Reference Guide』に説明されているコマンドを使用してパラメータを修正することができます。接続は変更可能であるため,ホスト・バス・アダプタの接続を外した際に HSG はテーブルから接続情報を削除しません。その代りに,ユーザが接続を行った時に CLI コマンドで明示的に接続を削除する必要があります。

HSG コントローラは,限定された数の接続をサポートします。 ACS V8.5 は最大 64 の接続が可能で, ACS V8.4 は最大 32 の接続が可能です。接続制限は,シングル冗長コントローラ,デュアル冗長コントローラのどちらでも同じです。接続数が最大数に達すると,それ以上新しい接続は行われません。この状況が発生すると,OpenVMS は,その HSG 上でディスク・デバイス,あるいはディスク・デバイスへのパスを構成しません。

この問題に対する解決策は,必要のない古い接続を削除することです。ただし,Fibre Channel ファブリックが大きく,アクティブな接続の数が HSG の限界を超えている場合は,接続数を減らすためにファブリックを再構成するか,あるいは FC スイッチ・ゾーニングを使用していくつかのアダプタをいくつかの HSG ポートから隠す必要があります。

7.10 I/O パフォーマンス向上のための割り込みコアレス機能 (Alpha のみ)

OpenVMS Alpha バージョン 7.3-1 から, KGPSA ホスト・アダプタで割り込みコアレス機能がサポートされるようになりました。このサポートはデフォルトでオフになっています。割り込みコアレス機能を使用すると,ホストから確認できる割り込み数をアダプタで削減できるため, I/O 作業負荷量の多い環境でパフォーマンスを向上させることができます。この機能は KGPSA ファームウェアに実装されています。

割り込みコアレス機能の現在の設定を参照および変更するには, Fibre Channel Control Program (FC$CP) を使用します。 FC$CP を使用するには CMKRNL 特権が必要です。

FC$CP で応答回数と遅延時間 ( ミリ秒単位 ) を指定すると,アダプタでは,指定した応答回数になるまで,または指定した時間が経過するまで ( 先に指定した値になった方 ),割り込みを遅らせます。

割り込みコアレス機能によって,同期 I/O を実行しているアプリケーションのパフォーマンスが低下する場合があります。特定の KGPSA で他の I/O が処理されていない場合は,割り込みコアレス機能を有効にすると,単一の書き込みに対し,平均して 900 マイクロ秒遅延します ( 指定した応答間隔によっては,さらに長くなる場合があります )。

割り込みコアレス機能は KGPSA ごとに設定します。割り込みコアレス機能を有効にするには,特定の KGPSA で 1 秒につき 2000 以上の I/O が処理されている必要があります。

このコマンドの形式は次のとおりです。


RUN SYS$ETC:FC$CP FGx enable-value [delay][response-count] 

この形式では,次のように定義されます。

  • FGxx には A 〜 Z を指定可能。

  • enable-value は,ビット・マスクを表す。ビット 1 は応答コアレス機能を制御し,ビット 0 は割り込みコアレス機能を制御する。指定できる 10 進数値は次のとおり。
    1=割り込みコアレス機能
    2=応答コアレス機能
    3=割り込みコアレス機能と応答コアレス機能

  • delay (ミリ秒単位) には 0 〜 255 の 10 進数値を指定可能。

  • response-count には 0 〜 63 の 10 進数値を指定可能。

  • 負の値は,パラメータに変更がないことを表す。

  • 戻り値は,変更後の現在の値を表す。

OpenVMS では,FC$CP コマンドを次のように設定することをお勧めします。


$  RUN SYS$ETC:FC$CP FGx 2 1 8 



7.11 Fast Path の使用

Fast Path のサポートは OpenVMS Alpha Version 7.3 で Fibre Channel に対して導入されており,デフォルトで有効になっています。シンメトリック・マルチプロセッサ・システム (SMP) で使用するように設計されています。 Fast Path が有効な場合,I/O 完了処理はプライマリ CPU だけでなく SMP システムのすべてのプロセッサで発生することが可能になります。 Fast Path は,SMP システムにおける潜在的な I/O スループットを実質的に向上させ,プライマリ CPU が飽和状態になるのを防ぎます。

Fast Path システム・サービスを使用して, Fast Path をプログラムで管理することができます。また,DCL コマンドを使用して Fast Path を管理することも,システム・パラメータ FAST_PATH および FAST_PATH_PORTS を使用して管理することもできます。 Fast Path の詳細は,『OpenVMS I/O User's Reference Manual』を参照してください。

7.12 FIBRE_SCAN ユーティリティによるデバイス情報の表示

FIBRE_SCAN.EXE ユーティリティは,システムの Fibre Channel に接続されたすべてのストレージ・デバイス (構成済みデバイスおよび未構成デバイスの両方) についての情報を表示します。表示される情報は, Fibre Channel ターゲット値および LUN 値,ベンダー ID および製品 ID,デバイス・タイプ,ポート WWID およびデバイス WWID,シリアル番号,ファームウェア・リビジョン・レベル,ポート・ログイン状態などのデータです。プログラムは主にディスクとテープ・デバイスについて表示し,コントローラやその他の汎用 ($n$GGAn) デバイスについても情報を表示します。

注意

FIBRE_SCAN は各システムでローカルに使用することができます。 OpenVMS Version 7.3-2 より古いバージョンのシステムでは使用できないだけでなく,クラスタ内の他のシステムに接続されたデバイスの情報を表示することもできません。

FIBRE_SCAN は次の 2 つのモードで起動できます。


$ MCR SYS$ETC:FIBRE_SCAN        ! Scans all ports on the Fibre Channel. 
$ MCR SYS$ETC:FIBRE_SCAN  PGx ! Scans only port x on the Fibre Channel. 

FIBRE_SCAN は CMKRNL および LOG_IO 特権を必要とします。

FIBRE_SCAN の出力をファイルに落すには, FIBRE_SCAN を実行する前に次のようなコマンドを実行してください。


$ DEFINE/USER SYS$OUTPUT xxx.log 

FIBRE_SCAN は表示専用のユーティリティで,デバイス・ドライバのローディング機能や Fibre Channel 上のデバイスの構成機能はありません。デバイスの構成には SYSMAN IO AUTOCONFIGURE コマンドを使用してください。

7.12.1 OpenVMS Alpha システムと OpenVMS I64 システムの相違点

OpenVMS Alpha システムには, FC デバイスからブートしたり FC デバイスを停止するための FC コントローラ・コンソール・ドライバが組み込まれた SRM コンソールが用意されています。 SRM コンソールにはまた,主にブートおよびダンプ用の FC デバイスのエイリアス名を定義するために使用される,WWIDMGR ユーティリティが用意されています。 WWIDMGR は,コンソール・デバイス名 (FC デバイスのワールドワイド識別子 WWID とストレージ・コントローラ・ポートに対応付けられる) を割り当てるためにも使用されます。 WWIDMGR を使用すると,ブート・パス (アダプタ,デバイスの WWID,およびストレージ・コントローラ・ポートの WWID) と,ブートとダンプに使用されるデバイス名との対応を指定できます。ブートドライバの選択中に,ターゲット・ポートの WWID (Alpha 上の ev n* に格納) と,ターゲット・デバイスの論理ユニット番号 (LUN) (Alpha 上の ev wwid* と同じ) が保存され,後で実行時ドライバの選択に使用されます。

Itanium® ベースのプラットフォームでは,オペレーティング・システム (OS) と, EFI (Extensible Firmware Interface) と呼ばれるプラットフォーム・ファームウェア間に新しいインタフェースが導入されました。 EFI は,システム内に存在するブート・デバイスの初期化を担っています。この初期化は,ホスト・バス・アダプタまたはシステムのファームウェアからブート可能ファームウェアをロードするか, EFI シェルから手作業でロードすることによって実行されます。 EFI は,EFI デバイス・パスの形式で,すべてのブート可能デバイスを OS ローダ (VMS_LOADER) に提示する役割も持っています。

VMS_LOADER が実行されたときに, OpenVMS I64 のプライマリ・ブート・ブロック (IPB) がロードされます。 IPB では,適切なブート・デバイス・ドライバが選択され起動されます。 IPB のブート選択機能は,ターゲット・ポートの WWID とターゲット・デバイスの LUN が含まれた EFI デバイス・パスを解析します。ブート・ドライバはこの後,FC デバイスの UDID を照会し,後から実行時ドライバで使用できるように,収集した情報を保存します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡