日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:システム構成の概要
第 2 章:ビジネス要件とアプリケーション要件の決定
第 3 章:システムの選択
第 4 章:インターコネクトの選択
第 5 章:ストレージ・サブシステムの選択
第 6 章:SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
第 7 章:ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
第 8 章:可用性を目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 9 章:可用性とパフォーマンスを目的とした CI OpenVMS Cluster の構成
第 10 章:スケーラビリティを目的とした OpenVMS Cluster の構成
第 11 章:システム管理の手法
付録 A :インターコネクトとしての SCSI
付録 B :MEMORY CHANNEL 技術概要
付録 C :CI-to-PCI アダプタ (CIPCA) サポート
付録 D :マルチサイト OpenVMS Cluster
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



CI インターコネクトでは,冗長的な,独立した送受信 CI ケーブル・ペアにより, OpenVMS Cluster の可用性を最大限に発揮することができます。 CI では, HSC コントローラや HSJ コントローラ間のデュアル・ポート・デバイスによりディスクやテープまで複数のアクセス・パスを利用できます。

5.5.1 サポートされているコントローラとデバイス

CI インターコネクトでは,次のコントローラとデバイスをサポートしています。

  • HSJ ストレージ・コントローラ

    • SCSI デバイス (RZ,TZ,EZ)

  • HSC ストレージ・コントローラ

    • SDI デバイスと STI デバイス (RA,ESE,TA)

    • K.SCSI デバイス (RZ,TZ,EZ)



5.6 DSSI ストレージ

DSSI 方式の構成では,適度な記憶容量とともに,システム用のストレージに対する共用直接アクセスが可能です。DSSI インターコネクトでは,OpenVMS Cluster のストレージに対する共用アクセスを最も経済的に実現できます。

この項のストレージの表には,すべての製品が網羅されているわけではありません。

5.6.1 サポートされているデバイス

DSSI 構成では,次のデバイスをサポートしています。

  • EF シリーズ半導体ディスク

  • RF シリーズ・ディスク

  • TF シリーズ・テープ

  • DECarray ストレージ・アレイ

  • HSD ストレージ・コントローラ

    • SCSI デバイス (RZ,TZ,EZ)

関連項目: RZ,TZ,EZ SCSI ストレージ・デバイスについては, 第 5.7 節 を参照してください。

5.7 SCSI 方式のストレージ

SCSI (Small Computer Systems Interface) バスは, ANSI 業界標準のストレージ・インターコネクトです。 SCSI バスには合計で 8 ノードまたは 16 ノード ( 内 3 ノードを CPU にすることが可能 ) を接続できます。

5.7.1 サポートされているデバイス

次のデバイスは,1 本のホスト SCSI バスまたは複数の SCSI バスに接続できます。

  • RZ シリーズ・ディスク

  • HSZ ストレージ・コントローラ

以下のデバイスは,1 本のホスト SCSI バスにだけ接続できます。

  • EZ シリーズ・ディスク

  • RRD シリーズ CD-ROM

  • TZ シリーズ・テープ



5.8 Fibre Channel 方式のストレージ

Fibre Channel インターコネクトは, ANSI 業界標準のストレージ・インターコネクトです。

5.8.1 ストレージ・デバイス

HSG ストレージ・コントローラおよび HSV ストレージ・コントローラは, 1 つのホスト Fibre Channel インターコネクトまたは複数の Fibre Channel インターコネクトに接続できます。 Fibre Channel ハードウェア・サポートの詳細については, 第 7.2 節 を参照してください。

5.9 ホスト方式のストレージ

ホスト方式のストレージ・デバイスは,ローカル・アダプタにより OpenVMS Cluster メンバ・システムにローカルに接続できます。ローカルに接続されたこのストレージは,ノードを MSCP サーバとして構成すれば,他の OpenVMS Cluster メンバにも開放できます。

ローカル・アダプタでは,各ディスクを 2 本のアクセス・パスに接続できます ( デュアル・ポート )。デュアル・ポーティングにより,ノード間のディスクの自動フェールオーバが可能になります。

5.9.1 内部バス

ローカルに接続されたストレージ・デバイスは,システムの内部バスに接続します。

Alpha システムでは,次の内部バスを使用します。

  • PCI

  • EISA

  • XMI

  • SCSI

  • TURBOchannel

  • Futurebus+

VAX システムでは,次の内部バスを使用します。

  • VAXBI

  • XMI

  • Q-bus

  • SCSI



5.9.2 ローカル・アダプタ

次に示すのは,ローカル・アダプタとそのバス・タイプです。

  • KGPSA (PCI)

  • KZPSM (PCI)

  • KZPDA (PCI)

  • KZPSC (PCI)

  • KZPAC (PCI)

  • KZESC (EISA)

  • KZMSA (XMI)

  • PB2HA (EISA)

  • PMAZB (TURBOchannel)

  • PMAZC (TURBOchannel)

  • KDM70 (XMI)

  • KDB50 (VAXBI)

  • KDA50 (Q-bus)


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項